パーフェクト、3D-AR試着でファッション領域に本格参入、グーグルなどとも連携へ
見出し画像

パーフェクト、3D-AR試着でファッション領域に本格参入、グーグルなどとも連携へ

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

ARバーチャルメイクや髪色シミュレーション、AI肌診断で美容業界のDXを牽引するパーフェクトが、アイウェアとアクセサリーの領域にも3D-AR試着サービスを広げ、ファッション業界に向け提供を開始した。あわせて、2021年6月には、パーフェクト とグーグルおよびFacebookとの新たな提携が発表され、各ブランドが展開するソーシャルコマースの活性化にさらに寄与する意図が明らかになった。パーフェクト株式会社 代表取締役社長 磯崎順信氏へのインタビューをもとに、パーフェクトが描くビジネスの近未来像を考察する。

顔の向きや動きに自然になじむARアイウェアやイヤリングのトライオン

「今回のアイウェアとアクセサリーのバーチャル体験の大幅アップデートは、当社にとってファッションテック参入への第一歩と考えている」と話す磯崎氏。「商品の点数もユーザーの数も多く、化粧品市場よりも大きなアパレル・ファッション市場に、まずは足がかりをつけることに意味がある」として、メイクのARバーチャルトライでは、国内外でデフォルト的な立ち位置を確立したパーフェクトが、培った技術力をもとにファッション業界でも存在感を高めていく狙いを示唆する。

折しも、パーフェクトとグーグルおよびFacebookとの新たな提携が発表され、グーグルでの化粧品の検索結果ページ上でダイレクトにARバーチャルトライができるようになったのをはじめ、InstagramとFacebook上でのバーチャルメイク機能の提供も開始した。今後はファッション業界向けのバーチャル体験機能も拡充していくと予想される。

眼鏡やサングラスのバーチャルトライ機能はYouCamアプリなどに以前からあったが、2021年2月にリリースされた企業向けのアイウェア3D-AR試着サービスでは、ブランドや小売店はパーフェクトが提供するコンテンツマネージメントシステム(PERFECTビジネスコンソール)上に商品の画像をアップロードするだけで、実商品を自動で3D-AR化し、試着体験の提供をより簡単かつスピードアップした。

そして、同6月のアップデートでは、従来は企業側が手動で瞳孔間距離(PD)を入力し、アイウェアのサイズ調整を行う必要があったが、AI技術を導入しPD値の検出を自動化した。アイウェアを試したい消費者がWebカメラやスマホカメラで自撮りするだけで、各自のPD値が計測され、選んだアイウェアの規格が自身の顔のサイズに合うかどうかを正しくチェックできる。

また、眼鏡などを外した状態で顔を前後左右に振るなどした短尺動画を撮り、この動画上でバーチャル試着が可能になった。磯崎氏いわく「強い近視や老眼などで、眼鏡をかけないと画面がよく見えない方に役立つ」機能でもある。さらには、レンズに映り込む風景の設定も可能で、たとえば、ニューヨークのビジネスパーソンをイメージしたデザインコンセプトの眼鏡なら、夕暮れのマンハッタンの街並みの画像を登録しておくことで、実際にアイウェアを着けたシチュエーションに近い体験を与えるとともに、商品の特徴のアピールも叶う。

この続きをみるには

この続き: 2,221文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf