AIとIoTで「カスタムビューティ」時代の到来、牽引するアモーレパシフィックやロレアル【CES2021】 (1)
見出し画像

AIとIoTで「カスタムビューティ」時代の到来、牽引するアモーレパシフィックやロレアル【CES2021】 (1)

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

パンデミックを受け、初の完全オンライン開催となったCES2021。美容領域でも、「快適なステイホーム」や「非接触コミュニケーション」という消費者の2大ニーズに応える製品が目を引いた。イベントレポートの第一弾は、パーソナライズされたレコメンドから一歩進み、ユーザー自身が「カスタムメイド」する美容アイテムのトレンドだ。アモーレパシフィックやロレアルなどの大手企業の取り組みや、多機能と使いやすさを兼ね備えて進化したlululabやCareOSのスマートミラー、進化しつづけるPerfect Corp.などを紹介する。

パンデミック下で変化、パーソナライズから「カスタムビューティ」へ

毎年恒例の世界最大級のテクノロジーショー「CES2021」が、2021年1月11日から14日の日程で開催された。例年は、自動車からゲーム&エンタメまで各業界関係者はもとより、多くの一般参観者を含め、世界中から延べ17万人以上の来場者が米ラスベガスに集う一大イベントだが、今年はオールデジタルでの開催となった。

CES2021専用サイトには、ブースに当たる出展企業の個別ページやセミナー一覧に加え、参加者が興味のある企業やイベントをメモがわりに事前登録したり、打ち合わせの設定、スケジュール管理等が可能な「マイページ」が設けられ、ユーザーのワークステーションとして機能した。また、AIマッチングにより、参加者同士の交流の提案も行われた。

このようにCESの運営自体もデジタル化によるカスタマイズやパーソナライゼーションが進んだが、美容領域でもその傾向は明らかであった。非接触が求められるコロナ下において、バーチャルトライオンやオンラインの各種クラスやカウンセリングが人気を集めるといった現象はすでに2020年に定着した感がある。

これに加えてCES2021では、パーソナライズした提案を受け取るだけではなく、AIによるレコメンドやIoTデバイスのアシストを受けることで、好みや必要にあわせて、ユーザー自身が美容アイテムをオンデマンド&セルフで形にできる「カスタムビューティ」が、身近なものへと急速に進化したのがみてとれた。パーソナライズが進化したかたちでのカスタムビューティ時代が到来したのだ。

アモーレパシフィックの非接触カスタムスキンケア&メイク機器

まずは、CESのHealth & Wellness部門でいずれも革新賞(Innovation Award Honoree)を受賞したアモーレパシフィックの2つのカスタムビューティデバイスを紹介しよう。いずれもAIとIoT技術を駆使したデバイスだ。

この続きをみるには

この続き: 3,375文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf