in-cosmetics Korea 2018にて。編集部が見たイノベーティブな化粧品原料6選
見出し画像

in-cosmetics Korea 2018にて。編集部が見たイノベーティブな化粧品原料6選

◆ English version: Six ingredients from in-cosmetics Korea that deserve your attention
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

6月13日から3日間にわたって開催された世界最大のパーソナルケア原料展示会in-cosmetics Korea 2018。前編での取材レポートでは、韓国の原料市場が注目される理由をひもといたが、今回の後編では、編集部としても今後注目したいイノベーティブな新原料・技術6つを紹介したい。

年々増える海外企業の出展

in-cosmetics Korea 2018は、前編でも紹介したように回を重ねるごとに海外の原料メーカーからの出展も増え、2018年には、韓国国内の原料メーカーに負けずとも劣らない意欲と高品質の製品を押し出した海外企業が、ビジターへ熱心に説明する姿が多くみられた。来年のトレンドとなるかもしれない6つの技術は、どれもエンドユーザーが使いたくなるツボをしっかりおさえている。

1. 中国市場をターゲットにした純金素材

画像1

Gold Cosmeticaの製品

今回の展示会で特に目立っていたのが、中国市場を意識して出展する企業だ。「韓国での出展が中国市場への拡散の近道」と考える多くの企業が、中国の消費者に好まれそうなプロダクトを展示していた。

韓国の貿易会社TIPS Tradeが出展したドイツのGold Cosmeticaの製品は、まさにそのなかのひとつでとても目立っていた。その理由は、ドイツで産出された「純金」。
金は時代を問わず、中国では大変好まれる素材の1つ。展示ブースの担当者は、「中国からのビジターの中には『金さえ入っていればその他の原料の成分は気にしない』と言い切る人までいる」と話す。

画像2

加工された金を紹介している同社のパンフレット

同社は、金や銀をフレーク状、パウダー状、極小パウダー状の3段階に加工する技術を持っており、それらがクリームやローション、ジェル、バブルバス、オイルなど製品の特徴に合わせて配合される。同社が紹介していた純度の高い24金の製品には、8週間で肌のハリを13%、乾燥肌を29%改善する効果があるという。

2. 北欧のスーパーフード由来の原料、アジアへ本格進出

画像3

リンゴンベリーを使用した製品を展示するQ For Skinのブース

今年のグローバルトレンドのひとつに、ナチュラルコスメがある。それは来年以降も続きそうだ。スウェーデンの企業、Q For Skinが満を持して紹介していたのがスーパーフードのひとつとして知られるリンゴンベリーのシードオイルを主原料とした製品「Lingonberry Hi-tech Serum in Cream」だ。

この続きをみるには

この続き: 2,445文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf