5回目のセフォラ・アクセラレータ。ジェンダー、エシカル、そしてPOCに注力へ
見出し画像

5回目のセフォラ・アクセラレータ。ジェンダー、エシカル、そしてPOCに注力へ

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

女性起業家による美容系スタートアップを支援するセフォラ・アクセラレータプログラム。5回目となる2021年度は人種間ギャップの改善を目指し、有色人種の女性オーナーの事業への一層の支援が発表された。2020年12月のファイナリストの発表を前に、同プログラムのこれまでの参加者たちのビジネスがどのように成長しているのかをレポートする。

セフォラの「アクセラレータプログラム」は、「女性をインスパイアすることで社会をより良いものにしよう」という企業理念を具現化する施策として、毎年、女性起業家が興した美容系スタートアップを複数社選出し、集中ブートキャンプを含む6カ月間のトレーニングやメンターシップにより、確固たるビジネスとして成立させ、最終的にはセフォラと協業できるよう総合的に支援するものだ。「2020年までに、50人以上の女性起業家をサポートする」という目標を掲げて2016年にスタートし、昨年度にはすでに目標を大きく上回る58名のプログラム参加を達成している。

5年目を迎える2021年度は、米国で盛り上がるBLM運動を背景に、特にPOC(People of Color / 有色人種)の女性起業家のサポートに力を入れることを発表。ジェンダーギャップに加え、人種間ギャップの解消にも取り組む方向性が示された

応募は2020年10月15日に締め切られ、12月15日にファイナリストが発表される。選抜された起業家は2021年の1月から6月までプログラムに参加することになる。

インクルージョンへの取り組み

セフォラのアクセラレータプログラムの根幹となるのは、「Sephora Stands」と名づけられたCSR(Corporate Social Responsibility 企業の社会的責任)を掲げたマニュフェストだ。Sephora Standsでは、「私たちは皆、なにか美しいものとつながっている(We belong to something beautiful)」 をスローガンに、女性やLBGTQコミュニティのサポートをはじめ、インクルージョンへの取り組みに注力してきた。

今年セフォラは、数あるリテールの先頭を切って、アフリカンデザインの靴ブランド「Brother Vellies」創業者オーロラ・ジェイムス(Aurora James)氏が、「ジョージ・フロイド事件」を受けて提案した「15% の誓い(15% Pledge )」への賛同を表明。「15% の誓い」とは、全米の人口において黒人が占める割合とほぼ同じ15%の商品棚を、有色人種オーナーのブランドに割り当てるというものだ。つまり、セフォラが、今後、人種間ギャップの解消に向けても長期的に取り組むことの宣言といえる。

この続きをみるには

この続き: 2,627文字
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf