ローラ メルシエの12時間インスタフェス、内製で積み上げたファン拡大の方程式
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ローラ メルシエの12時間インスタフェス、内製で積み上げたファン拡大の方程式

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

資生堂「ローラ メルシエ」は、インスタグラムのライブ配信機能を使ったプロモーションでファンの裾野を広げている。直近では “1Day Fes”と銘打って12時間連続のライブ配信を実施。リアルのフェスに負けない熱気と一体感でイベントは大いに盛り上がった。驚くべきはそのほとんどを内製で手掛けていることだ。このフェスの舞台裏から、そこに至るまでのチームの工夫を詳しく聞いた。

延べ13.7万人が訪れたインスタライブの舞台裏

「我々がデジタルシフトの取り組みで大事にしているのは、リアルの盛り上がりや空気感をそのままデジタルに持ち込むことだ」

そう語るのが、一連のプロジェクトを主導した資生堂ジャパン株式会社 プレステージブランド事業本部 戦略ブランド部 ローラメルシエ事業グループ ブランドマネージャーの大沢一友氏だ。

これまでにもメイクアップアーティストの河北裕介氏とタッグを組んだシリーズプログラムなど、1時間ほどのインスタライブ配信を行ってきたが、12時間連続という「ローラ メルシエ 1 Day Fes 2020」(以下、1 Day Fes)は、ブランドとしても初めてであり、他ブランドを見回しても新しい試みだ。新商品の発売延期やリアルイベント中止といった、コロナ禍の影響から立ち上がった試みで、開催までの約1ヶ月間で準備が急ピッチで進められた。

しかも、ゲストのキャスティングから台本作り、集客、そして当日の運営にいたるまで、外部に頼ることなくすべて自社で制作している。この規模のオンラインイベントを内製で行えるブランドは極めて珍しいといえるだろう。

画像1

出典: ローラ メルシエ ジャパン
Twitter公式アカウント

結果からみれば、瞬間最高視聴者数は3,500人超、リアルタイムの延べ視聴者は13万7,000人と、数字の面からもリアルのイベントを超える結果を打ち立てることに成功した。

この続きをみるには

この続き: 4,140文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf