ブラジル「ナチュラ&Co」は有名ブランドを買収、ラテンアメリカ市場を牽引なるか
見出し画像

ブラジル「ナチュラ&Co」は有名ブランドを買収、ラテンアメリカ市場を牽引なるか

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

ラテンアメリカの大国ブラジルの景気回復がまだ途上でもあるなかで、パーソナルケア市場が伸びている。それを牽引するのがブラジル発の一大化粧品企業「ナチュラ&Co」だ。旗艦ブランド「ナチュラ・コスメティコ」を基軸に、「イソップ」「ザ・ボディショップ」「エイボン」を次々と買収、美容専業グループとして世界4位の座を狙う。

市場調査会社ユーロモニターによると、ラテンアメリカでは2017年にパーソナルケア製品の市場が2012年から42.5%もの成長率を見せ、650億ドルに到達。2022年には770億ドルまで伸びると予想されている。

ナチュラ&Coは、1969年にブラジル・サンパウロで創業した世界的なパーソナルケア化粧品グループだ。地元ブラジルの豊かな生物多様性に着目し、ブラジル国内の30以上の生産地域と連携し、アマゾンの植物などを原料にした化粧品を、旗艦ブランドである「ナチュラ・コスメティコ」(以下、ナチュラ)」を通じて、数多くリリースする。セールス展開も独特で、180万人以上在籍する「コンサルタント」と呼ばれる委託販売員による訪問販売方式をとり、消費者に直販するネットワークとオムニチャネルを持つ。

ナチュラ&Coは、環境にやさしい持続可能な企業としてのイメージも推進する。ナチュラでは1983年にブラジルで初めてレフィル製品を販売、2006年には動物実験の完全廃止、2007年にはCO2削減プログラムを、2011年にはアマゾンの森林を守るプログラムを実施。2019年には「世界のサステナブルブランド100」で15位にランクインしている。

世界3大ブランドを買収した理由

その一方でナチュラ&Coは、大手ブランドとして知られるイソップ、ザ・ボディショップ、エイボンを傘下にいれてきた。

まず買収を検討したのが、オーストラリア発のナチュラル系ブランドのイソップだ。イソップの買収交渉は2012年から始まり、4年後の2016年に実現した。イソップは植物由来成分を最大限に活用するナチュラルスキンケアブランドで、ナチュラのブランドコンセプトと親和性が高い。

この続きをみるには

この続き: 1,975文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf