見出し画像

サステナブルな美容・ファッションの起業家支援、 Fabファンドが投資を決めた13社

◆ English version: Fab Fund’s 13: Start-ups selected by the Beauty and Fashion Fund Created by Lancôme’s Former CEO
◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

美容とファッション業界に、テクノロジーで新しい価値を創造する起業家と投資家のコミュニティ「FaB (Fashion and BeautyTech) 」の創設者で投資家でもある、元ランコムCEOのオディール・ルジョル(Odile Roujol)氏が、2020年、同業界のスタートアップに投資する「Fab Fund Co-Creation Ventures, LLC」を立ち上げた。ルジョル氏にベンチャーキャピタル設立の目的や理念を聞くとともに、現在の投資先企業を紹介する。

コンシャスで多様性のある美容&ファッションスタートアップのためのファンド「Fab Fund I」

オディール・ルジョル氏が、2020年5月のファーストクロージング(初回投資家募集)を経て創立した「Fab Fund Co-Creation Ventures, LLC (以下、Fab Fund I)」は、美容とファッション業界のエンジェルからシードステージまでの初期スタートアップを対象にした、1,000万ドル(約11億円)規模のベンチャーキャピタルファンドだ。

Fab Fund Iには、ビューティやラグジュアリーリテール業界のコーポレートベンチャーキャピタルに加え、ファミリーオフィス(超富裕層の投資・資産管理をする企業)やエンジェル投資家らが参画。近年、投資家から熱い視線を注がれているクリーンビューティやサステナブルファッション分野に加え、インクルーシブ、フェムテック、ウエルネスといったキーワードをもとに、投資先を選定する。あわせて、この業界に見識の深いルジョル氏が、単独ゼネラルパートナーとして運営を担うことで、素早い決断を可能にしている。

こうしたいわば、“意識の高い(コンシャス)”ファッション&ビューティ市場がビジネス面で有望な投資先であるのはもちろんだが、ルジョル氏は、さらに一歩進んで、サステナブルな暮らし、心身の健康の維持といった「人々の生活をよりよくしたいという強い意思をもった起業家をサポートする」ことも、Fab Fund I設立の目的だと語る。

画像2

Fab Fund Co-Creation Ventures, LLC
Founding Partner
オディール・ルジョル氏
画像提供:Fab Fund Co-Creation Ventures, LLC

あわせてルジョル氏は「多様な視点がビジネスにおいて強みになる」という信念から、このファンドを通じて社会的な「インクルージョン」を推進することも重視しているという。

ルジョル氏はこれまでに、グローバルに支部を持つFaBの活動などを通して、女性やマイノリティ、移民一世や二世の起業家にとって、最初の投資を獲得することがいかに難しいかを目の当たりにしてきた。そのため、過小評価されがちな起業家を優先的にサポートし、その格差を緩和したいと考えているのだ。

同様に、BIPOC(Black, Indigenous and People of Color 黒人、先住民、有色人種)、トランスジェンダー、更年期の女性など、十分に行き届いているとはいえない消費者グループの課題解決にもつながる投資に取り組む意向だ。

これらを反映した投資先の条件は、具体的には、下記の全て、もしくはいくつかを満たすことである。

● フェムテック、ウエルネス、クリーンビューティ、サステナブルファッション&ラグジュアリー業界の新しい消費者プラットフォームやブランド

● 興味をシェアし、キュレートされたコンテンツや商品を持ち、オンラインとオフラインサービスに付属するコミュニティを形成するビジネス

● 消費者が自身の健康状態とウエルネスを理解し、選択肢を得られるような、ソフトウェア、診断、データトラッキングのツールやテクノロジーを用いたビジネス

● 次の時代に台頭するZ世代やミレニアルのほか、比較的目を向けられていないベビーブーマー世代の役に立ったり、共通する価値観をもつビジネス。企業DNAに「インクルーシブネス」が感じられること

Fab Fund Iの多様性あるポートフォリオ

Fab Fund Iの各スタートアップへの投資額は、5万ドル(約550万円)から45万ドル(約4,950万円)、平均25万ドル(約2,750万円)の想定で、3年間で25社への新規投資を目指し、2021年5月現在までに13社への投資が決まっている。いずれも、選考基準である「明確な目的意識を持つデータドリブンな起業家」が率いるユニークで意欲的なスタートアップだ。Fab Fund Iの志向性が浮かび上がる代表的な企業をカテゴリー別に紹介する。

◆フェムテック/女性のウエルネス

フェムテック・女性のウエルネス分野では、レベッカ・アルヴァーズ・ストーリー(Rebecca Alvarez Story)氏が創業した、女性のウエルネスに特化してセクシャルトイから先進の生理用品、CBDサプリなどを販売するマーケットプレイス「Bloomi」、ジェーミー・ノーウッド(Jamie Norwood )氏とシンシア・プロッチ(Cynthia Plotch)氏が興した、妊娠・排卵・尿路感染症(UTI)テストのD2C「Stix」の2社が投資先として選ばれている。

ともにセクシャルウエルネス、尿路感染症といった女性の健康にとって重要でありながら、いまだに大っぴらに話すことがはばかられている領域に挑む、女性による女性のためのスタートアップだ。

なかでも「Bloomi」の創業者のストーリー氏は、メキシコ系米国人の性科学者だ。彼女は、自分のようにセックスや女性の体について話し合うことが文化的にタブーとされる環境で育ったラテン系や、BIPOC女性の気持ちに寄り添い、ワンストップで女性のウエルネスケアができる場にBloomiを育てることを目指している。そのため、公式サイトやSNSではBIPOCモデルの起用に積極的で、商品の販売に加えて、避けるべき化学物質のリストやセックス&ボディポジティブなブログなど、人々を幅広く啓発する多様な情報も提供している。

◆クリーンビューティ

クリーンビューティ分野では、ブリッタ・コックス(Britta Cox)氏とスヴァーン・サヒブ(Suveen Sahib)氏夫妻が創立した「K18ペプチド」配合の高機能ヘアケアブランド「K18 Hair」、エルザ・ジュングマン(Elsa Jungman)博士の敏感肌用のクリーンスキンケア「Dr. Elsa Jungman」、また、アンジェラ・チャウ・グレイ(Angela Chau Gray)氏とアーヴィナ・ウー(Ervina Wu)博士による中国の伝統医学をもとにしたスキンケアブランド「YINA」、そして、フェリシティ・チェン(Felicity Chen)氏とクリスティン・イー(Christine Yi)氏によるCBD配合のハニーやビネガーなどの健康食品を販売する「Potli」が、投資先として選ばれている。

こちらの分野でも多様性に富んだ女性起業家が並ぶ。たとえば「YINA」は、中医学に精通したアジア系女性が自らのルーツを活かして、米カリフォルニアで興したホリスティックかつハイエンドなスキンケアブランドだ。ターゲットは、アジア系ではなく、ベビーブーマーからミレニアルまでの幅広い米国在住者層である。

『フォーブス』誌のインタビューによると、大手リテーラーから「メイドインチャイナ=低品質」だとみなされたり、白人オーナーの表層的な「中国医療」を売りにするブランドにメリットのないパートナーシップを持ちかけられたりと、起業にあたっては、中医学につきまとう「チャイナタウンの奥の不可解なもの」といった偏見ゆえの苦労もあったという。

そこで、D2Cを販売戦略の柱に据え、中医学や漢方の歴史や科学的根拠などについて、ブログやSNSで地道な啓発活動を重ねた。中国の伝統的な民間療法で天然石や水牛の角のヘラで経絡を刺激するグアシャ(かっさ)の米国での流行や、パンデミックによるセルフケアへの注目も後押しとなり、2019年には前年比40%増、2020年には同45%増の成長を果たし、クチコミにより大きく業績を伸ばした。また、中国文化の豊かさをわかりやすく伝えることで、近年ヘイトクライムが増加しているアジア系米国人のサポートにも尽力している。

◆メイクアップサービス/サステナブルファッション

メイクアップサービス分野では、リン・ヒューブレン(Lynn Heublein)氏とフィリップ・サンチェス(Philippe Sanchez)氏による、AIロボットによるまつ毛のエクステンション自動施術マシンを開発した「LUUM」、FaB LAミートアップのオーガナイザーも務めたザック・パーカー(Zack Parker)氏の、ファッション&エンターテイメント業界のためのタレントマーケットプレイス「LUK」が投資を受けている。

また、サステナブルファッションでは、クロエ・ソンガー(Chloe Songer)氏とスチュアート・アーラム(Stuart Ahlum)氏が興したサステナブルな靴ブランド「Thousand Fell」、アリッサ・サンドラ・ベイアーレンツ(Alissa Sandra Baier-Lentz)氏とビリー・マッコール(Billy McCall)氏の、化学繊維の代替えとして100%生分解性のバイオファイバーを開発する「Kintra」が選ばれた。

いずれも、新しいテクノロジーを駆使した環境に優しいアイテムや、業界のあり方を変えるようなサービスだ。「Thousand Fell」の植物性レザースニーカーは、ココナッツの殻、サトウキビの皮、アロエベラ、トウゴマの種、使用済みヨガマットやリサイクルプラボトルなどを素材として採用。加えて、顧客が使用済みのスニーカーをThousand Fellに送り返すと、工場で分解して100%リサイクル=フルサークルを実現する。返送にかかる送料は企業側が持ち、また次の靴の購入に使える20ドルバウチャーを提供することで、回収を促進させている。ルジョル氏も、このクローズループは「パンデミックの影響でますます注目が高まった新しいサプライチェーンモデルだ」と評価している。

◆Z世代のエンパワリング

Z世代を対象にしたスタートアップとしては、デイビッド・イー(David Yi)氏とマイケル・エンガート(Michael Engert)氏のスキンケアブランド「Good Light」、シャイ・エイゼンマン(Shai Eisenman)氏のティーン向けスキンケアブランド「Bubble」、ローラ・アレクサンダー・ウィッティグ(Laura Alexander Wittig)氏とリザ・モイシーバ(Liza Moiseeva)氏が創業したサステナブル商品のマーケットプレイスとコミュニティプラットフォーム「Brightly」がある。

どのブランドも、インクルーシブ、サステナブルなど、Z世代の志向を反映しているが、なかでも「Good Light」は、100万人以上からの支持を受けるビューティブログ「Very Good Light」を主催するアジア系米国人美容インフルエンサーのイー氏が、同ブログの共同創業者でもあるエンガート氏とともに、2021年にローンチしたばかりの注目ブランドだ。「バイナリーを超えた美しさ(Beauty beyond the binary)」をモットーに、美容業界における極端な男性らしさ・女性らしさの定義に挑み、性別や人種などに関わらず全ての若い世代が使用できるインクルーシブで機能的な3アイテムを揃える

画像1

出典:Good Light公式サイト

互いの知識を共有し、飛躍を目指す「Fabトライブ」

ルジョル氏によると、Fab Fund Iは、これら投資先の起業家と6週間ごとにZoomでミーティングを行なっているが、毎回ほぼ全員が出席するという。LUUMのCTOはシリコンバレーのロボティックスの第一人者、自分の名前を冠したスキンケアブランドを持つジュングマン医師は化学博士、Good Lightのイー氏は影響力の高いインフルエンサー、そして、Potliのチェン氏はCBDと大麻の専門家というように、異なる専門知識をもつエキスパートが揃っているのも特徴だ。それぞれの得意分野での知見や培った経験をシェアすることで、起業家たちは、商品開発、成長戦略、マーケティング、パートナーシップなど多面的に助け合う「スーパーパワーを持つトライブ(部族)」のような、強い結びつきのある集団を形成しているそうだ。

ルジョル氏自身が、ビューティ&ファッション、そしてテクノロジーという業界に精通していることや、世界各国に15の支部をもつ強力なFaBネットワークの存在も大きい。そしてルジョル氏は、Yコンビネーターのような短期集中型ではなく、少数精鋭のスタートアップが長い時間をかけ、密接に関わり合うことで互いに大きく成長できると信じていると話す。WWD.comの取材に対しても「ユニコーンを作りたいわけではなく、7年から10年のスパンで起業家が成功できるようにサポートしていく。そして、起業家も従業員も投資家も、みんなが利益を得る」結果を出したいと語っている。実際に、これまでの周囲からの評価も高いとして、新たに数社のスタートアップへ投資したうえで2021年10月のクロージングを見込んでいる。

また、さらに規模を広げた「Fab Fund II」の準備も進めているとする。次のファンドは、米国限定のFab Fund Iに対して、国境を超えたグローバルな展開を検討中で、20から25社への新規投資を検討するなかで、とくにアジアのスタートアップに注目しているとルジョル氏は明かす。今後のFab Fundの動向から、ますます目が離せない。

Text: 東リカ(Rika Higashi)
Top image: LUUM公式サイト

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。2021年7月19日より月・水・金の週3回配信となり、9月1日にリニューアルを予定しております。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf