英ラッシュCDOに聞く、NFTからサステナブルまでDXで実現する豊かなブランド体験
見出し画像

英ラッシュCDOに聞く、NFTからサステナブルまでDXで実現する豊かなブランド体験

BeautyTech.jp

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

新鮮な野菜や果物を使って手作りされるナチュラルコスメブランドのラッシュが、原宿にある世界で唯一のLush Labsコンセプトショップに、NFTアートを含むアプリ限定商品の没入体験ができるポップアップスペースをオープンした。デジタルを駆使した実験的なプロジェクトで豊かな顧客体験とコミュニケーションの創出を目指すその戦略について、CDOのジャック・コンスタンティン氏に話を聞いた。

アプリからのみ買える限定ボックスをポップアップで発表

「(ポップアップスペースを開設した)世界でただ1つLush Labsコンセプトショップと称されるLUSH 原宿店は、2019年にバスボム開発30周年を記念してオープンした。私自身、日本からはいつもインスピレーションを受けている。とくに日本の入浴文化から学ぶものはとても多い。原宿を選んだのは、世界に知られる街であり、独特のスタイルや雰囲気を持っているからだ。数年前に来日したときは、あるインフルエンサーの案内で原宿を歩き回ってさまざまなアイディアやヒントを得ることができた。その成果を今回は新商品という形で原宿に持って帰ってくることができてうれしく思っている」

こう語るのはラッシュのCDO(チーフ・デジタル・オフィサー)で、商品開発にも直接携わるほか、マーケティングやブランド戦略など幅広い領域にかかわるジャック・コンスタンティン氏だ。今やラッシュの「ショップの顔」ともいえる、壁一面にむき出しのバスボムがずらり並ぶウォールディスプレイも、原宿店で最初に導入されたもので、同店舗の特別さがうかがわれる。

ラッシュの共同創立者であるコンスタンティン夫妻の息子である同氏は、母親が開発した初期のバスボムを複数の層にするという再開発を行い、お湯のなかでさまざまな効果やバスアートを楽しむことを可能にした立役者でもある。バスボムへの思いはひときわ強いように感じられる。

画像1

LUSH LABS ポップアップスペース

2021年8月20日、ラッシュでは、デジタルによる新しい試みの実験場と位置付けるLush Labsアプリをアップデートして、同アプリからのみ購入できる限定ボックス「ユニコーンプープ ボックス」を発表するとともに、ボックスの世界観をリアルに体験できる期間限定ポップアップスペースをオープンした。

ユニコーンプープ ボックスには、「自分を貫き、夢を叶える」象徴であるユニコーンが落としたプープ(うんち)をイメージした虹色のバスボムやバブルバー、ソープに加え、プラスすることで自分だけのお湯のバスアートが作れるプラスチック不使用のバス用グリッター3種を詰めわせている。また、ラッシュ初のNFT(非代替性トークン)アートが手に入るカードも同封されている。印字されたQRコードを読み込むことで、ユニコーンプープ ボムがデジタルアートとして楽しめる仕掛けとなっている。

この続きをみるには

この続き: 2,212文字 / 画像2枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
BeautyTech.jp
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf