パーソナライズ化とZ世代アプローチ。スタートアップが先ゆく日本のBeautyTech
見出し画像

パーソナライズ化とZ世代アプローチ。スタートアップが先ゆく日本のBeautyTech

◆ English version: BeautyTech MeetUp Tokyo: Best foot forward for beauty startups
◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

世界の各都市に支部を持つスタートアップと支援者のコミュニティBeautyTech MeetUp SF。その一員であるTokyo支部は、4月に引き続き第2回目となるミートアップ・イベントを2018年11月30日に原宿のスマートニュース本社ホールで開催。急速にプレゼンスを高めている旬のスタートアップ9社が登壇し、ユニークなアイディアの披露や意見交換が行われた。

本家のシリコンバレーや、急成長する市場を抱えるアジア各国にくらべ、数が少ないといわれる日本のスタートアップ。だが、ここにきて、大企業には対応が難しい細やかな顧客ニーズを掘り起こし、テクノロジーとマッチさせることで、ビジネスチャンスと事業規模を拡大している企業が現れている。

本部であるサンフランシスコの様子を紹介するTokyo代表、Cosme Hunt Inc. の高橋クロエCEO

今回のミートアップでは、パネル#1に「パーソナライゼーション」、パネル#2は「Z世代に向けたコミュニケーション」、パネル#3が「美容サロンビジネスの改革」として美容関連サービスを手がけるスタートアップが集い、ベンチャーキャピタリスト、投資家のモデレーターを進行役に、ビジネスの現在と未来について語り合った。

今回は前編としてパネル#1と#2の模様をレポートする。

パーソナライズで新しい市場を生む

多民族国家の米国などとは異なり、肌色や髪色、嗜好性といった差異の幅が比較的少ない日本におけるパーソナライズとはどのようなものなのか? 現場で起きていることが知りたいと、パネル#1のモデレーターでiSGSインベストメントワークス取締役 代表パートナーの佐藤真希子氏は問いかける。

この続きをみるには

この続き: 4,293文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf