見出し画像

ロレアルはAIによるマーケティング拡張へ。AIのさらなる革新にフォーカス【Cosmetic360 2022 前編】

BeautyTech.jp

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2022年10月、仏パリで開催された「コスメティック360(Cosmetic360)」の模様を2回に分けて現地レポートする。1回目は、ロレアルなど大企業や新進のスタートアップから発表された、パーソナライズやマーケティング分野でのAI関連イノベーションにスポットをあてる。

コスメティック360の今年の大テーマはAI

美容業界において人工知能(AI)は、パーソナライゼーションなど顧客体験だけでなく、処方のカスタマイズ、研究開発テストの向上、パッケージの再設計、物流フローの改善、Eコマースの発展、あるいは持続可能な開発を加速する手段など、サプライチェーンのあらゆる箇所で業界の競争力を高めるために幅広く活用されている。

2022年10月12日・13日、仏パリで開催された化粧品関連の国際展示会「コスメティック360」では、このAIがメインテーマに掲げられ、多くのAI企業による展示に加え、AIを活用する企業の講演が行われた。また、毎年公募されるオープンイノベーションでは、シャネル、ロレアル、LVMHリサーチ、Pharma & Beauty の4社が、企業が取り組むAIドリブンなプロジェクトを募集したほか、コスメティック360アワードでは「AI審査員特別賞」が設けられた。

ロレアルのオープンイノベーションブースでは、ランコムの肌診断デバイス「スキンスクリーン」を設置

コスメティック360は、原料調達、パッケージ、製品、テクノロジーなどさまざまな分野を網羅した総合的な展示会で、グローバル企業、スタートアップ、中小企業、研究者によるプロジェクトが集う、ビューティイノベーションのショーケースとなっている。第8回を迎える2022年は、16カ国からの220企業が出展、4,000名の業界関係者が訪れた。韓国からは革新的な9企業が集まり韓国パビリオンを設けて、存在感を示した。

美容業界におけるAI技術の3事例

現在の化粧品業界におけるAIの活用事例として、今回は大きく3つのカテゴリーが提示された。1つ目はさまざまな場面における予測だ。購買行動やそれにもとづく売上予測、製品の品質予測、また、メンテナンスの必要性の予測にも活用される。2つ目はパーソナライズで、肌の解析、最適な製品マッチング、拡張型の顧客体験などがあげられた。3つ目はデータの可視化と分析を通じて、情報データからのマーケティングの意思決定と市場投入までの時間を短縮することだ。

その一方で、AI技術によるパーソナライズも進化し続けている。例としては、Perfect Corp.がライブストリーミング中でも可能なAIとARによる肌分析技術を発表。シワ、シミ、目の周りのクマ、肌のテクスチャーをはじめ、14項目を数秒で検知して可視化する。この技術により、企業は遠隔でもユーザーの肌の状態をリアルタイムで診断し、インタラクティブに顧客に寄り添ったスキンケア製品のレコメンドができる。

Perfect Corp.の肌診断

また、韓国のAI企業Chowisは、消費者の「いつでも自分の肌状態を把握していたい」というニーズに応え、スマートフォンに取り付ける専用カメラでユーザーがセルフで肌診断をする「mySkin F.A.I.N」を発表。Bluetoothで専用アプリケーションに接続し、さまざまなLEDの光を使用する12種類の分析・測定を行い、アプリ上で自分の肌状態の認識と管理、変化の過程をトラックできるとする。ミニマルなデザインで、一般的な肌診断デバイスよりも85%プラスチック量を削減したエコ仕様となっている。

さらに、Chowisは店舗に設置するタッチパネル式の肌診断機(デジタルサイネージ)も提案した。画面上で基本情報を入力後、本体につながったコード付きの小型デバイスで頬と目尻の2カ所をスキャンし、いくつかの質問事項に答えると、その場で肌状態の確認ができる。また、美容クリニック用にはこの小型デバイスをワイヤレス(コードレス)にし、モニター画面で毛穴やシワを3Dで可視化することで、より正確で詳細なカウンセリングを可能にするなど、顧客ニーズに合わせたデバイスを提案している。

Chowisの店舗設置型タッチパネル式肌診断機

データからナラティブ(物語性)をつかみ、マーケティング戦略に活用

また、AI分析にもとづくマーケティングの意思決定の事例として、2019年創業の米国企業nwo.aiが注目を集めた。

現代ではより消費者ニーズが細分化しているうえ、パンデミックなど予期せぬ出来事により消費者の要望も変化するため、消費者インサイトを掴むことは容易ではないとの課題がある。そこで、nwo.ai は、ソーシャルメディアやEコマースが普及し、インターネット上の消費者のナラティブ(物語性)が重要なデータになっていることに着目。YouTube、TikTok、Twitterといったソーシャルメディアでのコメントのほか、グーグル、アマゾン、また特許、研究データといった専門家の情報など、オン/オフラインの多分野にわたる9,300万のデータを分析し、消費者の言葉を紐解くことで、それらがトレンドになる前に“新しい傾向”として明らかにするという。

出典:nwo.ai公式サイト(クリックするとIntro Videoの視聴が可能)

たとえば、同社のプラットフォーム上で、「ニキビ(acne)」とワードを入れると、世界のどの地域でどのくらい話題になっており、今後どのようなトレンドとなるかの予想を60秒で確認できる。また、国、期間を絞っての分析もでき、肌の悩みや成分のトレンドを世界と日本市場で比較することも可能だ。グローバルブランドであれば、どの製品をどこの市場でフォーカスすべきかといった判断にも活用できる。

データは2006年からのものが集計されており、65言語に対応、10億以上の消費者の声をデータベースにもつ。85%以上の正確さで消費者の好みや関心を予測し、突然の消費者ニーズの変化にも対応できるとしており、ロレアルなど大手企業がすでに同社のサービスを使用している。

消費者インサイトをいち早く掴むことで、新製品の開発に活かせるほか、ソーシャルメディアでの発信などコミュニケーション戦略への迅速な対応にも役立つ。コスメティック360アワードでは、業界の競争力に貢献できる点が評価され、「AI審査員特別賞」が贈られた。

出典:nwo.ai公式サイト

あわせて、会場ではAIに関する講演が開催され、nwo.aiのCEO兼共同創業者のスーラヴ・ゴスワミ(Sourav Goswami)氏も登壇した。参加した業界関係者からは、「(65カ国に対応するとあるが)1つの言葉が1つのコンセプトを持つとは限らず、国や個人レベルで言葉の価値や感覚が異なるのではないか」「動画や画像の分析は含まれているか」など、言語の翻訳やAI分析の精度に関する質問が続いた。また、同社のソフトは多分野のデータを分析することからスケーラビリティがあるが、化粧品分野は消費者の感情の考慮が極めて重要であるといえ、美容や成分への関心がそれほど高くない人と非常に高い人の発言の重みの違いを認識できるのかなど、言葉の「量」だけではなく、感情や関心のレベルなど「質」の分析も必要だとの指摘もあった。

ゴスワミ氏によると、同社のプラットフォームは現在のところ、テキストの情報(消費者の声やリアクション)のみで、動画や画像の分析は含まれていないという。同氏は「100%の精度の“完璧なAIデータ分析”は現在存在しておらず、AIは機械学習により日々学び続けている」としたうえで、大量のデータからかすかなシグナルを読み取り、マイクロレベルの傾向をキャッチすることで、企業がすぐにマーケティング戦略に活かせる点が強みだと強調した。

ロレアルはAIベースのソリューションマーケティング

業界最大手ロレアルでも、消費者データからのトレンド分析を社内で独自に行っている。同社は科学とテクノロジーが未来の美を形成するとし、2018年に買収したModiFaceのAI技術を活用したバーチャルトライオンをはじめ、AI搭載でパーソナライズしたリップカラーを作るイヴ・サンローラン・ボーテ(YSL)の「YSL ルージュ シュール ムジュール」など、AI・データサイエンスを活用したマーケティングを積極的に展開している。2022年のViva Technologyでは、YSLから、感情的な反応を脳波で計測する技術(ニューロテクノロジー)により、各自にぴったりのフレグランスを見つける「Scent-Sation(セン・セーション)」を発表して話題となった。

講演に登壇したロレアルのBeauty Techプログラム ディレクターのステファン・ラヌゼル(Stéphane Lannuzel)氏によると、同社ではデータプライバシーを尊重しながら、消費者のレビューやソーシャルメディアのデータを7つのキーとなるアルゴリズムで読み解いて消費者インサイトを掴んでいるとする。

ロレアルは、フランス、カナダ、アメリカ、中国の4カ国にデジタルファクトリーを置き、約120名のデータサイエンティストとテクノロジーの専門家を抱える。ラヌゼル氏は「AIはマーケティングを拡張し、マーケターが正しい決定をする助けとなる」とし、マーケターはデータサイエンティストと効果的に協働できるようトレーニングを受けており、データサイエンスのスキルとビジネスの専門性を掛け合わせることで、データドリブンなマーケティングを実現し、競合との違いを出すと語る。

一方、LVMHは、2021年にGoogle Cloudと、AIとクラウドベースのイノベーションのための戦略的パートナーシップを締結し、データおよびAIアカデミーを立ち上げて同社の社員を教育している。こうした大手2社の動きからも、AIによる情報分析が企業成長に欠かせない要素であることがうかがえる。

ロレアルのBeauty Techプログラム ディレクターのステファン・ラヌセル氏

また、ロレアルは、2023年からMetaとともに、メタバースにおける創造性に特化したスタートアップアクセラレーションプログラムを開始する。この新しいプログラムは、パリのインキュベーション施設Station F にあるフランス名門ビジネススクールHEC Paris のインキュベーターの支援を受けて運営され、「アバターの作成とその移植性、ユーザー体験、その他のWeb3関連のテーマを含む、拡張、仮想、複合現実技術への3D制作」を専門とする5社のスタートアップ企業を加速段階でサポートするものだ。

ロレアルグループのデジタル&マーケティング最高責任者であるアスミタ・デュベイ(Asmita Dubey)氏は、「クリエーターはメタバースの中心だ。このプログラムは包括性、多様性、持続可能性という我々の価値観に沿って、ストーリーテリングを超えた、ブランドのストーリーリビング(storyliving=ストーリーを語るのにとどまらず、何らかのポジティブなアクションを伴うこと)への道を開きうる、またそれを構築するエコシステムの支援と強化を目的としている」と説明しており、100年にわたる同社の科学的知識、データの専門知識を、オンラインとオフライン双方で最先端のイノベーションと組み合わせることで、世界中の消費者の欲求や夢、願いを叶えるべく、美容体験を再発明し増強していくとする。

AIに関する講演では、このほか、AIの社会的受容性や、持続可能な開発目標の達成におけるAIの役割、産業全体におけるAIのパフォーマンス、メタバースの台頭など、現在多くの企業が直面している社会、環境問題、マーケティング、競争力に関連したプログラムが用意された。

テックコーナーでは光学技術とAIを用いた肌解析に注目

また、最新のテクノロジーを紹介するテックコーナーでは、フランスのストラスブール大学ICube研究所による、分光偏光計とAIを組み合わせた革新的な皮膚の研究にスポットがあてられた。異なる波長の偏光ビームの発光を利用したこの光学技術ツールは、偏光によって光を皮膚の層に浸透させるとともに、AIでさまざまな信号を簡単に処理し、異なる皮膚層を解離させることができる。これにより肌の活力分析や皮膚疾患の認知が、より簡便かつ迅速に行えるようになるという。今後、皮膚科医の協力のもと肌データを蓄積し、肌分析による製品マッチングデバイスの商品化を目指す。

出典:Cosmetic360公式サイト

「AIはデータを表出するだけではなく、21世紀の化粧品の価値と結びついていくことが求められる。コスメティック360は、普遍的な有用性、人間の幸福、環境への責任、創造の自由、科学的な信頼性を明確に伝える」と、コスメティック360のゼネラルマネージャー、フランキー・ベシュロー(Franckie Béchereau)氏は強調している。

2回目は、コスメティック360で発表された環境やウエルネスに関する製品・サービスなどをレポートする。

Text & photo: 谷 素子(Motoko Tani)
Top image: Cosmetic360公式サイト

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!