パペルックが化粧品D2Cソリューション開始、「最短3カ月」と「売上」にこだわる理由
見出し画像

パペルックが化粧品D2Cソリューション開始、「最短3カ月」と「売上」にこだわる理由

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

美容メディア「FAVOR」を運営するパペルックは2021年5月、化粧品D2Cソリューション事業を立ち上げた。自社の化粧品D2Cブランド「FAVES BEAUTY」事業やマーケティング支援のノウハウを活かし、商品開発~流通までワンストップで支援する。最短3カ月でブランドの立ち上げができるのも特長のひとつだ。その事業戦略から化粧品D2C市場の展望までパペルック 代表取締役CEO 小澤一郎氏に話を聞いた。

大手の新規事業案件から個人インフルエンサーまで支援

ここ2~3年、化粧品業界でも新たなD2Cブランドが続々と登場している。美容メディア「FAVOR」を運営してきたパペルックも、メディア運営で培った知見を活かし2019年から自社ブランドとして化粧品D2C事業に参入し「FAVES BEAUTY」などを手掛けている。また、クライアントワークとしても化粧品やファッション領域でD2Cブランドの立ち上げに携わってきた。たとえば、累計販売個数50万個超を記録した人気インフルエンサーブランドもそのひとつだ。最近は、“モノトーンコーデ”をブランドコンセプトとする人気ユーチューバーのブランド立ち上げを行なった。

こうした自社事業やブランド立ち上げ支援で培ったノウハウを事業化したのが「D2Cステーション」だ。化粧品D2C事業者向けのソリューションとして、商品企画、製造、EC構築、物流、小売・流通までワンストップでサービスを提供する。

事業開始直後から問い合わせも多く、クライアント数はすでに10社を超えているという。このD2Cステーションの特長について、パペルック株式会社 代表取締役CEO 小澤一郎氏は「商品を納品して終わりでなく、どう売上を伸ばすかまで伴走すること」と説明する。

画像1

パペルック株式会社 代表取締役CEO
小澤一郎氏

クライアントは大企業から中堅、スタートアップまで幅広い。大企業を支援する場合は、初年度の売上目標2~3億円規模のプロジェクトを担う。インフルエンサーやタレントを起用したブランドの立ち上げを手掛けることが多く、目標達成に必要な事業計画の立案から実行までをコミットする。

「事業方針を固める前の段階からの相談にも応えており、ビジネスモデルの検討や細かな事業計画の策定にも伴走する。クライアントと弊社双方の強みを活かしブランドを創っていく。一方、比較的小規模の事業者を支援する場合は、商品設計から商流の見直し、EC整備などビジネスの全体設計からコンサルティングを行っている」(小澤氏)

この続きをみるには

この続き: 3,872文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf