シンガポールのVCが語る、美容やファッション起業家が世界を目指すためのノウハウ
図1

シンガポールのVCが語る、美容やファッション起業家が世界を目指すためのノウハウ

◆ English version: Singapore VCs teach beauty and fashion entrepreneurs how to take on the world
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

東南アジアでの初開催となったFaB シンガポール・ミートアップ。パネリストにはベンチャーキャピタリストら投資家が勢ぞろいし、ビジネスを成功に導くためには何が必要か、率直な意見交換が交わされた。人種、文化、宗教など多様性に富んだ東南アジア市場に切り込むプランづくりから、投資につながる具体的なアプローチ手段まで、示唆に満ちたディスカッションの現場をレポートする。

美容とファッション業界に、テクノロジーで新しい価値を創造する起業家と投資家のコミュニティ「Fashion & Beauty Tech Community(FaB)」のミートアップイベントが2019年5月28日、シンガポールで開催された。FaBは、サンフランシスコを本部とし、現在世界12都市に支部があり、東南アジアでは今回が最初のイニシアティブとなった。

会場は、シンガポールで最も国際色豊かな商業地区であるオーチャード・ロード沿いの「Design Orchard」。この複合施設は今年1月にオープンしたばかりで、ローカルデザイナーによるファッション関連グッズを販売し、後進のためのインキュベーション施設もある。

この施設の運営をするNPOのテキスタイル・ファッション連盟(TaFF)のCEOであるセムン・ホー(Semun Ho)氏は、「シンガポールは東南アジアのなかでも、整ったインフラ設備、テック事情に精通した市場、そして、多民族社会という環境が揃う。TaFFは、ここからインキュベーションプログラムやメンターシップなどを通してテクノロジーを活用したスタートアップを支援することで、産業そのものの持続性に貢献していくのが目的だ」と述べ、FaBのミートアップ開催を歓迎した。

画像1

今回のテーマは、「ベンチャーキャピタリストが語るファッションとビューティ関連スタートアップの現状」。パネリストには、ベンチャーキャピタル(VC)のキャリアも長いエンジェル投資家1名と、若手のベンチャーキャピタリスト3名が招かれた。いずれのVCも、東南アジア全体をみわたして、ポテンシャルのある起業家の発掘や、シード期からIPOまで数々のスタートアップを手掛けている。また、約50名の参加者のうちおよそ6割が関連業界のビジネスオーナーで、うち半数が資金調達を模索中とみられる。

画像2

左から、モデレーターのデブラ・ラングレイ氏、
アーノルド・ボンゾム氏、メリッサ・ホー氏、
タミー・シウ氏、そして、ケルビン・レユン氏

スタートアップとVCの連携をテコに業界が成長

モデレーターを務めたのは、Start Today Venturesのベンチャー・パートナーでもあるデブラ・ラングレイ(Debra Langley)氏だ。DKNY JEANSインターナショナルの元プレジデントであり、ファッションとリテールテックのコンサルタントとしての経歴を持つ。

この続きをみるには

この続き: 3,579文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf