花王のオープンイノベーションで、技術と消費者ニーズは一貫して融合する

◆ English version: More Than Skin Deep: Kao develops cutting-edge beauty technology through open innovation
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2018年11月27日、花王株式会社は技術イノベーション説明会を開催。発表された革新的な5つのイノベーション技術のうち「ファインファイバー」に関するリツイートは1億を超え、多くの人の関心を集めた。製品化前に本質的な技術を公に発表するのは、花王では初の試みだ。

花王は、1887年の創業以来、持続的な利益ある成長と社会のサステナビリティへの貢献をめざし、「よきモノづくり」を追求している。直近では、2018年度まで6期連続営業最高益、29期連続での増配を達成しているが、さらにグローバルでの存在感を見据え、2017年からは、「自ら変わり、そして変化を先導する企業へ」というスローガンを掲げ、4カ年の中期経営計画「K20」に取り組む。

そして研究資産の活用に関して大きく方針転換を行なうとし、社会課題解決に向けた取組みをさらに強化するために、オープンイノベーションへと舵を切った。

美容企業のオープンイノベーション事例

美容業界のオープンイノベーションは、P&Gが先陣を切っている。そもそも美容に限らず、多くの企業は他社との競合優位性を持つために、自社内での研究や技術開発を行ってきた。しかし、IT技術が発達したいま、技術開発を自社のみで行うのは、競争環境の変化に対応しにくいことや、多大な時間と労力、コストがかかる問題に加え、すでに確立した事業を持つ大企業は動きが鈍くなりがちで、新たなイノベーション創出の難しさに直面する。

そこで、2003年にヘンリー・チェスブロウが提唱した、イノベーションを社外の組織を活用して行う「オープンイノベーション」を採用する企業が次々と現れた。

P&Gはそれに先立つ2000年に、イノベーションの半分を社外調達するという目標を掲げる事業「コネクト・アンド・デベロップメント」をいち早く立ち上げた。技術開発を外部に公募し、自社の革新的な製品開発に活かすことを目的とするこの取組みにより、商業的な成功率が15〜20%だったものが50〜60%になるなど、R&D効率が劇的に改善した。

「コネクト・アンド・デベロップメント」
のページでは、P&Gが求める技術や
アイデアを公開している
(出典:P&G公式サイト)

P&G以外にも、化粧品業界では、ロレアルやユニリーバなどがオープンイノベーションを推進している。また、2013年には欧州がオープンイノベーション2.0を導入し、世界全体に発信しはじめたことにより、世界各地で熱が高まっていった状況もある。自社内だけに閉じた状態でノウハウ蓄積や製品開発を行っていく時代では、もはやなくなっているということだ。

製品中心のモノづくりの限界を感じ方向転換

花王株式会社 研究開発部門 研究戦略・企画部 部長 前田晃嗣氏は同社がオープンイノベーションに向けて動いた理由をこう語る。

「これまで花王は、モノづくりに対する姿勢や考え方を重視し、消費者とは“製品”を中心としたコミュニケーションを行ってきた。しかし、デジタル化が進み、時代とともに情報の伝わり方が変わってきているなかで、製品が完成するまでの過程で蓄積された、製品の効果・効能や安全・安心の根拠となる膨大な研究データやエビデンスが、消費者にはあまり伝わっていないことに対して課題感を抱くようになった。特許をはじめとした知的財産権で排他性を築き、そこに市場をつくっていくというビジネスモデルを見直す時期が来た」。

そこで、まずは製品になる前の段階で同社がもつ本質的な技術を公表し、協業企業に呼びかけ、一緒によりよい製品を開発する過程をみせることで、消費者に対してモノづくりへの姿勢や技術力の高さのアピールが可能になり、それが花王という企業と製品への信頼性につながっていくと考えた。

社内にあったマトリックス運営体制がマッチした

ただし、オープンイノベーションに取り組む企業は急増しているものの、社内にそれを受け入れる体制が整っていなければ頓挫してしまうケースも少なくない。しかし、花王にはもともと「マトリックス運営」という社内体制があり、部署を超えたオープンな考え方が社員ひとりひとりに根づいていたことから、社内での混乱を避けられたという。

花王のマトリックス運営図
(出典:花王)

花王は、経営の根幹に、科学の目で物事の本質を追求する「本質研究」を置いている。この本質研究の礎となる「基盤技術研究」は、「ヒト」と「物質」の2つのカテゴリーからなり、双方において知恵と技術の種を保有し、多種多様な本質研究を行っている。そして、花王の研究力をさらに強固なものにすべく設置されているのが、この「基盤技術研究」と双方向的な解析でつながる「価値開発研究」であり、上記の概念図で示されるマトリックス運営体制だ。

「基盤技術研究」では、技術の種や未知の現象を深く追究して応用の可能性を明らかにし、「価値開発研究」では、消費者ニーズを考慮しながら、新たな原料・技術をどのように応用し、商品化するのかを広く追究する。

一例として、花王に届いた消費者の声はデータベース化されており、研究者たちは自由にアクセスできるようになっている。研究者自身が、消費者の声につねに接しながら研究開発に取り組むことができるわけだ。つまり、商品企画の中心にも常に研究者たちが関わっており、そこで生まれたアイディアをどうマネタイズしていくか、消費者とどうコミュニケーションしていくかについても、開発と同時進行で検討が進められる体制が整っている。

こうした“消費者に常に寄り添う研究者”の土壌のなかから、日々さまざまなイノベーションが誕生しており、現在、稼働中の技術テーマは数百に及ぶという。そのうち、いま公表するに最もふさわしいという観点から5つのテーマが選ばれ「技術イノベーション説明会」で発表された。その後の反響や進捗なども含め、改めて内容を紹介しよう。

●皮膚を超える皮膚「Fine Fiber(ファイン ファイバー)技術」
小型の専用装置にセットしたポリマー溶液を、直径約0.5μmの極細繊維として秒速120kmの速度で肌に直接噴射することで、肌表面で積層型極薄膜を形成させる技術。肌表面を均一になめらかに整えるだけでなく、通気性、透湿性、皮膚への追随性に優れており、皮膚呼吸が可能な状態のまま繊維と繊維の間に化粧品製剤をしっかりと保持することができる。また、縁に向かって薄くなるので肌との境界が見えにくく、端面がないのではがれにくいという特長もある。

以前の記事で紹介した資生堂のセカンドスキンとは異なり、肌表面で重合反応(ポリマーを合成することを目的にした一群の化学反応)をさせて膜化するのではなく、プラスに帯電したボリマー溶液を、マイナスに帯電している皮膚に勢いよく噴射し、極細の糸を紡ぐ「エレクトロスピニング法」という技術が用いられている。発表後、医療分野からの問い合わせも多く、スキンケア、メイク、治療領域においてさまざまな活用が検討されており、2019年中に実用化を目指している。

●バイオIOS
洗剤の洗浄成分である界面活性剤の原料となる炭素数が12から14の油脂原料は、総油脂原料のわずか5%しかなく、少ない流通原料をメーカーが競って入手しているのが実状だ。花王は、世界の人口増とともに原料不足に陥ることを見据え、これまで洗浄には不向きとされていた、アブラヤシの実から食用のパーム油を採取する際の搾りカスである長い炭素数の固体性状油脂を、洗浄用途に適した成分に転換させた「バイオIOS」を開発した。

バイオIOSの分子構造モデル(出典:花王

界面活性剤は、分子内に油になじみやすい親油基と水になじみやすい親水基を併せ持つ分子種のことをいうが、バイオIOSは、長い親油基の中間部に親水基を有する特殊な構造で、水にも油にもなじみやすく、かつ低温度、高硬度水でも水によく溶けて機能を発揮する。衣料用濃縮液体洗剤「アタック ZERO」の主な洗浄成分として実用化され、2019年4月1日から発売を開始した。

●RNAモニタリング
顔の皮脂から1万3,000種類のRNA※を単離し、分析できる技術。RNAは血液中のホルモン濃度や体内状態と深く関係していることがわかってきており、アトピー性皮膚炎などの疾患を自覚症状に頼ることなく見つけることや、その日の肌状態に合わせたスキンケア提案が可能になる。健康診断に応用されれば、予防医学にも役立てられる可能性がある。現在は、疾患とRNAの関係を研究する共同プロジェクトが進行中だ。

※RNA:リボ核酸。生体の状況によって変化するので「健康状態のサンプル」となる反面、不安定で壊れやすく、DNAのように取り出して状態を確認するのは難しいとされてきた。

そのほかにも、イメージ通りの髪色を提供する技術開発にも取り組んでいる。メラニン色素のもとを髪の毛につけて自然な黒髪色を実現する技術はすでに白髪ケア「リライズ」に採用されているほか、光の加減で髪色が違って見えるへアカラー用の「レインボー染料」を富士フィルムと一緒に開発した。さらに、毎日の洗髪で髪の毛の色を変えることを可能にするシャンプーなども検討中だ。

また、「パッケージ リサイクリエーション」の一環で、海洋プラスチックごみゼロ、再生プラスチック100%活用、残液ゼロをめざすAFB(エアインフィルムボトル)の開発も進めている。

花王株式会社 研究開発部門
 研究戦略・企画部 部長 前田晃嗣氏
(著者撮影)

前田氏は、「よいモノだけが残り、悪いモノは淘汰されていくことには変わりはない。よきモノづくり精神を共有し、花王らしいオープンイノベーションの場をつくり、技術の出口を広げて、より多様な形で社会に貢献できる商品を消費者に提供したい」と意気込みを語る。

日本の大手日用品化粧品企業として初めてオープンイノベーションを宣言した同社は、日本のみならず、世界の大企業からスタートアップに向けて門戸を開き、ともによりよい製品作りをしようと呼びかけたのだ。その意義は実に大きい。

Text: 小野梨奈(Lina Ono)
Top image: Werner Du plessis via Unsplash


ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
11

BeautyTech.jp

美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

BeautyTech.jp記事

BeautyTech.jpのすべての日本語コンテンツはこちらからご覧いただけます
5つ のマガジンに含まれています