見出し画像

フランスで高まる“ビアンネートル”、癒しと美、ソシオエスティシャンの貢献まで

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2021年2月に美容業界の女性マネジメントのグローバルコミュニティ、CEW Franceが開催したウェビナーで語られたテーマは、消費者の間で高まる「ビアンネートル」だ。ホリスティックなケアを提案するプラットフォーマー、顔に特化したマッサージセラピーのスペシャリスト、オーガニックにこだわるドクターズコスメのスタートアップらが登壇した。ロックダウンは解除されたものの、なおもストレスの高い不自由な生活を強いられるなか、フランス式ウエルビーイングのあり方を考える。

心と体の健康「ビアンネートル」をテーマにしたウェビナー

パンデミックの収束がいまだみえないなか、フランスでは消費者の間でビアンネートル(仏語でウエルビーイングの意味) への関心がこれまで以上に増している。ロックダウン中には、美容企業・スタートアップが、Instagramライブでヨガレッスンやヘルシーな料理のレシピを配信するなど、自宅にこもるファンコミュニティのメンタルを支えようとする連帯の姿がみられた。しかし、ロックダウン解除後も、暮らしがすべて元どおりになったわけではなく、不安やストレスを抱えながら孤立した生活が続いており、自分自身で心と体のメンテナンスをする必要性が切実になっている。

そんな状況から、2021年2月11日に、美容業界の女性管理職のための国際組織、CEW(コスメティック・エグゼクティブ・ウーマン) のフランス支部CEW Franceにより、「ビアンネートル」をテーマとしたオンラインセミナーが開催され、マッサージやセラピー、生活習慣まで包括的に助言するドクターズコスメなど、ホリスティックなケアを提供する3企業が登壇した。各社の紹介とともに、コロナ禍で消費者に寄り添う彼らの活動についてレポートする。

ビアンネートル(Bien-être)とは、明確に定義することは難しいが、”心も体も健やかにある状態”とされる。美容、健康、暮らしの分野では、アロマテラピー、ヨガ、瞑想、森林浴、ヒーリング音楽 、健康食品など 、五感に訴える製品やサービスが多い。マッサージやスパもビアンネートルに含まれ、ストレス社会を生きる現代人に「癒し」「健やかさ」をもたらすもの=ビアンネートルと言い換えることもできそうだ。

フランスでは、昔から’’ナチュラル’’なケアを好む傾向があり、たとえば、海水を用いたタラソテラピーセンター(海洋療法)、温泉保養地(温泉療法)、スパ施設など、リラクゼーションや保養・休養を目的とする施設が多数存在する。また、ビアンネートルに関する大きな見本市も複数開催されており、西洋・東洋のさまざまなマッサージやセラピーが紹介されている。

ビアンネートルに特化したプラットフォームHolissence

「ビアンネートルとは、身体と精神のハーモニーだ」と表現するのは、ビアンネートルに特化してホリスティックな情報を発信するプラットフォーム「Holissence」を創業したエロディー・ジャックモンド(Elodie Jacquemond)氏だ。プラットフォーム上では、美容、食事、旅行、あるいは月のエネルギーなど、さまざまな観点から心と体の状態を整える情報を発信するほか、同社が経営する美容サロンのマッサージやセラピー、コンサルティングの予約を受け付ける。また、ポッドキャストでは、ヨガにもとづく心身を落ち着かせる技術のソフロロジー、音の振動を用いるソノテラピーなど、まだ知名度がそれほど高くない施術について、セラピストにインタビューしながらその技術や歴史、正当性を説明している。

同社の美容サロンでは、リンパマッサージの一種であるルナタ・フランサ、アーユルヴェーダのマルママッサージ、スウェーデンマッサージ、カリフォルニアマッサージのほか、フェイシャルケアでは、日本で15世紀から受け継がれる古美道(Kobido)マッサージや、中国伝統療法で天然石のへら、グアシャ(かっさ)を使用したマッサージなどを行なっている。

パリの高級デパートのボンマルシェでは、2020年12月から約2ヶ月間、Holissenceの特設スペースが設けられ、霊気、サウンドヒーリング(ソノテラピー)、指圧、ルナタ・フランサなど6種の施術を提供している。

ボンマルシェの特設スペース
ヨガやピラティスのための
スタジオも開設

同社に所属するセラピストは、複数のマッサージ法をマスターしており、一人ひとりが抱える悩みに合わせてホリスティックな施術の提案が可能だという。たとえば、霊気のセラピストは、ヨガ、ソノテラピー、瞑想、マルママッサージ、スウェーデンマッサージも習得しており、広い視点と見識から、包括的な施術を提供している。

ロックダウン中には、同社のプラットフォームを通して、多くのセラピストが個別のオンラインビデオカウンセリングを提供したほか、Holissenceと女性誌『マダムフィガロ』のコラボレーションによる自宅でできるセルフケアの動画もInstagramで配信された。そのなかで、フェイスマッサージのテクニックをシェアしたのは、今回のウェビナーに登壇した、顔のマッサージが専門のフェイシャリスト、デルフィーヌ・ラングロワーズ(Delphine Langlois)氏だ。

Holissenceと『マダムフィガロ』の
コラボ企画で発信された
デルフィーヌ・ラングロワーズ氏の動画

フェイシャリストが提案する自宅でのメンテナンスケア

ラングロワーズ氏は顔の筋肉に着目した、さまざまなフェイスマッサージを提供するスペシャリストとして注目を集めている。たとえば、上述の日本で受け継がれる古美道では26代目家元の望月正吾氏から学び、口の内側に指を入れて口内外をマッサージするバッカル(Buccal)はメソッドを確立したロシア人整骨医、ヤコブ・ジェルスコビッチ(Yakov Gershkovich)博士から直接指導を受け、その独特の技術を自身のサロンで提供している。また、天然石のグアシャやローズクウォーツのフェイスローラーを使ったマッサージなど、西洋・東洋の隔たりなく、多彩な技術のメニューを揃えてパーソナライズした施術を行う。

最高級ホテルに与えられる「パラス」の称号を持つパリのホテルのスパで13年働いた経験を持つラングロワーズ氏は、「当時、約1時間の施術中に、化粧品ブランドのプロトコルに従って、5〜6種、時には10〜12種類の商品を用いながらマッサージを行っていたが、徐々に、こういった(プロダクト中心の)施術は化粧品の過剰使用、また過剰消費となるのではないかと疑問を抱くようになった」と振り返り、2018年に自身の哲学に基づいたフェイスマッサージ専門の美容サロンをオープンした。

さらに、フランスのエステティシャン養成学校では顔に特化したマッサージを学ぶカリキュラムがないことから、2020年には、同じくフェイシャリストとして活躍するカトリーヌ・ブルジョワ(Catherine Bourgeois)氏とともに、フェイシャリストを育てるフランス初の専門スクールを設立。フェイシャリストという職業の地位を確立し、国家資格として認定されることを目指している。

また、2020年5月にはセルフマッサージのテクニックをまとめたオンライン書籍を刊行し、Instagram投稿などでフェイスマッサージによる自己メンテナンスを積極的に推奨する。

科学的根拠のあるクリーンニカルコスメの需要が増加

またフランスでは、健康志向の高まりとともに、よりパフォーマンスに優れた「クリーンニカル」な化粧品がビューティトレンドの1つになっている。クリーンニカルとは、cleanとclinical(またはmedical)の造語で、たとえばドクターズコスメのように、機能・効能に科学的な裏付けがあり、体に害のない成分であることが保証された処方などをさす。

こうしたサイエンスにもとづくクリーンビューティとして注目されているのは、皮膚科医のシルヴィ・ペレス(Sylvie Peres)氏が、美容外科医の夫と3人の娘とともに創業 した家族経営のスタートアップAlaenaだ。同社は美容と医学的な概念を掛け合わせた「コスメスーティック(Cosméceutique):cosmétiqueとpharmaceutique(薬学)の造語」と自社製品を称しているが、皮膚科医の見地から開発され、体や環境に有害な成分を含まないオーガニックスキンケアであることから、クリーンニカル のブランドといえる。

海洋汚染の問題にも関心が高く
リサイクル可能な容器を使用

Alaenaはスペイン国境に近い海辺の町ビアリッツをベースとしており、スパからスタートしたブランドだ。スパといってもリラクゼーションが目的ではなく、皮膚科や美容外科の手術を受けた患者のアフターケアを目的とし、順調な回復と美容ケアを施すために設立された。

2015年にオープンしたスパには、
日本式の浴槽やハマムも設置

患者の美と健康を第一に考えるペレス氏は、極めて早い段階から患者にオーガニックコスメを勧めた皮膚科医の1人で、化粧品に関しても「成分の危険性を入念に調べ、安全と保証できる製品を処方しなければいけない」という強い思いから、安全なオーガニック成分で作られた、かつ効果が高い製品をラインナップするブランドを立ち上げた。海洋汚染の問題にも関心が高く、パッケージはすべてリサイクル可能な素材を採用、オーガニックコスメの認証機関エコサートも取得済みだ。

同氏は「皮膚は体の状態を映し出す」と話し、化粧品によるケアだけでなく、定期的な運動やバランスのとれた食事などホリスティックなアプローチが美肌のためには必要だと強調する。公式サイトでは、Q&A形式の肌診断が用意され、最後にペレス氏の皮膚科医としてのアドバイスが得られるようになっている。まずは運動や食事、とくに食材・栄養素などについての詳細な助言があり、そのあとに各自に合った同社の商品紹介がある。この情報提供の順序からも、肌の状態を改善するには、日常生活を総合的に整えることが必要とするペレス氏の哲学がうかがわれる。

ロックダウン中は、同社のコミュニティメンバーから送られてくるメールや肌の写真を確認しながら、ペレス氏は個別のアドバイスを送った。未曾有のストレス下で、皮膚科医という専門家から受けたアドバイスは心強かったであろうことは想像に難くない。あわせて、一人ひとりの肌に向き合い丁寧に返答をする姿勢により、ユーザーとブランドの絆が深まったはずだ。

療養中の人のためのソシオエステティシャンの活動と役割

ウェビナーの最後には、CEW Franceから、ビアンネートルに貢献するソシオエステティシャンの活動について、シェアされた。

CEW Franceは会員である化粧品企業からの寄付が活動資金になっている。その資金で会員にとって有益なセミナーを開催したり、女性のエンパワーメントに関する活動などを行っているほか、1992年からは、病院に入院中の患者に無料で個別のスキンケア、メイク、マッサージ、香りのワークショップを提供し、患者の自己イメージの向上や自尊心を取り戻すための社会的な活動を行なっている。年間予算100万ユーロ(約1億3,000万円)のうち90%がこの活動に使用されており、2019年は仏国内の33施設で、37名のソシオエステティシャンにより、3万6,000回のケアがなされ、2万6,000名の患者が施術を受けた。

ソシオエステティック(Socio-esthétique)とは、人道的・福祉的観点から、精神的、肉体的、社会的な困難を抱えている人に対して、医療や福祉の知識にもとづいて行う総合的なエステティックケアで、施術を通して人を癒し、励まし、QOL(生活の質)の向上に寄与するなど、その人が本来の自分を取り戻すために支援することを目的とする。そして、実際の施術を行うソシオエステティシャンはフランスの国家資格を必要とする職業である。

画像1

患者の体に手を当ててマッサージをする
ソシオエステティシャン
出典:CEW France公式サイト

人間の多くは病気や精神的に不安定な状態に陥ると、心身が健康であることの有り難さを身にしみて思う。CEW Franceは「美とは些細なものではない。人々がより良く生きることを助けるものだ」というメッセージを発信し続けており、人々を美しくする美容は、心を癒やしたり、生きる希望や喜び、また自信を与えるなど強い力を持つことを、ソシオエステティックの活動を通して示している。

ビアンネートルは、人間にとって最も根元的な幸せを代弁するものだ。パンデミックをきっかけに、今までの生活を振り返り、ライフスタイルを見直す人が増えている現在、食事、運動、睡眠、セルフマッサージなどを含むホリスティック美容への評価と関心が高まるのは、自然な流れといえるだろう。

Text: 谷 素子(Motoko Tani)
Top image: Gorodenkoff via Shutterstock

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
32
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp