「発酵」「アンチエイジング」がキーワード。原料レベルから未来の化粧品を先取り【CITE Japan2019】
見出し画像

「発酵」「アンチエイジング」がキーワード。原料レベルから未来の化粧品を先取り【CITE Japan2019】

◆ English version: All about fermentation and anti-aging: CITE Japan 2019 shows off the cosmetic ingredients of the future
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2019年5月15日から3日間にわたって開催された「化粧品産業技術展CITE JAPAN 2019」。昨今のJ-Beauty、とくにスキンケアに対する期待から最新の化粧品原料の動向に関心を寄せる関係者が国内外から数多く訪れ、会場は熱気に包まれた。なかでも編集部が注目した「発酵」と「アンチエイジング」をキーワードにした化粧品原料をピックアップして紹介する。

「化粧品に関連する多種多様な素材、技術、サービス等の展示と技術発表の場」として2年ごとに日本で開催され、今年で9回目を迎える化粧品産業技術展は、アジアを代表する化粧品原料展のひとつだ。今年の出展者数は313社で、そのうち海外からの出展者は10カ国から36社と過去最大を記録。来場者数も年々増加しており、今年は4万1,586人(延べ人数)がパシフィコ横浜の展示ホールに足を運んだ。

出展対象分野は、化粧品原料、香料、容器・包材、製造装置・測定装置、化粧用具、受託試験・分析、業界誌紙の7つのカテゴリーで、各社がいまの段階で最も自信を持っている原料や技術、製品サービスが披露された。

画像1

提供:化粧品産業技術展 事務局

展示会場2階にあるアネックスホールでは、出展者によるセミナー形式の技術発表会が行われ、6会場で1日10コマ、3日間で180近いプログラムがあり、来場者は無料で聴講することができる。今回のプログラムで目立ったテーマは「常在菌」「サステナビリティ」「発酵原料」「マイクロプラスチック代替」「アンチエイジング」など、グローバルなトレンドに沿ったものだった。

ここでは、会場の展示でも目にとまったアンチエイジング成分と発酵成分を4つ紹介したい。

この続きをみるには

この続き: 2,052文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf