ヴィーガンコラーゲンや廃棄物活用などサステナブル化粧品原料の開発ラッシュ
見出し画像

ヴィーガンコラーゲンや廃棄物活用などサステナブル化粧品原料の開発ラッシュ

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

地球環境保全に向けた世界的な消費者意識の高まりは、クリーンビューティ製品の需要をますます押しあげている。これを受けて、より“クリーン”な化粧品原料の開発が急速に進み、ヴィーガン認証コラーゲンや、第2のレチノールと称されるバクチオールなど、市場へのインパクトも大きなナチュラル原料が次々と登場している。国内外の話題の成分を中心に一部を紹介する。

米国の調査では、Z世代の86%とミレニアル世代の84%が、「サステナブルな商品かどうかは購入決定に影響を与える」と答えている。このトレンドは世界各地に広がっており、こうした消費者意識に対応するため、サステナブルな化粧品原料の開発が原料メーカー、化粧品会社で活発になってきている。テクノロジーを駆使して開発された環境ダメージの少ない新原料や、廃棄物の再利用など、クリーンビューティを支える化粧品原料について紹介する。

ヴィーガンや生分解性など最新技術で生まれた原料

化粧品原料開発の現場では最新技術を活用してクリーンな製品開発を前進させ、これまで存在し得なかった新しい原料が生み出されている。

♦︎ヴィーガンコラーゲン

JLand Biotechは2020年9月、ヴィーガンクオリティのコラーゲン「ビオラーゲン(Biollagem)」を発表した。コラーゲンは従来、動物や魚を由来に精製されるものだが、ビオラーゲンは完全に非動物性で、Vegan Societyの認証も取得している。

JLand Biotechでは、特許を取得した独自の発酵技術を利用し、菌類のピキアパストリス(Pichia pastoris)酵母からコラーゲンを製造することに成功した。このヴィーガンコラーゲンは、拒絶反応のリスクが低い非アレルギー性で、動物性コラーゲンの200倍のパフォーマンスを発揮することが確認されている。

皮膚真皮の繊維成分の90%を占めるコラーゲンは、細胞と細胞をつなぎ合わせる役割を持ち、肌の弾力を保つ働きをするため、保湿やエイジングケアに効果的な成分であり、多くの化粧品で使用されている。ビオラーゲンは、フェイシャルマスクやクリーム、ローションなど、さまざまな製品に配合することができ、動物性成分を避けるベジタリアンやヴィーガンの消費者が増えている化粧品市場に大きなインパクトを与えると考えられる。

この続きをみるには

この続き: 4,250文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf