サステナブルな美容・ファッションの起業家支援、 Fabファンドが投資を決めた13社
見出し画像

サステナブルな美容・ファッションの起業家支援、 Fabファンドが投資を決めた13社

◆ English version: Fab Fund’s 13: Start-ups selected by the Beauty and Fashion Fund Created by Lancôme’s Former CEO
◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

美容とファッション業界に、テクノロジーで新しい価値を創造する起業家と投資家のコミュニティ「FaB (Fashion and BeautyTech) 」の創設者で投資家でもある、元ランコムCEOのオディール・ルジョル(Odile Roujol)氏が、2020年、同業界のスタートアップに投資する「Fab Fund Co-Creation Ventures, LLC」を立ち上げた。ルジョル氏にベンチャーキャピタル設立の目的や理念を聞くとともに、現在の投資先企業を紹介する。

コンシャスで多様性のある美容&ファッションスタートアップのためのファンド「Fab Fund I」

オディール・ルジョル氏が、2020年5月のファーストクロージング(初回投資家募集)を経て創立した「Fab Fund Co-Creation Ventures, LLC (以下、Fab Fund I)」は、美容とファッション業界のエンジェルからシードステージまでの初期スタートアップを対象にした、1,000万ドル(約11億円)規模のベンチャーキャピタルファンドだ。

Fab Fund Iには、ビューティやラグジュアリーリテール業界のコーポレートベンチャーキャピタルに加え、ファミリーオフィス(超富裕層の投資・資産管理をする企業)やエンジェル投資家らが参画。近年、投資家から熱い視線を注がれているクリーンビューティやサステナブルファッション分野に加え、インクルーシブ、フェムテック、ウエルネスといったキーワードをもとに、投資先を選定する。あわせて、この業界に見識の深いルジョル氏が、単独ゼネラルパートナーとして運営を担うことで、素早い決断を可能にしている。

こうしたいわば、“意識の高い(コンシャス)”ファッション&ビューティ市場がビジネス面で有望な投資先であるのはもちろんだが、ルジョル氏は、さらに一歩進んで、サステナブルな暮らし、心身の健康の維持といった「人々の生活をよりよくしたいという強い意思をもった起業家をサポートする」ことも、Fab Fund I設立の目的だと語る。

画像2

Fab Fund Co-Creation Ventures, LLC
Founding Partner
オディール・ルジョル氏
画像提供:Fab Fund Co-Creation Ventures, LLC

あわせてルジョル氏は「多様な視点がビジネスにおいて強みになる」という信念から、このファンドを通じて社会的な「インクルージョン」を推進することも重視しているという。

ルジョル氏はこれまでに、グローバルに支部を持つFaBの活動などを通して、女性やマイノリティ、移民一世や二世の起業家にとって、最初の投資を獲得することがいかに難しいかを目の当たりにしてきた。そのため、過小評価されがちな起業家を優先的にサポートし、その格差を緩和したいと考えているのだ。

この続きをみるには

この続き: 4,593文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf