見出し画像

サイバーエージェントの「極予測AI人間」が示す3DCG美容クリエイティブの近未来

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

3DCG技術などで制作されたデジタル・ヒューマンを、広告やプロモーションの一環として活用する動きが広まりつつある。こうしたなか、サイバーエージェントは2020年11月、AIとデジタルヒューマンCG技術を組み合わせた企業向け広告サービス「極予測AI人間(キワミヨソクエーアイニンゲン)」の提供を始めた。実在しないモデルを生成するだけでなく、広告効果の高いモデルへと育成を図れるのが特長である。その技術的な仕組みから広告クリエイティブ領域での応用可能性までを、株式会社サイバーエージェントAI事業本部 AIクリエイティブ部門を統括する毛利真崇氏と、サイバーエージェント子会社の株式会社CyberHuman Productions取締役でフォトグラファーの桐島ローランド氏に聞いた。

「デジタルヒューマン」領域の現状

はじめに「極予測AI人間」と深く関わる「デジタルヒューマン(バーチャルヒューマンとも表記される)」領域の概況に触れたい。国内美容業界における活用事例としてよく知られているのは「SK-II」の広告に起用され話題となった「imma」である。2019年創業のAwwが手掛ける3DCG技術によって生み出されたモデルで、Instgramの公式アカウントのフォロワーは33万人(2020年12月現在)を突破。実在のタレントに劣らぬ影響力で、企業の広告に引っ張りだこの売れっ子モデルとなっている。

画像1

imma
出典:Awwプレスリリース

こうした、人々が一般に目にするデジタルヒューマンは大きく2つのパターンに分かれる。

① 実在する人物をデジタル上に再現するパターン
水嶋ヒロ氏がモデルの「Lewis Hiro Newman(ルイス ヒロ ニューマン)」や、堀江貴文氏がモデルの「ホリエ・ロイド・タカフミ」などがその例として挙げられる。

② ゼロから人物をデジタル上に作り上げる(≒実在しない)パターン
冒頭で紹介した「imma」や同じくAww製の「RIA」など、人格が付与された様々な個性のデジタルヒューマンが製作されている。エージェントが管理しているケースがほとんどで、人間のインフルエンサーに劣らぬ影響力を持ち、各種プロモーションに起用されている。

ウエラ プロフェッショナルの
プロモーションに起用されたRIA

さらに最近②の派生として広告領域でみられるようになっているのが、敵対的生成ネットワーク(GAN:Generative Adversarial Networks)によって製作される実在しない人物モデルである。GANとは画像を生成するAIと画像を評価するAIを競い合わせて画像を生成するディープラーニング技術の1つで、素早く大量の画像を生成できる特徴がある。それによって生まれた人物モデルの多くはカタログやストックフォト的な用途で利用されており、immaやRIAのようなキャラクター性は持たない(求められない)、いわば「無名モデル」である。

広告に特化したサイバーエージェントの「極予測AI人間」

サイバーエージェントの「極予測AI人間」は、GANにより実在しないモデルを生成し、広告効果の出るモデルへと育成を図っていくサービスだ。これまでにないポイントとしては、一企業(ブランド)の広告に特化し、かつ、汎用性の高い人物モデルを作れる点が挙げられる。

企業側にとっては、物理的な撮影のプロセスを最小限に抑えつつ、服装やポーズ、シチュエーションなどさまざまなパターンの人物素材を制作できるのはもちろん、実在の人間を起用する時のような契約条件や撮影に関する制約がなく、企業、ブランドの意向に沿った広告表現ができるメリットがまずある。加えて、過去に最も効果が高かった広告のデータをもとに、モデルをその時ごとにチューニングし、より広告効果が望めるモデルへと育てることができる。

「広告効果の出せる」モデルを育成する仕組みとは

「極予測AI人間」は、まずGANと広告効果を予測するAIとを組み合わせモデル画像を作るところからスタートする。次に、背景や髪型、表情などアレンジできるよう3DCG化し、広告用の制作物を完成させる。広告展開後には、再びAIを通じてブランドやターゲットにあった広告効果の出せるモデルへ育成するという流れになっている。

図1

「極予測AI人間」サービスの概要

広告効果を予測するAIには、2020年5月にリリースした「極予測AI」を利用している。「極予測AI」は「極予測AI人間」以外にも広告クリエイティブの最適な素材やレイアウトを抽出する目的で利用されているが、KPIに対し最大で14倍の効果改善が行われ、獲得件数が2.5倍にもなった事例もあるという

「通常、GANによる画像生成では審美性の追及がメインだが、極予測AIを組み合わせることで審美性に加え、広告効果の期待できる人物モデルを作り出している」とAIクリエイティブ部門を統括する毛利真崇氏は説明する。

図1

株式会社サイバーエージェント
AI事業本部 AIクリエイティブDiv統括
 毛利真崇氏

たとえば、女性向けにFacebookに広告を出稿している企業(A社)があったとする。「極予測AI」は、そのA社が過去に配信した広告のクリック数やPV数、資料請求数などの結果を教師データとして学習し、新しく作ったクリエイティブがそれまでの配信実績1位のクリエイティブより効果が上がるか、下がるかを予測する。GANによる人物モデルの生成と極予測AIによる効果判定を繰り返し行わせることで、より広告効果が期待できる人物モデルを作るという。また極予測AIは媒体ごとのアルゴリズムの違いを考慮し、出稿先の媒体にあわせたモデルの生成もできる。

顔生成

GANで大量生成した
架空の人物モデル2次元画像

出来上がったモデル画像は、効果予測上位の10名ほどを候補としてクライアントに提示する。「広告効果」に狙いを定めて生成されたモデルは、ブランド側にとってはそれまで起用してきたモデルのイメージとは異なるタイプの場合もある。3DCG化前の2次元画像を最終納品物として提供することも可能だという。

3DCG化でクリエイティブの品質と拡張性を担保する

実際の3DCG化を担っているのは、サイバーエージェントの子会社でAIや3DCG・フォトグラメトリーなどの先端技術を使った広告クリエイティブやコンテンツ制作を展開する株式会社CyberHuman Productionsだ。

CyberHuman Productionsが2020年4月に
公開した、デジタルヒューマンを起用した
イメージムービーのメイキング。オンラインライブや
ファッションショーなどにおいて多くの
アーティストやモデルを3DCG化するなど、
同社はスキャニング技術やバーチャル撮影技術を
駆使したデジタルプロジェクトを
次々と打ち出している

生成されたモデルの顔画像は3DCGに起こすプロセスを経て、初めて、顔の向きや表情、髪型、シチュエーションなどを自由に変えられるようになるという。それをさらに実写したモデルの体や背景画像と合成し、広告素材を生成する。

「GANで生成された元の画像には表現の拡張性はなく、解像度も小さくスマートフォン以外での展開は難しい。3DCG化すれば、テレビや屋外広告など、より幅広いシーンに対応できるようになる」とCyberHuman Productions取締役で、フォトグラファーとしてCGにも深く関わってきた桐島ローランド氏は説明する。

図1

「極予測AI人間」で作られた広告素材の例

グリーンバックを背景にリアルタイムで人物と3DCG背景を合成し、奥行や鏡面への反映、CG背景素材との前後関係も表現した没入感のある撮影ができる「バーチャル撮影システム」や、CG背景を巨大LEDウォールに映し出し、最先端のLED照明によって高精細なCG背景空間を創り出すことができる「LED STUDIO」など、CyberHuman Productionsの持つそのほかのサービスもあわせて利用すれば、より自由度が高く高品質な広告クリエイティブができる。インターネットのバナー広告はもちろん、紙の制作物からイベントまで幅広い広告シーンに対応するのが他社にないアドバンテージといえるだろう。

画像7

バーチャル撮影システム

画像8

LED STUDIO

また、「最近は、新しいデジタルヒューマンが続々と登場しておりコモディティ化が進んでいる。キャラクター性での差別化が難しくなるなかで『極予測AI人間』のような、インハウスのCG制作がある広告代理店ならではの、広告効果に狙いを定めたアプローチは有効ではないか」と桐島氏は話す。

図1

フォトグラファー/3DCGエヴァンジェリスト
株式会社 CyberHuman Productions 取締役
桐島ローランド氏

サービスの普及に向け、コストを抑える開発に着手

「極予測AI人間」の利用対象として、当初挙げられていたのは、細かなターゲット設計が必要な人材、通販、金融、マッチング業界だが、サービス開始後には、それ以外のさまざまな業界からも引き合いがあるという。撮影に関して制約が多いファッション業界はもちろん、美容企業からもコロナ禍で起用が難しくなった外国籍モデル生成のリクエストがあった。サービスサイドでも「これまで炎上リスク対策などで、人物起用を敬遠していた業種に対しても、表現の幅を広げる観点から提案している」(毛利氏)。

現状、「極予測AI人間」の利用料金は利用形態によって変動しケースバイケースだが、2021年の早い段階で通常の生身のモデルを起用した広告撮影にかかる費用よりも安価にサービス利用が可能になるよう開発を進めているという。

加えて「CGと美容領域は相性がいい分野だと思う」と桐島氏は話す。「たとえばヘアケア製品の広告において定番である、ロングヘアを美しくなびかせる撮影は、これまでとても大変だった。専門のモデルや撮影のスペシャリストを呼んで、実際に髪が綺麗に広がる映像が撮れるまで、何度もやり直し、一晩中かかって撮影していた。CMに著名タレントを起用していても、その髪をなびかせるシーンだけはよく見ると違うモデルということもあった。我々ではそうした撮影時間をCGを使うことで短縮でき、タレントの顔に美しい髪を合成することもできる」(桐島氏)

新しいクリエイティブを生み出すテクノロジーの可能性

「極予測AI人間」は、サイバーエージェントグループの研究者、エンジニア、クリエイター、CG制作技術者、また、クライアントと向き合う広告営業担当者といった各セクションのプロフェッショナルが力を合わせ、さらに広告事業者として同社が配信・蓄積してきたデータから生まれたサービスだ。

その総合力を生かし、広告クリエイティブをアップデートする試みにも挑戦している。毛利氏は「今の生活者は、スマホで写真を撮れば、当たり前のようにフィルター加工してそれをSNSにアップする。今やフィルターされた画像がインターネットの世界のリアルだ。だから広告クリエイティブに使う画像は必ずしも“自然”である必要はないのではないか」とし、今後さらにインターネットの世界と親和性が高く、エンターテイメント性のあるクリエイティブを作りたいと意欲的だ。

それだけではない。サイバーエージェントはコロナ禍の2020年6月、フルバーチャル空間でのファッションショー「Tokyo Virtual Runway Live by GirlsAward」を手掛けるなど、5G×XR(VR/AR/MR)時代に向けた事業開発に積極的に取り組んでいる。

こうした多方面からのアプローチが広告のクリエイティブに波及しすることで、「極予測AI人間」やデジタルヒューマンの活用シーンは増えていくとみられる。さらに、先に紹介したように利用価格を下げるための開発が進められており、実現すれば広告領域におけるデジタルヒューマンの活用が一気に進みそうだ。

Text: 清水 美奈(Mina Shimizu)
Top image & 画像提供: サイバーエージェント

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
23
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp