ベルリン発TOAが提唱「生きること」を支える LifeTech、衣食住から美容領域での革新
見出し画像

ベルリン発TOAが提唱「生きること」を支える LifeTech、衣食住から美容領域での革新

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

パンデミックをグローバル規模で経験した世界は今、地球環境の保全という課題に真剣に向き合い、取り組みを進めることを避けては通れない。地球の未来を明るくするためのテクノロジーを考えるテック・カンファレンス「TOAワールドツアー東京」では次世代を見据えたLifeTechが衣食住や美容の観点から語られた。

2012年、ドイツ・ベルリンでクラウドファンディングをもとに立ち上げられたテック・カンファレンス「Tech Open Air(TOA)」は、世界に数あるテックイベントのなかでも、極めてユニークな存在だ。大手テック企業からスタートアップまで幅広い企業が集い、自社のアイディアやサービス、製品を披露して意見交換をするのはもちろんだが、その業種や専門分野は衣食住をまたがる。さらには、アーティストや音楽家、ファッションデザイナーや教育者といった顔ぶれが登壇し、テクノロジーが変えていく未来の可能性について論じるのだ。

そこには、異業種間の垣根を取り払うことで、思いがけない出会いとケミストリーを創出し、互いのインスパイアを促すと同時に、既存の概念にとらわれない協業や資金調達、投資先の発掘などを進め、ビジネスを活性化する狙いがある。事実、これまでにTOAを通して何らかのビジネスマッチングが行われた数は、1万1,945件(2020年6月現在)にのぼることがTOA公式Webサイトに記されている。

そして、TOAの最終ミッションは、TOA共同創設者のニコラス・ヴォイシュニック(Nikolas Woischnik)氏の言葉を借りるなら「地球の未来を今より少しでも明るくすること」にある。TOAはテクノロジーが果たす役割を、人間の暮らしを快適便利にする単なるツールを超えて、生きること、あるいは生命そのものを支えていく鍵として捉えているのだ。

図1

TOA ニコラス・ヴォイシュニック氏

TOAは本拠地ベルリンのほかに「TOAワールドツアー」という派生イベントを世界各国で開催しており、2020年2月26日には、東京で開かれた。そのときのテーマは「LIFETECH(ライフテック)」であり、多彩な登壇者のラインナップとあわせて、まさに、TOAの真髄が浮かび上がるカンファレンスとなった。

クラウドで管理するモジュラー型室内農場

たとえば、“都市の野菜工場”infarmのCEO エレズ・ガロンスカ(Erez Galonska)氏は、クラウド上でAIが光や空調、栄養補給を自動管理し、サラダ野菜やハーブ野菜を育てる、自社の都市型農業プラットフォームについて説明を行った。人口が密集する街中のスーパーマーケットにも設置できるコンパクトなモジュラー型の室内農場は、新鮮な野菜を移動コストなしで供給する究極の地産地消を実現すると語る。また、同じ量の野菜を農地で栽培するのに比べ、2,600万リットル以上の水と、約3万6,000平方メートルの土地がセーブでき、かつ必要な量だけを生産することでフードロスの改善にもつながる。

この続きをみるには

この続き: 3,405文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf