CareOSがスマートミラーを、YouCamがバーチャルメイクを劇的に進化【CES2019】
見出し画像

CareOSがスマートミラーを、YouCamがバーチャルメイクを劇的に進化【CES2019】

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE : https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

前回に続き、CES2019レポート2回目は、これからのスマートミラーやバーチャルメイクといったまさに美容領域のテクノロジーを大きく進化させていくであろう注目の2社を紹介したい。新時代のスマートミラー・プラットフォームとも呼ぶべきOSを開発するCareOS、そしてバーチャルメイクYouCamに「提案」を持ち込むPerfectだ。

CareOSがスマートミラー勢力図を塗り替えるか

数あるビューティテック関連の展示のなかでも絶えず人を集めていたのが、AIとARを搭載したフランス発のスマートミラー「CareOS Artémis」だ。CES Innovation Awards 2019を受賞している同製品は、フランス企業Baracodaグループの子会社で、2017年に創業したばかりのCareOS社が開発・提供している。

親会社のBaracodaは、健康、福祉、セキュリティ分野の課題解決を、IoT、AI、ARといった最新テクノロジーで試みるフランス企業だ。創業時の2001年に発表したBluetoothバーコードスキャナーに始まり、昨年公開されたARスマート歯ブラシまで、これまでグループ全体で数多くのテクノロジー製品やサービスを輩出してきた。現在はCareOSを始め7つの子会社を抱える。また、パリとシリコンバレーにはR&Dユニットを、デザインオフィスは香港に、自社の製造施設はフィリピンにと、世界に拠点を広げているという特色もある。

画像1

CareOS社は、昨年のCESでバスルーム用に設計された第一段階のスマートミラーを出展した。2019年の今回は、さまざまなビューティーやヘルス関連のIoTデバイスをつなげる「CareOSプラットフォーム」のいわばハブとなるスマートミラー「CareOS Artémis」としてのお披露目となった。CareOSプラットフォームは、特許も出願中だ。

CareOSプラットフォームにつながったミラーは、拡大鏡から視力検査、肌分析、ARによるヴァーチャルメイクや、メイクアップやヘアスタイリングのチュートリアル、フィットネスコーチング、栄養士などとの電話相談、大気汚染の状況チェック、照明やシャワー設定の音声コマンドなど、およそスマートミラーが今後持つべき機能をフルで搭載するようなイメージだ。

すでに50以上のIoTデバイスやサービスとつながっており、(下記の図参照)このことにより、設置場所も自宅からホテル、スパ、ヘアサロン、リテールに拡大。それぞれのパートナーのサービスをCareOS Artémisと連携させることで、スマートミラーが設置されたさまざまな場所から各サービスを利用できる。

この続きをみるには

この続き: 2,929文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf