「幹細胞」「CBD」「ヴィーガン」「OEM独自ブランド」国際化粧品展2021の4大トレンド
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「幹細胞」「CBD」「ヴィーガン」「OEM独自ブランド」国際化粧品展2021の4大トレンド

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

リアルとオンライン会場を併設して開催された大規模見本市、2021年の国際化粧品展から浮かび上がる4つのキーワード。幹細胞、CBD、ヴィーガンなど注目の処方や、OEM企業が提案する自社開発ブランドなど、今季のヒットが誕生しそうなジャンルを探る。

国際化粧品展2021はオンライン/オフラインを併設して開催

2021年1月13日~15日、東京ビッグサイトにて「第9回 国際化粧品展」が開催された。同時開催の「化粧品開発展」「美容・健康食品EXPO」「国際エステ・美容医療EXPO」とあわせて349社が出展、3日間の来場者は速報値で1万人を超えた。

化粧品製造・販売業、OEM、美容機器製造・販売業などが出展し、小売店、通販、サロン等のディーラーやバイヤーとの商談を行う本展は、化粧品専門の展示会としては国内最大級で、東京と大阪でそれぞれ年1回開催されている。コロナ禍以前の段階ではアジア、中東など海外からの出展も増加していた。

(商談)★T_NA__MG_1751

東京ビッグサイト会場での商談風景
提供:リード エグジビション ジャパン

2度目の非常事態宣言下で行われた今回は、オンライン会場も設けられた。オンラインでの出展企業ブースでは、展示商品の資料などを閲覧・ダウンロードできるほか、企業担当者とチャットで会話して説明を受けることや商談のアポイントを取ることも可能にした。

リアル会場では特別セミナーも開かれ、日替わりで業界をリードする企業トップなどが登壇。「THREE」「Amplitude」などを擁する株式会社ACRO 代表取締役 宮崎稔章氏、「@cosme」を運営する株式会社アイスタイル 代表取締役 吉松徹郎氏、発売35年を迎えた「雪肌精」のリブランディングを行った株式会社コーセー コンシューマーブランド事業部長 鎌田昌人氏などが講演を行った。

オンラインで参加し、出展企業や商品をもとに、化粧品を「つくる側」のトレンドをみていくと、4つのキーワードが浮かび上がった。「幹細胞コスメ」「CBD製品」「ハラル&ヴィーガン」、そして「OEM企業のオリジナルコスメ」である。

この続きをみるには

この続き: 4,312文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf