美容業界が考えるべきメタバースとWeb3、2030年以降のビジネスが激変する世界
見出し画像

美容業界が考えるべきメタバースとWeb3、2030年以降のビジネスが激変する世界

BeautyTech.jp

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2030年〜2040年にかけて多くの人がそこで時間を過ごし、ビジネスの主戦場になると見込まれるメタバースとWeb3の世界。新たな経済圏に向けて、美容業界が考えるべき小売のメタバース化という短期的視点、Web3における分散型社会でのビジネスのあり方という長期的視点の双方で、企業やブランド向けにメタバース対応支援を行うAR/XRソリューション提供企業の株式会社OnePlanet 代表取締役・村上智彦氏に話を聞き、基本的なメタバースとWeb3への理解、そして我々が考えていくべきことを探った。

メタバースはAR/VRを含めたXRの進化、かつアバターとして参加できる空間

「メタバースはまだ漠然とした概念ではあるが、Meta社が提供するOculus Quest 2などのハードウェアで仮想空間を体験できるVR(仮想現実)、そしてVRだけでなくバーチャルメイクアップに代表されるようなAR(拡張現実)や、それらを総称したXRが進化して実現されていく、現在の技術の延長線上にある世界だととらえると身近に感じやすいのではないか」と、AR・XR技術を活用したソリューションを企業やブランド向けに提供するテクノロジー企業、株式会社OnePlanet 代表取締役 村上智彦氏はいう。

OnePlanetはクライアント向けに既存商品の3D化やNFTアイテムのAR化、メタバース空間におけるバーチャル旗艦店の開発支援など、さまざまなXRおよびメタバース関連の開発を行っており、2022年1月には「AR for Metaverse」というサービスをリリースした。さまざまな定義や解釈もあるメタバースについて、美容業界としてどうみるべきかを次のように説明する。

「美容領域でまず考えていくべきは、小売のメタバース化とその空間内でのアバター活用だ。バーチャル旗艦店にユーザーがアバターとして訪れてショッピングができたり、店内にいる美容部員もアバターとして接客したり、メタバース空間を通じて肌診断やバーチャルメイクアップなどのソリューションが提供されるなど、バーチャルとリアルの境目がなくなるような体験ができる場所になっていく。友人のアバターと連れだってショッピングに行くことも可能になるだろう」(村上氏)

株式会社OnePlanet 代表取締役 村上智彦氏

プロフィール/ 2010年、立教大卒。新卒で不動産デベロッパー勤務を経て、2013年に株式会社ビズリーチに中途入社。人事部や新規事業の立ち上げに従事した後、2018年に株式会社OnePlanetを設立。AR技術に特化したスタートアップとして、さまざまな業界の企業へのAR導入を実現する傍ら、XRとメタバースやブロックチェーンが繋がった未来を構想し、自社プロダクト開発やパートナーとの実験的プロジェクトにも積極的に取り組む。Twitterアカウントは@can_murakami 

その空間イメージに近いのがCES2022でPerfect Corp.が発表したメタバースだ。そのバーチャル空間では陳列された製品に接したり、メイクやネイル、髭、サングラスなどのアイウェアほかを、AR技術でトライオンすることが可能になっている。また、同社CEOのアリス・チャン氏のアバターが、メタバースを訪れた顧客に挨拶するブースなども用意されている。

出典:Perfect Corp. 公式サイト

また、2021年にバーチャル旗艦店をオープンした英国ブランドの「Charlotte Tilbury(シャーロット・ティルブリー)」は、2022年にはこの旗艦店をメタバース次元に引き上げることを公言している。

この続きをみるには

この続き: 6,615文字 / 画像2枚

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
BeautyTech.jp
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf