見出し画像

ロレアル、J&J、アモーレパシフィックなど異業種コラボで深化するパーソナライズ【CES 2023(1)】

BeautyTech.jp

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

パンデミック以来、3年ぶりにフルスケールでの開催となったCES2023を視察したレポートをシリーズで掲載する。第1回は、業界を超えたコラボレーションでのSDGsへの取り組みや、包括性やパーソナライズといった消費者ニーズを反映する新製品を発表したロレアル、J&J、アモーレパシフィックなどの美容大手のイノベーションを紹介する。

パンデミック後の日常を取り戻したことを印象づけたリアル展示会

2023年1月3日から8日まで(3日、4日はメディア向けのみ)、米ラスベガスにて恒例の最新技術の見本市「CES2023」が開催された。

2022年は、その直前にオミクロン変異株感染が拡大したことを受け、多くの大手企業が現地参加を断念し、リアルの参加者数は4万人程度にとどまったが、今回は140カ国から11万5,000人が訪れ、広い会場のどこも活気に満ちていた。

展示面積が前年比70%増という会場には、初参加企業1,000社を含む3,200社以上が出展。アマゾン、Bosch、BMW、キヤノン、グーグル、LGエレクトロニクス、マイクロソフト、パナソニック、サムスン電子、ソニーをはじめ、フォーチュン500にランキングしている企業の60%が参加し、最新技術を披露した。パンデミック以前の状況に戻ったかのような盛況ぶりであると同時に、さまざまな生活上の困難に見舞われたこの2年間で、テクノロジーの果たす役割が改めて見直されたことが、CESの活況につながっているとも考えられる。

CESは今回初めて、イベント全体のメインテーマを設定。「世界をよりよい場所にするためにテクノロジーに何ができるのか」との問いを掲げ、国連の「人間の安全保障基金」と世界芸術科学アカデミー(World Academy of Art and Science)が共同で行うグローバルキャンペーン「万人のための人間の安全保障(HS4A=Human Security for All)」をサポートした。

HS4Aは、食料安全保障や医療へのアクセス、個人の収入の確保、環境保護、個人・コミュニティの安全、政治的自由を育むことを目標としており、CES会場にはサステナビリティやデジタルヘルスをはじめとするカテゴリーを設け、グローバルな社会課題に取り組む最新技術が出揃った。人間の未来のために、テクノロジーやイノベーションが重要な役割を担うこと、また、その進歩のためには、業界や国の境界を超えて協力することが必須だとするCES主催者のビジョンが反映されていたといえよう。

ロレアルはパーソナライズ眉メイクガジェットなどで6つの革新賞を受賞

ロレアルは、デジタルヘルス部門で4つ、アクセシビリティ、ソフトウェア&モバイルアプリの各部門とで、合計6つの革新賞を受賞した。

ロレアルは会場内にはブースを設置しなかったが、先行展示イベント「CES Unveiled」会場で「HAPTA(ハプタ)」と「L'Oréal Brow Magic(ロレアル・ブロウ・マジック)」の2商品を展示し、注目を浴びた。

ロレアルのイベントブース

アクセシビリティ部門で受賞したHAPTAは、手や腕が不自由な人の美容ニーズを満たすために設計された、世界初の、AI制御で化粧品を顔の細かい部分まで均等に塗ることを助ける携帯型デバイスである。2023年にロレアルグループのランコムで試験的に導入され、まずは口紅のアプリケーターをリリースし、将来的にはそのほかのメイクアップアプリケーションも開発される予定だ。

HAPTA 
出典:日本ロレアル プレスリリース

世界では、約5,000万人が手先の細かい動作に不自由さを感じており、メイクを含む日常的な動きが困難とされ、HAPTAはこうした人の自立を助け、美の自己表現力を高め、また自信を高めることに貢献するのを目的に開発された。

ランコム グローバルブランド プレジデントのフランソワーズ・レマン(Francoise Lehmann)氏は「HAPTAによって、美容はより多くの人にとって身近なものとなり、私たちはさらに一歩前進した。なぜなら、美とは、誰もが平等に手に入れられるものであるべきだからだ」と語っており、インクルージョンのさらなる深化へのロレアルの意欲がうかがえる。

一方、デジタルヘルス部門で受賞したL'Oréal Brow Magicは、ユーザーの眉と顔の特徴に合わせてカスタマイズした眉メイクを数秒で実現する、世界初の家庭用電子アイブロウメイクアップアプリケーターだ。

L'Oréal Brow Magic 
出典:日本ロレアル プレスリリース

この開発では、韓国サムスン電子の社内ベンチャープログラム発の「消せるタトゥープリント」スタートアップPrinkerと提携し、2,400個の極小ノズルと最大1,200ドロップスパーインチ (dpi) という高解像度の印刷技術を採用している。

このアイブロウアプリケーターは同時にロレアルグループのAR企業ModiFaceの技術により、アプリを使って顔をスキャンすることで、さまざまな眉メイクの提案もできる。ユーザーは自分の顔にバーチャルに施された眉のイメージを見ながら、好きなアイブロウの形、太さ、エフェクトを選択。専用プライマーを眉毛部分に塗り、Brow Magicを眉に沿って動かすことで、プリンターがメイクを施し、トップコートを塗って仕上げる。また、一般的なメイク落としで簡単に落とせるという。発売は2023年内の予定だ。

ロレアルは、このガジェットにより、パーソナライズされた好みの眉メイクがユーザーの技術にかかわらず実現できるようになったとする。加えて、同社のリサーチ&イノベーションのテックインキュベーター グローバルヘッドのギュイーヴ・バルーチ(Guive Balooch)氏は「ロレアルの美の伝統と、美容領域以外の最先端の高度な技術を組み合わせることで、全く新しい美の表現方法を創造することができる」と異業種間のコラボレーションによるメリットも語っている。

そのほかの受賞アイテムも、ヘアカラーの効果に関してユーザーの髪を分析できる「L'Oréal Hair Reader」、2020年に登場した家庭用パーソナライズ・スキンケア&メイクデバイス「Perso」ラインのセラムを調合する「Perso Skin」、LEDライトセラピー機器「Absolue Dual-LED Youth Treatment」、そして、各自の肌トーンにマッチするファンデーションを選ぶ「E-Shade Finder」など、いずれもパーソナライズのニーズを満たすアイテムとなっている。

CES2023革新賞受賞品の展示スペースに並べられたロレアル 受賞製品

異業種コラボで3Dプリントサプリメントグミを発表したニュートロジーナ

ジョンソン・エンド・ジョンソン傘下の「ニュートロジーナ」は、会場内に予約制のクローズドブースを設置。英国の3Dプリンティングサプリメント企業 Nourishedと提携して生み出した、肌の健康のためにパーソナライズされたサプリメントグミ「Nourished x Neutrogena Skin360 SkinStacks」を発表した。

Nourished x Neutrogena Skin360 SkinStacks
出典:SkinStacks公式サイト

2020年にリニューアルしたニュートロジーナの肌分析アプリ「Neutrogena Skin360」を使って肌状態の分析を行ったユーザーが、自らのなりたい肌のゴールを設定すると、AIが各自の肌の悩みに対処するための7つの栄養素を提案。このデータがNourishedのファクトリーに送られ、スイカ、桃、ミックスベリーなど5つのフレーバーから好みの味を選んで注文すると、28日分のサプリグミが3Dプリンティングで製造される。そして、14日以内にプラスチックフリーのパッケージに個別包装された状態でユーザーのもとに届く仕組みという。パッケージにはユーザーの名前が入り、また、パーソナライズされたレコメンデーションシートも同封される。

各種ビタミン、フルーツエキス、プロバイオティクスなど、28種類の栄養素をフルカスタマイズすることも可能だが、発売当初は「エイジレス」「クリア」「保湿」「グロウ」「弾力性」の肌目標別の5種類で提供。毎月、季節や肌の状態などに合わせてフレーバーや目標を変更することもできる。価格は月額49.99ドルだ。

実際に会場でSkin360の肌分析を受けると、コエンザイムQ10、リボフラヴィンなどが配合されたエイジレスを勧められ、サンプルとして提供されたグミは7層のカラフルな見た目で、食べ応えがあり1日1個のおやつ感覚で続けられそうだ。

ニュートロジーナのシニアVP ロベルト・ホウリー(Roberto Khoury)氏は「パンデミックを経て、消費者はこれまで以上に『肌の健康』に関心が高く、知識もあり、また、要求水準も高い。(肌に塗るような)表面的なソリューションだけではなく、(内側からアプローチする)ホリスティックなソリューションを求めている。そして消費者は多様で、それぞれが自分にぴったりの製品を望んでいる」とSkinStacksを開発した背景を語る。

Neutrogena Skin360アプリ
出典:ニュートロジーナの商品資料

同製品のプレスリリースでは、The Benchmarking Companyの調査を引用し「92%の美容製品の購入者は、美の目標を達成するための最善の方法は、インサイドアウト(ひっくり返す)で、つまり、外面の美しさの獲得のためには内側からきれいにすることが必要と信じている」ことが示されている。その意味でも、SkinStacksは、異業種のテクノロジーを掛け合わせることで、ユーザーのビューティニーズに対応した事例の1つだ。

2部門受賞のアモーレパシフィックはIoTスキンケア、スマートファクトリーなど

会場には出展しなかったアモーレパシフィックだが、家庭用スキンケアIoT機器「COSMECHIP」とカスタマイズメイクアップ製造ソリューション「Authentic Color Master by TONEWORK」が、それぞれ家電部門、ロボット工学部門で受賞した。同社はCESで4年連続受賞となる。

COSMECHIPは、有効成分の入ったアクティブチップを挿入することで、オンデマンドで自分だけにカスタマイズされたスキンケア化粧品が作れる家庭用デバイスだ。肌に有効な多数の成分を無水処方しているため、品質を保持できる期間が長く、また、普通の飲料水で溶かしてすぐ使用できるため、使いやすいのが一番の特徴だとする。

COSMECHIP
出典:CES公式サイト

また、Authentic Color Master by TONEWORKは、顔の色(肌トーン)を高い精度で認識できるAIのアルゴリズムにより、顔上の3,448ポイントの色を測定・分析し、色彩学にもとづいてユーザーにカスタマイズしたカラーに調合したファンデーションやリップを、ロボットアームを使ってその場で製造するスマートファクトリーシステムだ。TONEWORKは、アモーレ聖水(ソンス)店、ラネージュ明洞(ミョンドン)店、エチュード新村(シンチョン)店などで体験できる

Authentic Color Master by TONEWORK
出典:CES公式サイト

また、2022年10月にアモーレパシフィックと業務提携を結んだ韓国のスリープテック・スタートアップAsleep(エイスリープ)のブースでは、同社の睡眠データを活用して開発したラネージュのスリーピングマスクや、77年間蓄積した研究技術力にもとづき開発したという、L-グルタミン酸発酵GABA粉末を配合した睡眠の質向上サプリ「Vital Beautie God Sleep Gaba 365」を展示。Asleepの無料の睡眠分析アプリ「Slee」のダウンロードと引き換えに、ラネージュのスリーピングマスクのサンプリング配布も実施した。

Asleepのブース

Sleeは、呼吸音からAIが睡眠の質を分析、眠りの状態をトラッキングするのはもちろん、最も気持ちよく目覚められる時間にアラームを自動設定したり、さらには、「ビーチを散歩した」「部屋で人々が話している」など、自分が見た夢のキーワードを200字以内で入力することで、AIが夢の1シーンを画像生成する機能も備える。アモーレパシフィックは、今後もAsleepのスリープテックを活用し、就寝中の肌にはたらきかけて起床時に美しい肌を実現する製品や、睡眠の質を高めるサプリなどを開発していく意向という。

Sleeアプリ

P&Gはサステナブルな製品開発のため宇宙実験

例年、巨大ブース「LifeLab」を開設していたP&Gだが、今回はリアル、バーチャルともにブースは構えず、セミナーのみに登場した。「Partnering on AI Capability Today to Accelerate Innovation Tomorrow (明日のイノベーションの加速のために、今日の最先端AIと手を組む)」と題したセッションでは、ともに登壇したAI生成のためのデータプラットフォームLabelboxをはじめとするスタートアップとの協働で、消費者ニーズに合致し、かつサステナブルな商品開発にAIを活用していることを述べた。

また、P&Gのシニアディレクター・リサーチフェローのマーク・シビク(Mark Sivik)氏がパネルとして参加した「Astronaut's Perspective from Space(宇宙飛行士が語る宇宙からの視点)」セッションでは、宇宙ステーションに滞在中のNASAの宇宙飛行士と中継でつなぎ、無重力という環境下で、洗剤など、よりサステナビリティな日用品の商品開発につながる実験にP&Gが参画していることが示された。

宇宙ステーションからの中継

美容大手は、化粧品ジャンルにとどまらない多様な異業種企業との技術提携により、自社のノウハウと最先端テクノロジーを掛け合わせることで、サステナビリティ、ヘルス、ウエルネスなど、領域をまたがったイノベーションを加速させていることが、CES2023で示された。

次回は、CES2023の注目テーマの1つでもあり、美容との境界線の融合がますます進むデジタルヘルスカテゴリーでの事例を紹介する。

Text & Photo: 東リカ(Rika Higashi)
Top image: 著者撮影 

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!