中国でM・A・Cが仕掛けるニューリテール店舗やゲームとのコラボは「体験」重視
図1

中国でM・A・Cが仕掛けるニューリテール店舗やゲームとのコラボは「体験」重視

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2019年1月17日、中国・上海に「M・A・C淮海路人民坊(ワイハイルーレンミンファン)店」がオープンした。中国ではすでにニューリテールやOMOが広く浸透し、それが小売りの「当たり前」になりつつある。M・A・Cが上海でオープンした新店舗や、ゲームとのコラボキャンペーンなど、その体験の中身をレポートする。

エスティ ローダーのメイクアップブランドM・A・Cは、1994年創設以来、世界105カ国以上で販売されている。中国市場においては、大都市を中心に百貨店、路面店などで店舗展開を行うほか、直販ECサイト、Tmall(天猫)におけるブランドのストアフロントなどEコマースにも積極的だ。

トライアルを主体とした空間設計

「M・A・C淮海路人民坊店」がオープンした淮海中路は、フランス租界エリアを東西に走る、上海でも有数のにぎやかな高級ショッピングストリートだ。多くのハイブランドの路面店やデパート、高級料理店やブティックが立ち並び、道行く人々のファッションもあか抜けている流行発信エリアである。

店舗に足を踏み入れてまず気づくのが、特徴的な空間デザインだ。中国でのM・A・Cの店舗は黒を基調としたクールなデザインが多くみられるが、M・A・C淮海路人民坊店では、スタイリッシュなイラストやデジタルサイネージを配し、カラフルな色使いや照明により、店内全体に華やかで活気に満ちた演出がされている。

画像1

同店の特徴は、思う存分トライアルができることを打ち出した設計で、たとえば、口紅のコーナーにはさまざまな色の口紅が200本以上配置され、自由に試すことができる。沢山の口紅がずらりと並んでいるのは壮観で、見た目にも楽しい。実際、多くの顧客が次から次へと商品を手に取っていた。

画像2

キャッシュレス決済を導入

もうひとつの特徴は、レジカウンターがないことだ。会計は、顧客自身のスマートフォンでキャッシュレス決済を行う。

この続きをみるには

この続き: 1,896文字 / 画像12枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf