見出し画像

パーフェクト、3D-AR試着でファッション領域に本格参入、グーグルなどとも連携へ

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

ARバーチャルメイクや髪色シミュレーション、AI肌診断で美容業界のDXを牽引するパーフェクトが、アイウェアとアクセサリーの領域にも3D-AR試着サービスを広げ、ファッション業界に向け提供を開始した。あわせて、2021年6月には、パーフェクト とグーグルおよびFacebookとの新たな提携が発表され、各ブランドが展開するソーシャルコマースの活性化にさらに寄与する意図が明らかになった。パーフェクト株式会社 代表取締役社長 磯崎順信氏へのインタビューをもとに、パーフェクトが描くビジネスの近未来像を考察する。

顔の向きや動きに自然になじむARアイウェアやイヤリングのトライオン

「今回のアイウェアとアクセサリーのバーチャル体験の大幅アップデートは、当社にとってファッションテック参入への第一歩と考えている」と話す磯崎氏。「商品の点数もユーザーの数も多く、化粧品市場よりも大きなアパレル・ファッション市場に、まずは足がかりをつけることに意味がある」として、メイクのARバーチャルトライでは、国内外でデフォルト的な立ち位置を確立したパーフェクトが、培った技術力をもとにファッション業界でも存在感を高めていく狙いを示唆する。

折しも、パーフェクトとグーグルおよびFacebookとの新たな提携が発表され、グーグルでの化粧品の検索結果ページ上でダイレクトにARバーチャルトライができるようになったのをはじめ、InstagramとFacebook上でのバーチャルメイク機能の提供も開始した。今後はファッション業界向けのバーチャル体験機能も拡充していくと予想される。

眼鏡やサングラスのバーチャルトライ機能はYouCamアプリなどに以前からあったが、2021年2月にリリースされた企業向けのアイウェア3D-AR試着サービスでは、ブランドや小売店はパーフェクトが提供するコンテンツマネージメントシステム(PERFECTビジネスコンソール)上に商品の画像をアップロードするだけで、実商品を自動で3D-AR化し、試着体験の提供をより簡単かつスピードアップした。

そして、同6月のアップデートでは、従来は企業側が手動で瞳孔間距離(PD)を入力し、アイウェアのサイズ調整を行う必要があったが、AI技術を導入しPD値の検出を自動化した。アイウェアを試したい消費者がWebカメラやスマホカメラで自撮りするだけで、各自のPD値が計測され、選んだアイウェアの規格が自身の顔のサイズに合うかどうかを正しくチェックできる。

また、眼鏡などを外した状態で顔を前後左右に振るなどした短尺動画を撮り、この動画上でバーチャル試着が可能になった。磯崎氏いわく「強い近視や老眼などで、眼鏡をかけないと画面がよく見えない方に役立つ」機能でもある。さらには、レンズに映り込む風景の設定も可能で、たとえば、ニューヨークのビジネスパーソンをイメージしたデザインコンセプトの眼鏡なら、夕暮れのマンハッタンの街並みの画像を登録しておくことで、実際にアイウェアを着けたシチュエーションに近い体験を与えるとともに、商品の特徴のアピールも叶う。

画像2

一方、イヤリングやピアスのバーチャル体験サービスには、最先端のフェイシャルトラッキング技術が採用されており、画面上で動く耳の位置を正確に認識し、リアルな試着感を実現した。ARデータの作成に必要なのは5種類(正面、後ろ、右、左、斜め45度)の製品画像と、サイズ、色、素材、留め具などの製品情報のパラメーターで、ここに「重さ情報」を追加したことで、顔の動きに対するアクセサリーの揺れ具合を緻密に再現し、限りなくリアルに近い体験を提供できるとする。

スクリーンショット 2021-06-24 10.33.50

イヤリングやピアスの3D-AR試着
顔を動かすと自然にゆれる

パーフェクトはツールと技術を提供、ブランドはそれぞれのユーザー体験を創出

磯崎氏は、パーフェクトは「顔の周りでできること」という観点から、バーチャルメイクAI肌チェックAIスマートシェードファインダーライブヘアカラーなどのツールを開発してきたとして、アイウェアやアクセサリーのバーチャル試着も、その延長線上にあるとする。

メイクのように顔の上に色をのせていくのに比べ、眼鏡やイヤリングのような“物体”のARを作成するのにはより高度な技術が必要だが、前身であるCyberLink時代を含めると25年以上にわたる画像解析技術開発の実績を持つパーフェクトは、他社とは一線を画すARのクオリティを担保できると磯崎氏は自信をみせる。その意味で、ファッションテックの次の段階として、時計や指輪など、顔から離れた部位でのバーチャルトライや、将来的には衣服や小物を自由に組み合わせる3D-ARコーディネート体験の実現も期待できそうだ。

実際、ファッションテックのポテンシャルは、磯崎氏も強く感じている。「(ARは)テクノロジーとしてはかなり完成形に近づいており、新しくやれる分野はそう多くはない。だから、スタンダードなインフラとして業界に根づくにつれ、どうやってARを活用するか、その使い方のほうに新しい動きが出るのではないか。いわば“使い方革命”が起こるかもしれない」(磯崎氏)

たとえば、メイクのバーチャルトライサービスを一から自社ECに実装しようとすると、ローンチまでの工程には莫大な時間とコストと手間が必要になるが、磯崎氏はパーフェクトを導入することで、「ローンチまでの最初の90%はパーフェクトが担う」と説明する。「ブランドは残りの10%の『どう使うか』という部分にリソースを集中でき、我々のサービスをベースに、あるいは複数の技術を組み合わせることで、ブランド独自のロジックによる顧客体験をクリエイトし、ブランドとしてのこだわりや差別化を打ち出せる」(磯崎氏)

Facebook 、グーグル、YouTubeやスナップチャットと提携し横展開を可能に

加えて磯崎氏は、パーフェクトはグローバルなレベルで、グーグルをはじめとする他サービスとの連携を推進していることをもう1つの強みとする。

2019年にはアリババグループと戦略的業務提携を結び、ECプラットフォーム「Tmall」と「タオバオ」上に、パーフェクトのARバーチャルメイクが導入された。また、2020年にはYouTubeでメイクのARトライオンが行える新サービスを発表。ビューティブランドはYouTubeのインストリーム広告にメイクアップ製品のARカタログの表示ができ、ユーザーは動画を視聴しながらバーチャルメイクを楽しみ、気に入った商品があればブランド公式サイトやECページから購入に進める。

そして、2021年6月には「スナップチャット」を運営するSnap Inc.とともに、エスティ ローダーを最初のパートナーとして迎え、スナップチャット上で、バーチャルメイクを活用した購買機能「ダイナミック・ショッピング・レンズ」をリリースした。これはSNS、Eコマース、インタラクティブなAR試着を融合させることで、化粧品の買い物体験をより豊かに向上させるものだ。

画像2

出典:パーフェクト公式サイト

さらには、前述したようにグーグルと提携し、バーチャルメイク機能をグーグル検索結果ページに埋め込み、ユーザーがその場で自身のデバイスのインカメラを起動して、自分の顔の上で気になる商品の色目を試すことが可能になった。同サービスは現在、リップとアイシャドー製品に対応しており、順次商品カテゴリーを拡充していく予定だ。

また、同6月24日には、Facebookとの提携を日本でも正式に発表。ARバーチャルメイク体験をFacebook上の商品カタログやAR対応広告、Instagramショッピングなどのサービスと連携させることができるようになる。

画像4

出典:パーフェクト プレスリリース 

磯崎氏は「パーフェクトの提供するビジネスプラットフォームに製品やカラーなどの情報登録が済んでいるブランドは、これらのパートナーのプラットフォームにスムーズなデータ移行が可能で、一貫したクオリティのサービスを横展開してクロスセルにつなげられる」と、その大きなメリットを示す。すでに、アイウェアとアクセサリーの3D-AR試着にも、海外大手が関心を寄せているようだ。ARバーチャル体験の分野でトップを走るパーフェクトのフィールドは、ますます拡大する方向をみせている。

Text: そごうあやこ (Ayako Sogo)
Top image & photo: パーフェクト株式会社

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。2021年7月19日より月・水・金の週3回配信となり、9月1日にリニューアルを予定しております。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf