オルビスのIoTサービス「カクテルグラフィー」、3カ月めの手応えとこれからの展開
見出し画像

オルビスのIoTサービス「カクテルグラフィー」、3カ月めの手応えとこれからの展開

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

独自開発のIoT肌測定デバイスとアプリにより、パーソナライズしたスキンケアを届けるオルビスの新サービスがリリースされて約3カ月。ユーザーの反応や、みえてきた課題、今後の展望についてレポートする。

オルビスがリーチできていなかった層の取り込みに成功

オルビスは、いつでも自宅で自分の肌測定ができるIoTデバイス「skin mirror(スキンミラー)」を用い、一人ひとりにパーソナライズしたスキンケア3本セットを1カ月ごとに届けるサブスクリプション(定期販売モデルサービス)「cocktail graphy(カクテルグラフィー)」を、2021年4月12日にスタートした。

そこから約3カ月を経た現在、販売状況やユーザーの反応など、初動はどのようになっているのか。プロジェクトリーダーであるオルビス株式会社 新規事業開発グループ グループマネジャー 田村陽平氏に聞いた。

「手応えとしては、良い面と今後の課題の両方がみえてきたというのが、率直なところだ。良かったこととしては、獲得ユーザーの構成比率で、これまでオルビス商品を使用されたことがない新規顧客が3割を占め、一度以上は購入されたが、過去1年は買っていただけていない“スリーパー”と呼ばれる層が約2割となった。オルビスのコアファンだけではなく、新しいユーザーにもリーチするという目標は達成できていると思う」(田村氏)

あわせて田村氏は、年代別のユーザー構成についても「30代45%、40代25%、20代20%」となっていると明かし、「30代がメインであるのは、ほぼ想定どおりで、むしろ、20代が思った以上に興味を持ってくれている」と話す。

一方で、「カクテルグラフィーがどんなサービスなのか、何をやってくれるのかということなど、市場に対して、提供価値を十分に伝えられていない」ことを、田村氏は課題に感じているとする。

この続きをみるには

この続き: 3,308文字 / 画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf