新生WWDジャパンはデジタルと紙、ファッションと美容を融合。その深慮遠謀
見出し画像

新生WWDジャパンはデジタルと紙、ファッションと美容を融合。その深慮遠謀

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

中核とする紙メディアと、ウェブやソーシャルなどのオンラインを融合する「ONE WWD JAPAN」構想を宣言したINFASパブリケーションズ。「WWD JAPAN.com」編集部のもとに、紙媒体を「WWDビューティ」編集部と統合する。メディアのOMOとも呼べるこの構想について、ファッションとビューティ、2つの業界に知見を持つWWD JAPAN.com編集長 村上要氏に詳しく聞いた。

「デジタル化が急速に進むビューティ業界は、OMO化で先んじている。当然、ビューティを扱うメディアについても(OMOを)やらなければならないとずっと考えていた」。なぜ、「ONE WWD JAPAN」を推進するのかという問いに対する、村上氏の答えである。

2020年7月6日、ビューティの週刊誌「WWDビューティ」を発行するINFASパブリケーションズは、“9月から「WWDビューティ」が変わる”と銘打ち、同編集部を「WWD JAPAN.com」編集部に統合し、美容コンテンツのデジタル化をさらに加速させることを発表した。

それに伴い、現在週刊紙の「WWDビューティ」は、サイズを変更しビューティとヘアのW表紙となり、マーケットの定点観測などのデータや業界への提言を盛り込んだ月刊誌として生まれ変わる。そして、毎月第4月曜日に発行する「WWDジャパン」に同封されることが明らかになった。

さらには「WWDジャパン」本紙にも美容コンテンツを大幅に増やし、ファッション×ビューティ連動特集を掲載するなど、大きなリニューアルを行い、パワーアップを図る。

図1

「WWD JAPAN.com」編集部のもとに一本化されることで、ウェブサイトはこれまで以上に美容コンテンツが拡充される見込みで、時事性の高いニュースはSNSを絡めるなど、よりタイムリーな発信ができるとしている。

この続きをみるには

この続き: 2,981文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf