見出し画像

ロレアルは「オンチェーンビューティ」体験へ。各ブランドのDAOやNFTプロジェクトを発表【VivaTech 2022(1)】

BeautyTech.jp

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

フランスで開催された毎年恒例の「VivaTech 2022」から、美容業界における最新テクノロジーの活用事例を3回に分けて紹介する。第1回めは、“ビューティテックNo.1企業”を目指すロレアルが進めるメタバース、NFT、Web3における取り組みを現地取材にもとづきレポートする。

Web3を大テーマに注目のテクノロジー企業のトップが多数参加

2022年6月15日から18日までの4日間にわたり、フランス・パリで開催された欧州最大のテクノロジー展示会「Viva Technology (VivaTech)」。大手企業、スタートアップ、ビジネスリーダーや投資家などが一堂に会し、先端技術やサービスを発表する機会として年々注目度を増しており、第6回を迎える2022年は、リアルな会場に延べ9万1,000人が訪れ、オンラインからは30万人が参加、SNSを含めると146カ国4億人にリーチし、30億ビューを記録した。

今回のVivaTechでは、Web3が大きなテーマのひとつで、350名以上のスピーカーのなかには、仮想通貨取引所 バイナンス(Binance)の創業者でCEOのチャンポン・ジャオ(Changpeng Zhao)氏、ブロックチェーンプラットフォームと仮装通貨イーサリアム(Ethereum)の創業者ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏(リモート参加)、また、ゲーム業界からは、ザ・サンドボックス(The Sandbox)の共同創業者でありCOOのセバスチャン・ボルゲ(Sébastien Borget)氏、ロブロックス(Roblox)のVP タミ・ボーマック(Tami Bhaumik)氏、Epics GamesのVP Unreal Engine Ecosystem担当 マーク・プティ(Marc Petit)氏などが登壇した。それぞれ、メタバース内でオープンに行動できるゲームやゲームエンジン開発企業として知られている。

美容業界からは、今回も業界トップのロレアルや、ラグジュアリー業界を牽引するLVMHグループがともに巨大ブースを出展し、メタバース、NFTプロジェクト、また、先端技術による美容デバイスなどを発表した。

ロレアルとLVMHは、早い段階から3D仮想空間としてのメタバースに着目している。傘下のブランドでは、女性ゲーマー層の拡大を受けてeスポーツをスポンサーとして支援したり、『あつまれ どうぶつの森』や『The Sims』などの仮想空間ゲームや、3Dアバターソーシャルアプリの「ゼペット(ZEPETO)」などで、アバター用バーチャルメイクやアクセサリーを提供するなど、仮想世界のコミュニティとの関係構築を試みている。

パンデミックにより社会全般でデジタル化が急加速した2021年は、Web3元年ともいえるだろう。パブリック型のブロックチェーンを活用した分散型(大手プラットフォーマーではなく、各個人がオンラインプレゼンスやデータの管理をするモデル)インターネットとしてのWeb3への転換が進みつつある現在、VivaTech 2022は、企業が今まさに探求している消費者エンゲージメントを強める新しい手段や試みを披露する場となった。VivaTechレポートの1回目はロレアルが発表したWeb3、メタバース、NFTについて紹介する。

この続きをみるには

この続き: 5,932文字 / 画像5枚

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

購入済みの方はログイン