ロンドン初のBeautyTech MeetUp、創造性と地域コミュニティでつながる未来
見出し画像

ロンドン初のBeautyTech MeetUp、創造性と地域コミュニティでつながる未来

◆English version: UK’s young entrepreneurs get boost from beauty tech
New English article
◆新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

BeautyTechコミュニティが結束を深め、メンバーが互いに助け合うことで、若い起業家たちのビジネスが開花する。英国では初開催となったBeautyTech Meetup in London のキーワードは、「人と人とのつながりを大切にする」だ。

「最善の方法は、とにかくトライしてみることだ」

ヨーロッパ最大のヘア&ビューティサロン・オンライン予約プラットフォームTreatwell の創業者兼CEO であるロポ・シャンパリモード(Lopo Champalimaud)氏は、オープニングセッションで、集まった聴衆を励ますように語りかけた。

2018年10月2日ロンドンで開かれたBeautyTech Meetup。@BeautyTechSFコミュニティの1つとして、英国では初開催となったこのイベントは、テクノロジーをテコにした美容ビジネスという同じ目的を持つ起業家たちが、先輩スタートアップの経験談を聞くと同時に、リアルでつながり意見交換とネットワーキングをする場である。

サロン予約の常識を変える

好みに合う美容室やスパ、あるいは受けたいトリートメントをピンポイントで見つけやすくし、ウェブサイトやアプリから簡単に予約できるサービスを立ち上げようと思いついたきっかけとは何だったのか? シャンパリモード氏は、レストランでも美術館でも劇場でも、何でもオンライン予約ができる時代、美容サロンの大部分はいまだに台帳と鉛筆か、せいぜいグーグルカレンダーで予約管理をしている段階と話す。だから、ふとマッサージを受けたいと思ったら、いつでもどこでもその場で予約できるシステムがあれば便利であるし、ユーザー側もサロン側もみんな喜ぶと考えたのだ。

ただし、このビジネスモデルは「ドミネーション(市場の支配)なくしては成功できない」こともわかっていた。街角の個人サロンから高級スパまで他を圧する選択肢があってはじめてユーザー数も利用率もあがるからだ。

この続きをみるには

この続き: 2,272文字 / 画像3枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf