変わっていく視点、変えていく視点 第3回<foufou> 健康的な消費とは、を考え続ける マール コウサカ氏【川島蓉子連載・NNを考える会】
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

変わっていく視点、変えていく視点 第3回<foufou> 健康的な消費とは、を考え続ける マール コウサカ氏【川島蓉子連載・NNを考える会】

BeautyTech.jp

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

川島蓉子さんによる、イノベーティブな仕事をされている各界の方々にお話をうかがい、これからのビジネスに必要とされる「視点」を探る連載の3回目は、ファッションD2Cのfoufou代表のマール コウサカさんにお話をうかがいました。

画像1

ifs未来研究所 所長
川島蓉子氏

foufou」の服は、豊かに広がるフレアスカートや、プリーツがエレガントなシャツドレスなど、上質な布をたっぷり使ったデザインが魅力的です。SNSで新作を公開してオンラインストアで販売する――全国にわたるファンがついているブランドです。

画像4

代官山のマンションの一画にあるオフィスを訪ねたのですが、「foufou」をゼロから生み出し、ここまでの道を拓いてきたマール コウサカさんの話には、”実=リアリティ”があって引き込まれます。服に限らずあらゆるブランドは、作り手の熱量が映し出されるものと改めて感じました。

コウサカさんは、文化服装学院在学中の2016年、SNSを活用したファッションブランドがまだほとんどないなかで「インターネットでファッションブランドをやれそう」というところから、一人でビジネスを立ち上げました。「学校にいると、ファッションは高尚なものという考えに染まりがちで、『おしゃれする』楽しさを忘れていた。それがInstagramを使うようになって、純粋にファッションを楽しんでいたことを思い出したのです」。最初はハンドメイドで服を作り、自分のInstagramアカウントのみで告知するところから始めたのです。

画像4

foufou代表 マール コウサカ氏

コロナ禍のなか、ファッション業界が抱えている課題については、いま多くのメディアが取り上げています。半年ワンサイクルで業界の仕組みが回っていること、売り切るためにセールを行って最終的には廃棄処分をしていること、途上国の安価な労働力に頼ったモノ作りをしていること、アウトレット専用の商品を作って売っていること、売れ筋の追究に走った大量生産から同質化に陥っていることなど――。一部では「だからダメになった」という極端な物言いがあって気になっていました。

当初からコウサカさんは、こういう業界の構造に疑問を抱き、それを少しでも解決できないかと考えていたそうです。だからブランドを立ち上げるにあたって、「健康的な消費」を目ざしたのです。

この続きをみるには

この続き: 2,404文字 / 画像2枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
BeautyTech.jp
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf