見出し画像

ロレアルのデジタライゼーションは「無限」の未来へ【Viva Technology2019】

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

「フランスをスタートアップ大国にする」と宣言して、マクロン大統領が推進する欧州最大規模のテックイベント「Viva Technology」(以下VivaTech)が5月16日〜17日にパリで行われた。第4回目を迎える今年は125カ国から、前年比24%アップの12万4,000人が来場、450人以上のスピーカー、1万3,000人のスタートアップ、3,300人の投資家、2,500人のジャーナリストが世界中から集まった。

このイベントの最大の特徴は、イノベーションを起こすリーダーやスタートアップの「出会いの場(ランデブー)」として、世界中からイノベーション関連の人々がパリに集結し、スピーチや展示をみるだけでなく、ライブでイノベーションを「体験」する場であることだ。

会場内では、大手、スタートアップを問わず、互いの課題を共有しながら連携を模索する姿が珍しくない。参加大手企業には、マイクロソフト、IBM、グーグル、保険会社のAXA、フランス郵政公社、SNCF(フランス国有鉄道)などがあり、美容業界からはロレアルとLVMHが大きなブースを出している。言葉だけではない、本当の意味でのオープンイノベーションの場であること、そこに政府がしっかり関与していることに圧倒される。

昨年同様、初日にマクロン大統領が会場に現れたが、今回は単独スピーチではなく、欧州で活躍する5人のスタートアップと椅子を並べて、彼らからの質問に答えるスタイルのステージとなった。その中で、「フランスはシリコンバレーよりもずっと安い」「外国人に魅力的なビザ(フレンチテック・ビザと呼ばれる長期滞在ビザをさしていると思われる)がある」などが、米国や中国の存在をライバル視した発言だと現地メディアでも報じられた。それほど、フランスのスタートアップエコシステムの優位性を強調したのが印象的だった。

画像1

ステージに登場したマクロン大統領と
欧州のスタートアップ

また、別のステージでは、2019年3月末に就任した36歳の新デジタル経済大臣セドリック・オ(Cédric O)氏が「(世界中からファッショニスタが集まる)パリのファッションウィークのように、世界中の投資家やテック業界がパリに注目するようにしたい」と発言した。VivaTechの主催者は、仏大手広告代理店ピュブリシスとLVMHグループ傘下の大手新聞社Les Echos(レ・ゼコー)であり、初開催から4回目で、欧州だけでなく世界からも注目を集めるイベントに成長させた手腕は、これからもさらに磨きがかかっていくに違いない。

昨年はFacebookのマーク・ザッカーバーグCEOをゲストスピーカーとして迎えたことで話題になったが、今年はカナダのジャスティン・トルドー首相とアリババグループのジャック・マー会長がスペシャルゲストとして登場した。

そのなかで、今回フォーカスされたテーマは「Tech for Good」。開催前日には、大統領公邸に世界各国の大手企業のCEOやIT業界のキープレーヤー180名を招いて「Tech for Good」をテーマに会議が行われ、具体的な期限を決めて取り組みがコミットされた。環境、教育、労働、女性のリーダーシップ、ダイバーシティなど、世界レベルで取り組まなければならない問題をVivaTechの時期にパリで話し合うところに、スタートアップ大国を目指すマクロン大統領の戦略がみえる。そのほか、「Europe Tech」「Africa Tech」「Women in Tech」といったテーマについても、カンファレンスやアワードが用意され、注目を集めた。

ロレアルのブースの展示は、一歩先をゆく未来

自国フランスではStation F、英国ではFounders Factory、米国ではPlug and Playと、主要国でインキュベータ施設に投資や支援を続けるロレアルは、早期からデジタル戦略を進めており、2018年は史上最高の売上を記録した。そのうちEコマースの売上は全体の11%、またメディア投資の45%以上がデジタル向けだ。2018年に買収したAR開発企業のModiFaceによる新しい顧客体験の創出もビジネスに貢献しているといわれる。2018年12月には、BOLD Business Opportunitiesというコーポレート・ベンチャーキャピタル(CVC)ファンドも設立され、有望スタートアップに投資を始めている。

ロレアルCEOであるジャン=ポール・アゴン(Jean-Paul Agon)氏と、CDOのルボミラ・ルシェット(Lubomira Rochet)氏のセッションでは、Eコマースの売上比率は伸び続けているが、消費者にダイレクトにつながるEコマースに力を入れるだけでなく、販売協力先であるリテールとの協働も大切であることが力説され、リアル店舗(薬局、スーパー、デパートなど)に「行きたくなる」顧客体験に取り組んでいるとも強調された。

画像2

ロレアルCEOとCDO、大手新聞社
Les Echosのチーフエディターによる
トークセッション

2019年は赤と白が基調のブースを設け、ロレアルグループは、彼らの描く「未来の美」について、4つのテーマである「無限のテクノロジー」「無限のパーソナライゼーション」「無限の創造性」「無限の敏捷性」で展示を行った。

画像3

ロレアル提供 
copyright @Mario Fourmy

「無限のテクノロジー」でさまざまなアドバイスを

まずは、同社が2018年に買収したAR・AI企業 ModiFaceが、ボイス機能を加えて開発したバーチャル・ヘア アドバイザー体験を紹介したい。

今までのAR体験では、自分で試したい色を画面上でタッチする必要があったが、手を使わずに、声の指示だけで自分の髪にさまざまな色のヘアカラーをミラー上部のタブレット上でバーチャル体験できる。今回のVivaTechで初めて発表されたもので、画面上に現れる女性と対話しながら、好みの色を伝えると、即座に髪色が変わる。髪一本一本まで捉えた立体感もあり、リアルな仕上がりだ。元の髪色と左右で比較したり、もう少し暗いトーンにしたいなど、ニュアンスの指示にも対応する。カラーバリエーションも豊富で、青、紫、ピンク、金髪など、実際にはなかなかトライできない冒険色も試せる。最後に、ヘアケアブランド「ロレアル・プロフェッショナル」のカラー専門家(アバター)からアドバイスも得られ、体験だけにとどまらない付加価値を提供する。

ModiFace社員の協力のもと、
バーチャル体験する著者

また、敏感肌のためのスキンケアブランド「La Roche Posay(ラ ロッシュ ポゼ)」は、CES2018で紫外線を計測するウェアラブルデバイス、CES2019でもpH計測するウェアラブルデバイスを発表したばかりだが、VivaTechではニキビ肌の分析アプリ「Effaclar Spotscan(エファクラ・スポットスキャン)」を発表した。

これは、中国のアリババとコラボレートしたアプリで、中国でのみ展開され、約3億人いるといわれるニキビの悩みをもつ若年層を狙ったサービスだ。VivaTech会期中に中国でのサービス開始を宣言するなど、ライブ感あふれる演出もあった。使い方は簡単で、アプリで自撮り写真を撮ると、肌の状態を4段階で診断。ニキビ予防のアドバイスとともに、各自の症状にあったLa Roche Posayの商品がレコメンドされる。

将来的には、ニキビ治療が必要な場合は、アプリ上で提携病院のドクターと会話したり、予約を取れるようになるとのこと。肌の変化をトラッキングできるので、推奨された商品を使いながら、どのようにニキビが改善していくか経過を確認するのも可能だ。

画像4

ニキビ診断中。
著者は4段階中「0」で、
ニキビの悩みはないと診断された

また、ロレアル傘下で米国発のスキンケアブランド「Vichy(ヴィシー)」も、AIを駆使したデジタルスキン診断アプリのサービスを2019年中に開始する。1万件以上の世界中の女性の写真データと比較しながら、肌のエイジング診断を行い、個々人に適した商品を案内する。目の下のシワ、シミ、毛穴など、気になる7つの状態をマトリックスで確認でき、どんなケアが必要かを体系的に理解できる。

画像5

ロレアル提供
copyright @Mario Fourmy

画像6

デジタルスキン診断のアプリ画面

「無限のパーソナライゼーション」を追い続ける

ランコムの「Shade Finder(シェード・ファインダー)」は、専用デバイスを使ってスキントーンや肌タイプを分析し、AIを活用して最適なファンデーションの色を提案してくれるサービス。 2019年内に、世界のランコム1000店舗以上で展開予定だ。

画像7

ロレアル提供 
copyright @Mario Fourmy

あわせて、パーソナライズされたファンデーションの大量生産を可能にする「My Little Factory(マイ・リトル・ファクトリー)」の概要もVivaTechで初めて披露された。膨大なデータをもとに個々にパーソナライズされたアイテムを量産する技術で、近い将来、スマホからネット注文できるようになる可能性もありそうだ。現場で説明してくれた担当者は「パーソナライゼーションが当たり前になる時代を見越して開発した」と語り、ロレアルは、自身の強みをどう活かせば顧客の満足度をあげていけるかをはかりながら、体制を作っていこうとしているのを感じる。

化粧品のパーソナライゼーションは、今まで受け取りまでに時間がかかったり、一部の人にしか利用できなかったが、量産を可能にするMy Little Factoryは「マス・カスタマイゼーションの未来を示す」とロレアルの社員ものべている。

ロレアル全社員が活用できる「無限の創造性」

Instagramなどソーシャルメディアを通じてAIが検出した、世界中の美容トレンドを俯瞰する「360度デジタルウォール」では、メイクアップ、スキン、ヘア、フレグランスの写真を期間やブランドで区切って表示することで、一目でトレンドがつかめる。ハッシュタグのワードを分析して、消費者インサイトやインフルエンサーを見つけるのにも有効だ。ロレアルの全社員はいつでもこのアプリケーションにPCからアクセスでき、プロモーションなどのアイデアソースになっているとのことだった。

画像8

ロレアル提供 
copyright @Mario Fourmy

売り方も、パッケージも「無限の敏捷性」へ

ロレアルの一連の展示のなかでも長い列ができていたのが、「ジョルジオ アルマーニ」の口紅自動販売機だ。ModiFaceのAR機能が組み込まれており、さまざまなカラーをバーチャル体験してから、好みの商品をセレクトする。VivaTechでは、選んだ口紅のミニサイズがランダムに当たることもあり、多くの女性が列をなした。

画像9

口紅自動販売機で
バーチャル体験を楽しむ来場者

画像10

ランダムに当たるミニサイズの口紅

また、パッケージのイノベーションとしては、複雑なデザインのボトルを3Dプリンティングで制作する技術の実演がされた。この技術を使ったランコムの香水が2019年4月にドバイで限定販売されたという。

画像11

ランコムの3Dプリントのパッケージ

下記写真のヴィクター&ロドルフの香水パッケージは、2020年に発売予定。1つのパッケージが完成するまで6時間かかるため、当面は限定品での活用となりそうだ。

画像12

複雑なパッケージを3Dプリンティング中

ロレアルと連携する気鋭のスタートアップたち

また、会場の中央で行われたトークセッションでは、ModiFaceのCEOのほか、Station Fの支援プログラムを受けるスタートアップで、化粧品のためのミニ冷蔵庫を開発する「Beautigloo」や、ロレアルのCVCであるBOLDから出資を受け、香水のパーナライゼーションサービスを提供する「Sillages Paris」の共同創業者などが登壇した。

画像13

会場に多くの人が集まった
トークセッション

画像14

ModiFaceのCEO
パラム・アーラビ(Parham Aarabi)氏

このセッションで「Sillages Paris」のマキシム・ガルシア=ジャナン(Maxime Garcia-Janin)氏は、「ビューティ分野は、ファッション業界よりも、パーソナライゼーションが遅れている」と指摘したうえで、彼らが開発する香水のパーソナライズドサービスについて語った。

ガルシア=ジャナン氏は、元ロレアル社員。27歳の若さで創業し、独自のアルゴリズムで自分だけの香水を作るサービスを立ち上げた。ユーザーは6つの自然成分を選び、サイト上の質問に答えていくだけの方式で、オーダーは5分で完了。この気軽さがミレニアル世代に受け、Instagramのみの情報発信にもかかわらず、発売から3ヶ月足らずで500名の顧客を得た。

画像15

容量・パッケージのバリエーション

市場の香水の平均価格は50mlで約60ユーロ(約7,500円)だ。TPOによって香りを変えたいミレニアル世代のために15mlサイズから用意し、28ユーロ(約3,500円)と手の届きやすい価格に設定している。試供サイズ2mlのみのオーダーであれば、12ユーロ(約1,500円)だ。正規サイズの香水を購入すると、2mlの試供サイズに加え、各自の好みにもとづいてAIが導き出した、気にいるであろう2種類の別の香りも試供サイズで送付される。ちなみに、15mlサイズ以上の香水をオーダーして香りが気に入らない場合は100%返金可能で、若い世代が受け入れやすい仕組みといえよう。

ユーザーにとっては、新しい香りの発見もでき、お得感がある。絶妙な価格設定とあわせて、公式サイトでは視覚に訴えるビジュアルで巧みに香りをイメージさせ、実際に嗅がなくても購入の意思決定をさせる、ミレニアル世代の心をつかむビジネス設計だ。香りの分野は、単価も高く個人の嗜好が大きく影響するため、パーソナライゼーションが早く進むという見方もある。

画像16

出典:Sillages Paris公式サイトより

ロレアルが今回のVivaTechで掲げた4つのテーマにある「無限 = Limitless」というワードには、デジタルテクノロジーを通じて、世界中のニーズや憧れに全対応する思いがこもっているように感じる。そのヴィジョンを具体化するイノベーションがみられたブースであった。

次回は、ラグジュアリー業界のトップを走るLVMHのブースをレポートする。

Text & photo : 谷 素子(Motoko Tani)

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
8
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp