欧州の注目インディー4ブランドにみる「環境」と「多様性」への希求
見出し画像

欧州の注目インディー4ブランドにみる「環境」と「多様性」への希求

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

欧州のインディーコスメシーンが盛り上がっている。2018年10月にはロンドンで欧州初となる「Indie Beauty Expo」が開催され、有望な新興ブランドが結集し大きな話題となった。そのトレンドも踏まえて、注目のインディーブランド4社をピックアップする。

ヨーロッパの独立系コスメ業界を語る上で忘れてはならない5つのトレンドが、「クルエルティフリー(動物実験なし)」「オーガニック」「ヴィーガン」「グルテンフリー」「ハラル」だ。クルエルティフリー、オーガニック、ヴィーガンは社会にかなり定着した感があるが、もとはアレルギー対策やダイエットの食事療法であるグルテンフリーが化粧品にも浸透してきたのは興味深い。また、移民の増加などでハラル認定を受ける化粧品が増えているのは、ダイバーシティ(多様性)が注目されていることの証拠だろう。

多様性の促進という流れには大手メーカーも関心を示しており、例えば、昨年末にはP&Gが非白人(people of color)向けのヘアケア製品を手掛けるスタートアップ「Walker & Company」を買収すると明らかにした。また、多様性というくくりでみれば、世界的な動向でもあるジェンダーレスやパーソナライゼーションも入ってくる。

また、独立系と大手のどちらでもマストなキーワードが「環境」だ。最近は特にプラスチックによる海洋汚染や人体への影響がニュースで取り上げられることが多く、環境問題は化粧品業界でも大きな関心事となっている。

こうした状況を踏まえて、2019年に大きな躍進が期待される大注目の欧州系インディーブランドを4つ紹介したい。

◇ Eco Glitter Fun 
環境に配慮したラメを生分解する素材で開発

画像1

画像提供:Eco Glitter Fun

パーティーや夏フェスには欠かせないグリッターメイク。しかし、あのキラキラのもとになるラメは、実はマイクロプラスチックを原料にしているものが多い事実は以外と知られていない。

この続きをみるには

この続き: 1,917文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf