アマゾンが結局一人勝ち? グローバルな化粧品販売競争、それぞれのブランドの思惑
見出し画像

アマゾンが結局一人勝ち? グローバルな化粧品販売競争、それぞれのブランドの思惑

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2018年第2四半期のアマゾンのビューティ関連品の売上げは9億5,000万ドル(約1,053億円)。化粧品業界大手小売として無視できないアマゾンの成長はさらに続く。

米アマゾンがビューティ関連分野のEコマースで猛烈な攻勢をかけている。

米国の巨大なオンライン化粧品市場におけるアマゾンのシェアは21%にのぼり、2016年にはすでに、オンラインで購入される化粧品の5つに1つはアマゾンのマーケットプレイス経由となっている(CB Insights調べ)。また、アマゾンが、史上最大のショッピングの祭典になったと自ら宣言した2018年のプライムデーでは、1億点を超える商品が購入されたが、そのうちの5%にあたる500万点がビューティ関連の商品だった。

さらに付け加えるなら、2018年第2四半期のアマゾンのビューティ関連品の売上げは9億5,000万ドル(約1,053億円)で、前年比26%増となっている(One Click Retail 調べ)。その存在はすでに強大で、美容業界全体に大きな影を投げかけているといえるだろう。

パートナーシップの長所と短所

大手メーカーにしろ、インディーズやスタートアップにしろ、アマゾンに参加するか否かはブランドにとって悩みどころだ。

一番の利点はなんといっても、アマゾンの圧倒的な集客力に加えて、大規模なロジスティックスと流通ネットワークを利用して、大量かつ幅広い層の消費者にスピーディに商品が届けられるところにある。

しかし一方で、数千ものコスメブランドがマーケットプレイスにはひしめいており、競争は熾烈だ。値下げ合戦になる可能性も高い。あわせて、デジタルストアの棚に横並びしながらブランドポリシーを貫くのは困難で、顧客とダイレクトにつながりパーソナルな関係を築く機会も失われる。

この続きをみるには

この続き: 5,039文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf