見出し画像

MESHWellやfatch、ファッション業界気鋭のHRスタートアップがつくる「つながり」

◆ English version: Two HR startups are changing how people work in Japan’s fashion industry
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

ファッション業界で「人材」に対する課題を、従来にない発想とテクノロジーでアプローチするスタートアップ2社の試みを紹介する。MESHWellとfatch、それぞれが解決を試みようとする課題は、美容業界のそれとも大きく重なる。

店頭の販売員の即戦力を見つけられるサービス「MESHWell(メッシュウェル)」や、業界特化型のコミュニケーションアプリ「fatch(ファッチ)」など、人材×ITに着目した2つのサービスが相次いで登場した。いずれも従来の慣習から脱却できず人材を活かしきれていない業界の現状を打破する狙いがある。サービスを立ち上げた起業家たちに話を聞いた。

アパレル業界の経験と留学がMESHWell創業の糧に

アパレル業界の、とくに販売スタッフの人材不足を、ブランドや店舗側が働き手を直接見つけられるマッチングサービスで解決しようと取り組む起業家がいる。株式会社MESHWell代表取締役CEOの窪田光平氏だ。

株式会社MESHWell
代表取締役CEO窪田光平氏(右)、
カスタマーサクセス ディレクター
伊藤ゆり氏(左)

窪田氏は、大手アパレル業のベイクルーズの創業家に生まれ、学生時代から販売員のアルバイトに従事。新卒で丸紅に入社後、ベイクルーズに転じ、EC事業の拡大やカスタマーサポートセクションや新規事業の立ち上げに携わった。

「カスタマーサポート事業を担当していた際、顧客の声を分析する機会があった。驚いたのは『接客』というキーワードを分析すると『接客されるのが嫌』というのは少数で『もっと接客してほしい』との声が9割を占めていたことだった。一方で現場の販売員の働き方をみると、商品の出し入れからブログの更新まで業務量が増えているなかで、売上予算や割り当てられた役割と責任も負っていながら給与はここ10年上がっていないという現状があった。頑張って働いているのに成長を実感できず疲弊する現場に課題感を持っていた」(窪田氏)。

そうした現場の課題をマッチングサービスで解決しようと思いついたのは、米国にMBA(経営学修士)留学していた頃だ。米国では、長時間就業する正規雇用ではなく、ライフスタイルや専門性を生かして複数のプロジェクトを同時に組み合わせる働き方をしている人がたくさんいた。調べてみると、アメリカでは、ミレニアル世代(1980~1990年代生まれ)の約半数の1500万人がフリーランスで働いていることがわかった。労働可能人口全体で見ても、副業を含めたフリーランス人口は35%に上るが、一方で日本は17%にとどまっている現実もあった。

「接客は好きだが、妊娠や出産を経るなどして長時間働けなくなって離職していく人たちに対して、アメリカのようなスタイルの働き方を提案できれば、人材として活用でき、店舗の人員不足を解消できるのではないか」と考えた。

国内のアパレル業界でも人材派遣ビジネスは利用されているが、既存サービスでは1週間で最低でも30時間の勤務が必要になる。しかし、それでは個々の状況に応じた働き方をしてもらうのは難しい。そこでより自由度の高い働き方のできるサービスを構想した。サービス名は会社名と同じ、MESHWell。素材のメッシュ地のように編み込む(MESH)という意味と、より良くするという意味のWellを組み合わせた。

元販売員など即戦力を見つけて店舗で働ける仕組み

MESHWellが提供するのは、販売員経験などがあり働く意欲のある「タレント」と、店頭スタッフを探している店舗(ストア)をマッチングするプラットフォーム。タレントは就業希望エリア、日時、報酬などを登録すると、条件にあったストアを検索できる。説明会に参加すればタレント登録が完了し、費用負担はない。ストアや企業側はサービス利用料を支払うことで利用でき、ニーズにマッチした人材を見つけることができる。

メッシュウェルのタレント
(アパレル販売員)仲介の
ビジネスモデル

タレントは販売員経験者に限らず、販売の仕事に意欲のある人なら誰でも登録できる。同社でカスタマーサクセス ディレクターを担当する伊藤ゆり氏も、販売員経験ゼロからタレント登録したひとりだ。伊藤氏の場合、同社のサービス向上のために利用店舗やタレントのインサイトを探るための登録だが、販売員としても高い売上実績をあげているという。

「毎回、いろいろなお店で働くのは、ブランドの背景や商品知識、お店のルールを覚えたりせねばならないから大変ではという声もあるが、どの店舗に行っても接客のベースとなるホスピタリティが大切なことに変わりはない。店頭は人手不足でもあり、お店に入ってもらうだけでストア側にとっては価値あることだ、とタレント側には伝えるようにしている」(伊藤氏)。

実際にタレント向けの説明会でも、顧客体験の向上こそが最大ミッションと繰り返し伝えている。

「最近のお客様は事前に商品情報をインプットしてから来店される。だから販売員の接客スキルとして、商品情報は必ずしも必要ではない。顧客の来店動機を最初に聞き出して、その動機を達成させるため、楽しいお買物体験をサポートすることに徹してくださいとタレントの方々には説明している」(窪田氏)。

報酬など条件はタレントが提示、評価は相互に実施

MESHWellのもうひとつの特徴は、報酬をストア側が決めるのでなくタレントが提示できることだ。もちろん提示額を企業やストア側が合意する必要があるが、個人のスキルに応じて報酬額を上げられ、働くモチベーションを高められる仕組みにした。また、就業後は、売上に加え、ストアとタレントの双方で評価する仕組みを導入した。タレントには「(就業した)お店を他のタレントに紹介したいか』、ストアには「タレントを他の系列店にも紹介したいか」といった簡単なアンケートを行い、評価結果はプロフィール欄に表示される。

昨夏から都内店舗でトライアルを重ね、今年1月に本格ローンチしたMESHWell。4月10日時点で、登録タレントは270名に増え、マッチング回数は180回を超えた。ストア側では、トゥモローランドやエストネーション、フリークスストアなど6社27店舗と契約。店頭にたてば1日で数十万円を売上げ、3,000円と通常の約2倍の時給でも引く手あまたというタレントも出てきた。現在は投資フェーズだが、今後3年以内に売上2億円を達成し黒字化を目指す。美容業界やサロンやスパ業界などサービスの水平展開も視野に入れる。

「ベビーシッターサービスなどと連携して、より利用者の生活に密着したサービスに育てるといった構想も持っている。アパレル業界はまだまだ従来型の雇用が主流だが、ライフステージの変化などで仮に正社員として働かなくなったとしても、MESHWellを通じて、繁忙期などにスポットで店頭に立ってもらえるような、新しい企業と働き手の新しい関係を担えるプラットフォームにしたい」。

組織を超えて個人をつなぐマッチングサービス「fatch」

ITを使って個人が「つながる」ことで業界内のコミュニケーションを活性化させたい。アパレル業界に特化した人材採用ビジネスを手がける株式会社READY TO FASHION代表取締役の高野聡司氏は、窪田氏と同じようにファッション業界を変革したいという想いを胸に、ビジネスマッチングアプリの「fatch」を今年1月末に立ち上げた。

株式会社 READY TO FASHION
代表取締役 高野聡司氏

「どんな人と出会えるか、どんな環境で働くのかによって仕事は左右される。しかし、ファッション業界はまだまだ『会社』と『人』との結びつきが強く、横のつながりが弱いために出会いのきっかけがなく、優秀な人材が埋もれていることを課題だと感じるようになった。そこで、会社という枠を超えて業界の横のつながりを生むサービスを作ろうと思った」。

fatchの使い方はシンプルだ。アカウントを登録すれば個人の興味や目的に応じてこのアプリに登録している別のユーザーをレコメンドしてもらえるというもの。レコメンドは毎日10人、12時に更新され、画面をスワイプすることで「興味あり」「興味なし」に振り分けマッチングを行う。マッチングの成立は、お互いに「興味あり」となった場合のみで、その結果は21時に発表される。ファッションビジネス業界のTinderと呼ばれるゆえんだ。

出典:fatch プレスリリースより

マッチングを適切に行うため登録に一定の審査を設けてはいるが、ファッション業界をゆるやかに定義しておりビューティーなど隣接業界で働く人の登録も歓迎している。「pro fatcher」と名付けられた、高野氏のネットワークを中心として集まった業界の有力者たちもローンチに先行してユーザーとして加わっている。

特徴的なのは、サービスの自由度が高く、多種多様な目的に対応していること。個々のユーザーがそれぞれの使い方でコミュニケーションを図ってほしいとの思いからだ。アパレル業界のさまざまな職種、かつ、ポジションもさまざまな人々がここで出会い、交流しながら業界を盛り上げていってほしいという思いがある。

アプリは現状ではiPhoneのみの対応だが、口コミをベースに登録者数を増やしており、ローンチから1ヶ月間でのダウンロード数は約1000件、ユーザー数は300名を超えた。審査通過率は約3割だという。

口コミでのユーザー獲得をベースにまずは関東圏をプロモーションエリアとして設定し、徐々に関西に広げてゆく考えだ。

「今後予定しているのは登録者を招いたコミュニティイベントと、インターン生を中心としたfatch説明を目的とした企業訪問だ。コミュニティイベントは属性別に複数回、業界交流会の協賛も予定している」。

「つながる」ことがビジネス推進の原動力になる

ただ、fatch単独でのマネタイズは考えてはいない。あくまで、fatchは同社の主力ビジネスである、ファッション業界に特化した採用と求人サービスの『READY TO FASHION』のPRツールという位置づけだ。

「アイデアは単純だが『fatch』のようなサービスは収益性の観点からなかなか実現できなかった。今回ローンチできたのは、人材採用サービスを手がけている弊社だったからこそだと思う」。

将来的には、ファッション業界関係者全体の5%程度となる15万人までユーザー数を増やすことを目標に掲げているが、当面はユーザー数より濃度の高いコミュニティを運営することに注力する。

「最終的には、fatchにより、個人のスキルやナレッジが可視化され、ファッション業界の集合知のようなものが作り上げられたらと思っている。それによって、ファッション業界全体の課題を解決したり、収益性を高められ、ひいては、業界のクリエイションが高まることで、エンドユーザーである顧客も幸せになる。そういうプラスの循環を生み出していきたい」。

早稲田大学在学中から学生団体を立ち上げファッション業界に関わってきた高野氏。当時から共通しているのは、「ファッションは人で加速する」という想いだ。READY TO FASHIONの利用登録者は8000名、利用企業も350社を超えた。主力事業に加え、新たに立ち上げたfatchの両軸で、ファッション業界の活性化に愚直に取り組んでいる。

アパレルや美容業界のHRソリューションなるか

MESHWellは店頭スタッフの、fatchは広義でのHRソリューションだ。業界を俯瞰してみたときに、意欲ある人材と企業やブランドが「出会えていない」という機会損失をできるだけ埋めてプラスに転じ、ブランド側も働き手もハッピーにという社会起業的な側面もある。危機感のより強いアパレル・ファッション業界だけでなく、美容業界にもこういったディスラプターたちの登場が待たれる。

Text: 清水美奈(Mina Shimizu)

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
8

BeautyTech.jp

美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

ビジネス

BeautyTech.jpでビジネスに関する記事をまとめたマガジンです。
3つ のマガジンに含まれています