KINSは悩みに応える「菌ケア」で美容とヘルスケアを融合し、医療領域にも挑戦へ
見出し画像

KINSは悩みに応える「菌ケア」で美容とヘルスケアを融合し、医療領域にも挑戦へ

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

年々注目が高まっている菌の世界で、美容とヘルスケアの融合領域に挑むスタートアップが株式会社KINSだ。「菌をケアすることが当たり前の世界」の実現を掲げる同社 代表取締役社長 下川穣氏に、未来の菌ケアプラットフォーム構想について聞いた。

美容と健康をつきつめると同じ「腸内環境」が大事

2018年12月に創業し、肌の菌の状態をチェックできるスキンテストとコンシェルジュ相談によるライフスタイルの提案がセットになったサプリメントのサブスクサービス「KINS BOX」からスタートしたKINSは、「菌ケア」という新しい視点で、美容とヘルスケアの融合領域にアプローチし、ウエルネスに関心を寄せる30代女性ユーザーの支持を集めている。おもにInstagramだけのプロモーションで、ローンチ1年半でサブスク会員数は1万人まで成長した。

「菌の変態」と周囲に呼ばれるほど菌の研究にのめりこんできた下川氏がKINSを始めたきっかけは、歯科医師を経て、あるクリニックの医療法人で理事長を務めていたときの経験だ。2015年頃から腸内菌叢の研究が学会などでも体系化されはじめ、そのクリニックでもいち早くアトピー性皮膚炎や潰瘍性大腸炎などの慢性疾患患者に対し、乳酸菌の処方や食生活や生活習慣の改善指導を行って、対症療法にとどまらず根本治療を目指していた。

腸内環境を整えることで、20年来の悩みだった患者の症状が改善されるなどのケースを目の当たりにした下川氏は、「腸内環境を整えることで、予防医療や根本治療になり、結果として美容にもつながるということを、クリニックの患者だけではなく、より多くの人に広めたい」と考え、会社設立を決意した。

画像1

株式会社KINS 代表取締役社長 下川穣氏

下川氏がKINSでまず取り掛かったのは、皮膚常在菌を調べるスキンテストと、乳酸菌サプリメントの開発だ。

「腸内に棲む細菌は1,000種以上あるといわれており、それぞれの関連性はまだ研究し尽くされていない。一方、皮膚常在菌は腸内よりも解析対象とするべき細菌の種類が限られており、かつ腸内細菌の代謝産物として皮膚に影響が出てくることがわかっている。つまり、腸内環境が改善すれば、皮脂や皮脂腺から出る生産物質の量と質が変わり、それを餌にしていた菌が増減するという相関関係がある。健やかな肌を保つために、まずは腸内環境に目を向けてほしいという思いで、サプリメントの開発からスタートした」(下川氏)

この続きをみるには

この続き: 2,365文字 / 画像2枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf