見出し画像

ディオールやランコムのビューティデバイスや、AR/VR顧客体験【VivaTech 2022(3)】

BeautyTech.jp

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

欧州最大のテクノロジー展示会、Viva Technology(VivaTech)2022を現地レポートする3回目は、ロレアルやLVMHグループ傘下のブランドが、会場内で展示発表したビューティデバイスやAR/VR体験など、最新のイノベーションや顧客体験について紹介する。

自宅や店頭で体験できる大手ビューティブランドによるデバイスやツール

2022年6月中旬に仏パリで開催されたVivaTechでは、さまざまな産業におけるテクノロジー・イノベーションの最先端や、現在進行中のプロジェクトが展示・発表された。美容関連においては、業界トップのロレアルやラグジュアリーブランドを擁するLVMHが、ビューティデバイスなどのガジェットや、ECとリアル店舗の顧客体験を向上させるツールの提案でも大きな存在感を示していた。また、日本からはジェトロがブースを出展し、化粧品原料の分野で、アップサイクルや廃棄物ゼロを進め持続可能なビジネスモデルの構築を図るファーメンステーションなどが参加した。

LVMHはデータドリブンな製品レコメンド、メタバースがキーワード

世界中でデジタル化が進み、メタバース空間が身近になりつつあるなか、メタバースを含むオンラインもしくはオフラインであっても、消費者に寄り添いながら各自に適した製品を提案し、購入へと導く手法が模索されている。LVMH傘下のディオールは自宅用のビューティデバイスや、香水のミス ディオールの世界観を示すメタバース体験を発表。メイクブランドのメイクアップフォーエバーと、インクルーシブで多様な商品をセレクトするセフォラでは、オンラインとオフラインの双方でデータドリブンな顧客体験を提案している。

ディオール:ホームケアデバイスLED美容マスク

1946年、ファッションブランドとして創業したディオールは、現在、ビューティ部門ではスキンケア、メイクアップ、フレグランス製品に加え、ディオール スパ(Dior Spa)を展開する。ディオールの一部の店舗では、肌測定機器「ディオール スキン スキャナー」を配置、ビューティーコンサルタント(美容部員)が店頭で同機器を使用して、顧客一人ひとりの肌に最適な製品を案内している。

また、パリ市内にあるディオール スパでは、仏企業Lucibelが開発したスタンド型のLED美容デバイス「OVE」を使用したフェイシャルトリートメントを提供しているが、2022年末から、このLEDデバイスをホームケアデバイスとして、ディオールの公式ECサイトからグローバルに向けて販売されることが発表された。

このデバイスは、光療法の一種であるフォトバイオモジュレーション(Photobiomodulation)技術により、目尻のシワのケアや、肌の輝き、はり、皮膚密度を改善するとされる。美容市場に既出の機器と比較して最大といわれる波長635ナノメートルの赤色LED光を放射し、1平方センチメートルあたり15.6ジュールの光を拡散する。皮膚細胞の深くまで作用し、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生成を促すことで、顔全体に生き生きとした印象をもたらすとする。

この続きをみるには

この続き: 6,606文字 / 画像14枚

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

購入済みの方はログイン