見出し画像

「化粧品業界のテスラ」として韓国の連続起業家が見据える "エンジニアリングビューティ"の世界

BeautyTech.jp

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

韓国でシリアルアントレプレナーとして有名なノ・ジョンソク(Chester Jungseok Roh)氏は、化粧品業界を革新して新たな市場を生み出すという目標を掲げ、スキンケアブランドを有するB Factory(ビーファクトリー)を立ち上げた。ロボティクスやAIほか、最新のテクノロジーを掛け合わせた商品を提供するブランドを保有することで、「化粧品業界のテスラを目指す」と公言している。ノ氏が仕掛ける“イノベーティブな”化粧品の全容と真意を探る。

ハッカー、シリアルアントレプレナー、そして化粧品業界のディスラプターへ

ノ・ジョンソク氏はシリアルアントレプレナーとして数々の業績を残しており、韓国スタートアップ業界では知らない人がいないほど有名な人物だ。大学在学中から起業家として活躍し、過去には、デジタルセキュリティシステム、ブログサービス、モバイルアプリユーザー分析、スタートアップインキュベーション事業をはじめ、VR/AIファッションスタイリングなど、ITおよびソフトウェア分野で次々と起業・成功を繰り返してきた。

B Factory代表を務めるノ・ジョンソク氏
出典:ノ氏のFacebookアカウント

ノ氏が世に名を知られるようになった発端は、1996年4月にさかのぼる。韓国の理数系トップ大学の韓国科学技術院(KAIST)の学生たちが、国内で双頭をなす理系大学の浦項工科大学校の電算室をシステムダウンさせる事件が起きた。どちらがより優秀かと、もともと学生たちの腕試しとして始まったサイバー攻撃は、いつしか大学の威信をかけたハッキング合戦に発展。当時は、世界的にもハッカーという言葉の認知度は低く、この事件は韓国のIT時代の幕開けを予兆させる初のハッキング事件として社会的問題となった。

この事件の際、浦項工科大学校に物理的な損害となるほどの攻撃を加えた首謀者のひとりがノ氏だった。ノ氏は警察に逮捕され罰金刑を受けることになったが、指導教授が「この青年は未来に絶対に大きなことをやり遂げる」と嘆願し、どうにか大学に残れることになったという。

ノ氏はその後、持ち前のIT技術開発能力を駆使して、デジタルセキュリティ企業INZEN(インゼン)を創業し4年で上場させる(売却後、2012年に上場廃止)。ノ氏はその後も躍進を続け、立ち上げたブログサービス企業Tatter and Company(テターアンドカンパニー)を、2008年にグーグルに売却。アジア発のスタートアップがグーグルに買収された事例は、Tatter and Companyが初めてだったという。ノ氏はその後に起業したモバイルアプリユーザー分析企業の5Rocks(5ロックス)も、世界最大のモバイル広告企業Tapjoy(タップジョイ)に売却している。

そんなノ氏が化粧品業界に着目し、B Factoryを設立したのは2020年1月だった。

出典:B Factory公式サイト

ノ氏はB Factoryについて「創業人生の終着点になるだろう」と、韓国メディアの取材に対して話している。これは化粧品事業を最後まで売却する意思がなく、自身が代表として経営し続けるという意味だ。つまり、化粧品業界にビジネス的な期待を寄せていることを示唆する。

その理由として、ノ氏は「(化粧品は)韓国的な強みを備えつつグローバル化された分野であること、ソフトウェア技術と融合できること、また人間の本能的な欲求に根付いている産業であること」の3つを挙げている。ノ氏はエンターテイメント産業と教育産業もそれらの条件にあてはまるとしながらも、とりわけKビューティの潜在的な成長力に着目した。「韓国にとって最も強みを持つ分野であるにもかかわらず、デジタルへの転換がまだまだ進んでいない」からだとノ氏は話す。では、IT業界で数々のサービスを立ち上げてきたノ氏は、どのようなプロダクトを世に仕掛けようとしているのだろうか。

B Factoryが保有するパーソナライズブランド「swizzle」とサイエンスベースの「KYYB」

現在、B Factoryが保有しているブランドには、「swizzle(スウィズル)」と、「KYYB(キーブ)」の2つがある。

出典:swizzle公式サイト

B Factoryの最初のブランドであるswizzleは、ロボティクス技術を用いてオーダーメイドスキンケア化粧品を製造・販売する。アプリを通じてユーザーが肌状態や好みなどを選択すると、その情報がアーム型の協働ロボット(従来の大型産業用ロボットとは区別される人間と一緒に働くロボット)に伝達され、各ユーザーに適した成分を調合し梱包した製品を届ける。昨今、韓国ではLILLYCOVERなど、スマートファクトリーを活用した化粧品製造をするビジネスが登場しているが、B Factoryも自動化技術を武器にパーソナライズされた商品提供をする企業のひとつといえる。

B Factoryは、2022年10月、ユーザー各自に合ったコスメ、ホームケア、食生活管理などの情報を提供するビューティコンサルプラットフォームのB.M.S(ビューミス)との提携を発表。より深化したパーソナライズのための有効成分レシピを協働で開発し、swizzleブランドのオリジナル商品の製造を目指す構えだ。

swizzleは大手企業と連携したサービス開発体制を築いているのも特徴だ。B Factoryは、起業直後から化粧品OEM事業者の世界的大手COSMAX(コスマックス)と提携。swizzleの商品を製造するロボットが配置された工場は、韓ソウルのCOSMAX 板橋(パンギョ)オフィスの近くにある。また、ノ氏はCOSMAXの会長肝いりで設置したデジタル事業部の教育・諮問も担当。同社が開発するパーソナライズシャンプーのプロジェクトにも参与している。

一方、もう1つのブランドのKYYBは、肌に有効な成分を極小ナノサイズに変換し、皮膚吸収力や浸透力を高めた化粧品を開発する。同ブランドの根幹となる技術は、KAIST出身で薬剤の投与経路を最適化する技術を持つSCAI Therapeutics(スカイテラピュティクス)のキム・チョルファン(Chul Hwan Kim)CEOが開発したものだ。

出典:KYYB公式サイト

SCAI Therapeuticsは、水やほかの液体に溶けない性質(=難溶性)を持つ物質の溶解度や、細胞透過性および薬物の生体利用率(薬物が体内に入って生体に利用される比率)を最大化させる技術を開発している。現在、薬物の多くが難溶性で、その利用や効果にはさまざまな制限があるとされる。そのため、有機溶剤(ほかの物質を溶かす性質を持つ有機化合物の総称)、界面活性剤、ポリマーなど、ドラッグデリバリーシステムを向上させる多様な方法が登場しているが、いずれも「可溶性」を大きく促進させるには限界がある。

こうしたなかで、SCAI Therapeuticsが開発している原料やMOASIS(Molecularly Associated Innovative Substance)という、溶解度をあげる薬物伝達技術プラットフォーム を使用することで、有機溶剤をほとんど必要とせずに物質の水への溶解度を高めることができるとする。キム氏は自身の開発した技術について「分子構造を変えて水と油を混ぜる技術」と端的に説明し、化粧品との相性について次のように話している

「肌は水が入らないように油膜で細胞を保護する。そうでなければ、浸透圧現象のせいで水が肌に入るたびに膨らんでしまう。しかし、油膜のせいで細胞をしっとりさせる水分もまた肌に供給されにくいため、人間の肌は老化していく。老化を防ぐためには皮膚細胞に十分な水分を供給しなければならない。(中略)市中に出回っている既存の保湿剤は肌の油膜を貫通できず、0.1%も細胞に染み込まない。人々はこれを知らず、肌の表面についてはすぐに飛んでいく保湿剤を使い続けている」(キム氏)

ノ氏とキム氏は同じ大学出身かつ起業家であることから面識を持ち、最先端のテクノロジーを使った「未来の化粧品」を開発したいという思いで一致したという。

現在、KYYBは肌を通過できない高分子物質であるヒアルロン酸を、細胞まで透過可能な5ナノサイズに変換して配合したアンプル化粧品「KYYB Youthify Ampoule with Hyalcharger™」の販売を開始しており、2022年11月中にはヒアルロン酸の含有量を高めた製品を追加して発売する予定だ。

「KYYB Youthify Ampoule with Hyalcharger™」
出典:KYYB公式サイト

ITとサイエンスでまだ存在しない化粧品をつくり「化粧品業界のテスラ」へ

ノ氏は「市場にすでに存在する化粧品は、改めてつくる必要がない。品揃えを増やすための化粧品もつくらない」として、この世に未だ存在しない「未来の化粧品」を商品化していくブランド方針を貫く姿勢をみせている。

ノ氏はswizzleやKYYB、また他ブランドの展開を通じて「化粧品業界のテスラを目指す」と語っている。「電気自動車メーカーのテスラは、自動車産業という伝統産業にITの強みを持ち込み、10年で転機を迎えた。ほかのメーカーが真似できないオートパイロット(自動操縦装置)というソフトウェア技術を持っていたためだ」として、ノ氏は「テスラが(販売した)自動車数万台から得られたデータで車体性能をアップデートするように、化粧品もソフトウェアで着実に改善できる」と自信をみせる。すなわち、B Factoryもソフトウェア技術や自社にしかないテクノロジーを活かした商品開発を進めることで、化粧品業界に新たな市場をつくるとの意志をテスラになぞらえている。

あわせてノ氏は、「我々は現在、非常に少数のユーザーだけが興味を持つ化粧品をつくっている。人々からみれば、B Factoryはまったく市場を理解していない会社として映るかもしれない。しかし、私の目標は『未来の大衆』を創り出すことだ」とする。

「たとえば、今やユーザーは自動車に乗るという機能だけではなく、デザインやオプションを組み合わせて自分に適した車の在り方を楽しむ。これはファッションも一緒だ。しかし、化粧品はまだその段階ではない。自分の肌にどんな課題があり、どのような成分をどれだけ使えば良くなるのかを学習し、成分を組み合わせて使うアーリーアダプターグループが登場した段階だ。だが、彼らが未来の大衆になることは間違いない」とノ氏は断言する。そして、ノ氏がいうところの「自分たちエンジニアが生み出す“エンジニアリングビューティ”」を通じて、「未来の大衆」とともに市場を牽引することを目標に掲げている。

Text: 河 鐘基(Jonggi HA)
Top image: B Factory

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!