サムスンやP&Gが競うビューティルーティンを変える最新デバイス【CES2020】
図1

サムスンやP&Gが競うビューティルーティンを変える最新デバイス【CES2020】

BeautyTech.jp

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

CES2020レポート5回目は、スタートアップ企業のブースが集まるEureka Parkなど、会場内で発見した革新的なホームユース・ビューティデバイスを紹介する。香りの目覚まし時計からコスメ専用冷蔵庫、スマート歯ブラシまで、暮らしに密着したガジェットが多彩に提案され、近い将来、寝起きから身支度まで、人々のビューティルーティンが変わる予感にあふれている。

図1

スタートアップ企業のブースが集まる
Eureka Park

香りが爽やかな朝を導く目覚まし時計

1つ目は、創業120年を迎えるフランスの老舗フレグランス企業 Maison Berger Parisが、昨年買収したスタートアップ Bescentと共同開発した香りの目覚まし時計だ。

図1

このベッドルーム専用時計は、Maison Berger Parisが機能別に特別調合した香りに加え、光、音などを用いて、嗅覚や聴覚など複数の感覚を刺激しながら、すみやかな睡眠への導入や快適な起床を促すというものだ。香りは専用フレグランスカプセルに閉じ込められているため、通常のディフューザーのように水や熱を必要とせず、完全に気密で乾燥した香りの拡散システムを実現している。香りは毎日5分間放出され、30日間連続使用が可能。RF識別タグでカプセルをトラッキングすることで、同社が交換時期を判断しユーザーに通知する。

創業当時17歳だったギョーム・ロラン(Guillaume Rolland)氏が立ち上げたBescentが開発した香りの目覚まし「Sensorwake」は、すでに市場に出回っているが、Maison Berger Parisの名前で今回発表されたこの製品は、4つのバージョンで用意された高いクオリティの調香、繊細な本体デザインなどで差別化を図っている。CES2020が初披露で、販売開始は今年の9月頃を予定する。

今回、Maison Berger Parisは、自分で混ぜ合わせなくてよい“そのまま使える(Ready to use)”エッセンシャルオイルブレンドによる機能性フレグランスのディフューザー「Mist Diffusers」も業界初として展示。睡眠導入を助ける「スイートドリーム」、活力を感じる「エナジー」、ムードを向上させる「ハッピー」、緊張を解く「リラックス」の4種類の香りを販売しており、価格は90ドル。

画像3

出典:Maison Berger Paris 公式サイト

化粧品の品質を保つサムスンのIoTビューティ冷蔵庫

サムスンからは「Cube Refrigerator series」の1つとして、コンパクトサイズの化粧品専用冷蔵庫が発表された。

この続きをみるには

この続き: 3,212文字 / 画像9枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
BeautyTech.jp
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf