見出し画像

ファヘなど韓国クチコミアプリが分析する2023年韓国最新ビューティトレンド

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

ファヘやGLOWPICKなど韓国大手クチコミアプリや専門メディアが、最近の売れ筋商品や消費動向、またパンデミックを経た価値観の変化を読み解きながら、韓国化粧品市場の動きについてのレポートを発表。各社の分析をベースに、最新の韓国ビューティトレンドをみていく。

パンデミックをきっかけにした変化に着目するHwahae(ファヘ)

成分検索に定評がある総合クチコミアプリ「Hwahae(ファヘ)」は、自社プラットフォーム上のデータをもとに、「Aware Beauty(意識的なビューティ)」「Return of Makeup(戻ってきたメイクアップ)」「Snack Anti-aging(スナックをつまむようなお手軽アンチエイジング)」の3つのキーワードをビューティトレンドとして挙げている。いずれもコロナによる消費者の価値観・行動の変化が生んだ現象に着目している点が特徴だ。

―Aware Beauty(意識的なビューティ)

Awareは「意識ある」もしくは「意識的」などの意味を持ち、Aware Beautyはクリーンビューティやヴィーガン志向を含む、人体、動物、環境などへの影響を意識した、持続可能な消費行動やビューティを好むことを指している。

ファへは、全世界的に発生したパンデミックの影響は今なお甚大であり、同アプリのデータにおいても、環境や健康を守ろうと意識して実践する消費者は増え続けているとする。たとえば、2021年上半期まではそれほど多くなかったヴィーガンや環境関連のワード検索数が、同年下半期から現在にいたるまで大幅に増加していると指摘。また、ユーザーレビューでも、容器に関して、2021年までは「不便」「不良」など利便性に関するキーワードが多く登場したが、2022年には「エコ包装」「リサイクルが容易」など、持続可能性を評価するトピックが多数あらわれ、製品選びに影響を及ぼしているのが明らかと説明している。

Hwahaeアプリ内のヴィーガンおよび環境関連検索数推移
出典:Hwahaeブログ

このことから、コロナは現在、韓国でも終息の兆しをみせているものの、パンデミックの経験から生まれた消費行動や価値観は消費者のなかにしっかりと根付いており、ファへは、Aware Beautyのトレンドが2023年も継続していくと予想している。

―Return of Makeup(戻ってきたメイクアップ)

世界各国でマスクの着用義務が解除されるなか、多くの調査会社や業界関係者は、パンデミック以前の状態にまでメイクアップ市場が復調すると予測している。ファへもアプリ内でメイクアップ関連商品への関心が一気に高まっていることから、「復調」や「回帰」に同意。さらには新たな展開が生まれるのではないかと分析している。

続きをみるには

残り 4,322字 / 7画像

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。