ロレアルのデジタライゼーションは「無限」の未来へ【Viva Technology2019】
見出し画像

ロレアルのデジタライゼーションは「無限」の未来へ【Viva Technology2019】

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

「フランスをスタートアップ大国にする」と宣言して、マクロン大統領が推進する欧州最大規模のテックイベント「Viva Technology」(以下VivaTech)が5月16日〜17日にパリで行われた。第4回目を迎える今年は125カ国から、前年比24%アップの12万4,000人が来場、450人以上のスピーカー、1万3,000人のスタートアップ、3,300人の投資家、2,500人のジャーナリストが世界中から集まった。

このイベントの最大の特徴は、イノベーションを起こすリーダーやスタートアップの「出会いの場(ランデブー)」として、世界中からイノベーション関連の人々がパリに集結し、スピーチや展示をみるだけでなく、ライブでイノベーションを「体験」する場であることだ。

会場内では、大手、スタートアップを問わず、互いの課題を共有しながら連携を模索する姿が珍しくない。参加大手企業には、マイクロソフト、IBM、グーグル、保険会社のAXA、フランス郵政公社、SNCF(フランス国有鉄道)などがあり、美容業界からはロレアルとLVMHが大きなブースを出している。言葉だけではない、本当の意味でのオープンイノベーションの場であること、そこに政府がしっかり関与していることに圧倒される。

昨年同様、初日にマクロン大統領が会場に現れたが、今回は単独スピーチではなく、欧州で活躍する5人のスタートアップと椅子を並べて、彼らからの質問に答えるスタイルのステージとなった。その中で、「フランスはシリコンバレーよりもずっと安い」「外国人に魅力的なビザ(フレンチテック・ビザと呼ばれる長期滞在ビザをさしていると思われる)がある」などが、米国や中国の存在をライバル視した発言だと現地メディアでも報じられた。それほど、フランスのスタートアップエコシステムの優位性を強調したのが印象的だった。

画像1

ステージに登場したマクロン大統領と
欧州のスタートアップ

また、別のステージでは、2019年3月末に就任した36歳の新デジタル経済大臣セドリック・オ(Cédric O)氏が「(世界中からファッショニスタが集まる)パリのファッションウィークのように、世界中の投資家やテック業界がパリに注目するようにしたい」と発言した。VivaTechの主催者は、仏大手広告代理店ピュブリシスとLVMHグループ傘下の大手新聞社Les Echos(レ・ゼコー)であり、初開催から4回目で、欧州だけでなく世界からも注目を集めるイベントに成長させた手腕は、これからもさらに磨きがかかっていくに違いない。

昨年はFacebookのマーク・ザッカーバーグCEOをゲストスピーカーとして迎えたことで話題になったが、今年はカナダのジャスティン・トルドー首相とアリババグループのジャック・マー会長がスペシャルゲストとして登場した。

この続きをみるには

この続き: 4,956文字 / 画像15枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf