美容アプリMIRA、「悩み」別のユーザー層へのターゲティングが可能なSaaS提供へ
見出し画像

美容アプリMIRA、「悩み」別のユーザー層へのターゲティングが可能なSaaS提供へ

BeautyTech.jp

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

AIによる顔診断の結果をベースに、ユーザーにパーソナライズされたコンテンツを配信する美容アプリ「MIRA」は、ユーザー数の着実な増加を背景に、診断機能のさらなるグレードアップ、そして企業向けにプラットフォームデータを可視化し、コンテンツ配信も可能なSaaS機能「MIRA LINK」を、2021年6月1日に無料トライアルとしてβ版で発表し、同年9月に正式リリース予定だ。MIRAが目指すサービスの未来像について、運営会社であるKINDLER株式会社代表取締役CEO 門脇明日香氏と、プロジェクトマネージャー兼UI/UXデザイン担当 大平共紘氏に話を聞いた。

診断機能の精度向上とB向けSaaSサービス展開へ

画像5

MIRAのアプリおよびプラットフォームとしての全体像は、AI顔診断やカウンセリングを受けたユーザーに、パーソナライズされた顔のタイプや悩みに寄り添った美容コンテンツが届く、新しいアプローチ方法を採用した美容専門メディアだ。

コンテンツには、美容や化粧品関連記事、ファッションアイテム情報に加え、エステや美容整形などのサービス情報、インフルエンサーとのコラボ企画などもある。これまで美容についての悩みを抱えたユーザーは、クチコミサイトなどを通じて自分と似た悩みを持つ人々が発信する情報をひとつひとつ探す必要があった。だが、MIRAでは肌や顔のかたち、パーツについての「診断」で集められたデータをベースに、ユーザーの悩みや特徴を抽出しカテゴライズして記事のレコメンドロジックを組み、ユーザーが自ら情報を探すよりも、その人ごとのニーズにもとづいた有用な情報が自動的に届く設計となっている。

この自分の悩みに寄り添ってくれるというアプローチが、ユーザーからも大きな支持を得て、2021年5月には、前月比250%増の750万PV、450万UU(ユニークユーザー)を達成した。その1年前の時点で約100万UUだったことを考えるとほぼ4.5倍となっており急成長していることがわかる。

今回、SaaSであるMIRA LINKが提供されることにより、企業側にとっては “悩み別にカテゴライズされたユーザー層”をそれぞれ可視化できることを意味し、より精密なターゲティングが可能なメディアプラットフォームとなった。後述するがブランドからのコンテンツ配信も可能で、2021年6月1日からβ版の申し込みを受付中だ。

現在、MIRAでは、このSaaS提供にともない、ユーザー向けには診断精度を高める開発を進めている。アプリ内に搭載された独自開発のAI顔診断機能「フェイススキャナー®︎」の精度向上だ。大平氏は次のように説明する。

画像5

左から代表取締役CEO 門脇明日香氏、
プロジェクトマネージャー兼
UI/UXデザイン担当 大平共紘氏

この続きをみるには

この続き: 2,868文字 / 画像3枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
BeautyTech.jp
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf