LUSHがデジタルを通じて実現する”ネイキッド”、心に響くサステナビリティ
図1

LUSHがデジタルを通じて実現する”ネイキッド”、心に響くサステナビリティ

◆ English version: LUSH opens largest Asian flagship store in Shinjuku, Tokyo
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2019年6月1日、新宿東口にオープンしたLUSHの旗艦店「LUSH 新宿店」。デジタルツールを導入し、自然へのこだわりとテクノロジーを融合させたリテール空間には、グローバル規模のサステナビリティを目指すLUSHの哲学が垣間見える。

世界最多の乗降者数を誇る新宿駅前に登場したLUSHのアジア旗艦店。英国リバプール店に次ぐ世界2番目の規模を誇る同店は、コスモポリタンな街・新宿に集まる異なる国籍、宗教、人種の人々に向けて、「All are welcome」というメッセージを発するLUSHの最新基地である。

外壁には4階にわたりLEDスクリーンが光り、店内の照明や音楽にも東京のポップなイメージが反映されている。フロアを見渡すと、文字表示が極端に少ないことに気づく。その代わりにネオンサインのアイコンが輝き、随所に設置されたデジタルスクリーンには、商品イメージや使用法がスタイリッシュな映像で映し出される。読んで分かるのではなく、見て分かる店作りで、誰もが言葉の壁を超えて買い物が楽しめるよう工夫されているのだ。

画像1

画像提供:LUSH

1,200種類以上の多彩な商品&サービス

「フレッシュ」「オーガニック」「ハンドメイド」にこだわる英国のコスメブランドLUSHは、世界48の国と地域で約930店舗を展開。動物実験反対、脱プラスチック包装など社会的メッセージを発信する企業としても業界をリードしている。

新宿店の1階から4階のフロアを埋める1,200種類以上の商品やサービスは、いずれもそうしたLUSHのポリシーを反映させたものだ。

たとえば「Discovery and Innovation」をテーマにした1階では、日本国内で調達した生花や鉢物を販売するフラワーショップのコーナーが設けられている。フラワーショップを持つのは、リバプール店以外では新宿店のみだ。日本の花き産業に占める割合はわずか1%という、オーガニックフラワーの生産者から旬の花を直接買い付け、LUSHが重視するトレーサビリティの確保とオーガニック産業への支援を表明する意図を持つ。

画像2

お菓子のような見ための洗顔料
画像提供:LUSH

この続きをみるには

この続き: 3,405文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf