Kaya、Beardoにみるインドの美容新興ブランドのデジタルマーケティング
見出し画像

Kaya、Beardoにみるインドの美容新興ブランドのデジタルマーケティング

◆English version: Lessons from Indian beauty brands
New English article
◆新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

前回で紹介したように、長い時間をかけて人々の生活支援も行いつつインド市場に進出したユニリーバやP&Gなどの外資系大手のほかに、インドでは2000年代に登場した新興ブランドはデジタルマーケティングをも駆使して短期間に市場に浸透している。今回は総合スキンケアブランドのKaya、グルーミングブランドのBeardoを紹介したい。

インドでいま最も注目したい、テクノロジーを生かした施術と製品を提供する総合スキンケアブランドは、2002年に創業されたKayaだろう。ターゲットはインドの都市部に住む、忙しく仕事や家庭を切り盛りする女性たちで、プレミアムブランドのジャンルに入るいわばドクターズコスメだ。ブランドイメージと直結しているのが、専門の皮膚科医を擁するクリニックだ。全国27都市で約100の、米国FDA認可の施術を実践するクリニックとして展開されている。

画像1

出典:kaya

そこを起点に、スキンケア関連のあらゆる問題解決を提供するというのが同社の試みだ。最先端のテクノロジーを取り込み、一方で顧客ごとにカスタマイズされた丁寧な対応と具体的なスキンケアのソリューションが強みである。クリニックでは、ニキビ、シミ・ソバカス、老化への対応、レーザー脱毛、ボディケアなどが、いわゆる一般的なスキンケアのトリートメントに加えて行われている。

商品ラインナップは、顔、ヘア、ボディの分野で、毎日のスキンケアから特別なケア用品まで13以上のレンジを持つ。アイテムは、オンラインでも、全国に130店舗以上ある Kaya skin barというショップでも購入することができる。

画像2

出典:Kaya

問題解決型のサービスとアイテム

インド人には、現実的な問題解決を優先する(せざるを得ない)ことが多い。哲学的である一方で、目の前に混沌とした社会の課題が山積みになっていることも影響していると思われ、もともと実用的な課題解決にも長けているように思われる。

Kayaのスキンケアでは、悩みのソリューションを提供することに重きをおいている傾向がある。基礎化粧品、といったジャンルは見当たらず、トップページの「Skin Care」カテゴリーからはこのような「肌の悩み」「クリニックのサービス」そして最後に「商品のタイプ」が出てくる。

この続きをみるには

この続き: 3,024文字 / 画像8枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf