見出し画像

FacebookがAR広告を開始。先陣を切るのはセフォラやマイケル・コース

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

FacebookがニュースフィードにAR広告を掲載すると発表した。出稿する参加企業としてセフォラやマイケル・コースの名前がすでにあがっている。ビューティ企業のマーケティング手法が大きく変わる転換期の訪れだ。

ワンタップでAR体験

Facebookは、全米を対象に2018年8月からAR広告の掲載をスタートする。最初のテスト広告主として発表されたマイケル・コースに続き、美容業界の一番乗りはセフォラとなることが明らかになった。このAR広告により、消費者はセルフィーで撮った自分の顔でバーチャルに、リップカラーの新色やサングラスのレンズカラーのお試しができるようになる。しかも、アプリを経由する必要もなく、フェィスブックのニュースフィードの画面上からタップするだけでアクセスOKという手軽さだ。

AR広告のサンプルイメージ via Facebook

こうした動きの背景には、米国では月間800万人以上が何らかのARサービスを利用しており、この数は2021年までに1,200万人にのぼるという試算がある(Boston Consulting Group調べ)。Facebookのグローバル・マーケティングの担当者は「人々は自分のためにパーソナライズされた提案を求め、ビジュアル的にインスピレーションがあるショッピング体験をしたいと考えている」と語り、AR広告はブランドと消費者をインタラクティブにつなげ、商品の購入やアプリのダウンロードを大幅に促進するだろうと自信をみせる

一説には消費者の8割が商品情報を知る手段として、紙の説明文を読むより動画を好むといわれる。新聞や雑誌といったマス広告から消費者が離れている裏には、そもそも旧来のマスメディアを見なくなったこと以外にも、美容やファッション関連分野に著しい、肌や髪、体型をコンピュータソフトで非現実的なまでに修正加工した広告写真を信じなくなったことも見逃せない。ユニリーバが行なったアンケートでは、女性10人のうち7人が、広告写真は何らかの加工処理がされていてリアルとは思わないと答えた。その商品を使っても自分の肌がモデルのように毛穴ひとつなく、光り輝くとは大部分の人が考えていないのである。

かくして、広告の主戦場はソーシャルメディアに移りつつあり、Facebookがより「リアルな体験」に近いAR広告にのりだす判断は当然の流れだ。

AR Studioのサンプルイメージ via Facebook

Facebookは2018年5月に、ARコンテンツを作るツールAR Studioの新バージョンを発表し、InstagramやMessengerとも連動させているが、今回のAR広告新登場のニュースにあわせて、広告主向けにモバイル用のオリジナル動画広告が簡単に作れるVideo Creation Kitのローンチも告知した。画像のアップロードやフィルター加工、ロゴの挿入ができるテンプレートという。

巨大マーケットにアプローチ

AR広告そのものは決して新しいものではない。

先駆者であるSnapchatは2017年11月にBMWをスポンサーにARトライアル広告をデビューさせている。これは、表示された画像やビデオをスワイプアップするとブランデッドレンズ(フィルター)が起動するスナップ広告の一種。具体的には、ARを通して、現実世界にバーチャルなプロダクツを映し出す機能を備えたもので、画面上に映る現実の風景にBMW X2の3Dバージョンが現れ、あたかも自分の街の通りや自宅に車が停まっているかのようにみえ、その周囲を歩きまわることができた。

2017年末のホリデーシーズンには、NIKE エア ジョーダン1ゲータレードのプロモーションにもSnapchatのAR広告が使われた。2日間にわたるこのキャンペーンでは、平均的なAR利用時間は45秒で、インプレッション数は400万に及んだ。

Facebookのニュースフィード上に現れるAR広告は、そのままではこれまでのオンライン広告と大して変わりがないように見えるが、ひとたびタップあるいはクリックした瞬間から、ショッピング体験がはじまる。特定の商品を自分自身が身につけたり、周りの環境とどうマッチするのかを、買う前にバーチャルで試用することができ、そして、気に入ったなら、1つの広告のなかで購入まで一気に進むことを可能にする。

Facebookファミリーのなかでも重要性を高めているInstagramのストーリーズはデイリーアクティブユーザー4億人といわれ、アカウントの80%が何らかのブランドやビジネスアカウントをフォローしている。この数値だけ見ても広告マーケットとしてのポテンシャルは計り知れないのだ。

Text: そごうあやこ
Top image: Laurencia Soesanto via Unsplash


ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
5
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp