中国SuperMonkeyなどWeChatで即予約、都度参加のフィットネス体験記
図1

中国SuperMonkeyなどWeChatで即予約、都度参加のフィットネス体験記

◆ English version: We sweat it out at China’s new WeChat-friendly fitness gyms
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

健康志向を推し進める政府の後押しもあり、中国では若い女性を中心にエクササイズ熱が高まっている。WeChatひとつで、身軽に単発でレッスンプログラムに参加できるサービスも登場。中国都市部で手広く展開する企業2社が上海のスタジオで開催するクラスに、実際に参加体験をした。

北京のビジネススクール長江商学院によると、中国では、この2〜3年で3万7,000カ所以上のフィットネスクラブが新たに開設されたという。また、IBISWorldのレポートでは、中国のフィットネス市場は2013〜2018年にかけて年率10%以上の伸びをみせ、2018年には69億1,000万ドル(約7,600億円)規模に達している。

一方、オンラインでトレーニングプログラムを提供する、中国発のフィットネスコミュニティアプリKeepは、2017年にユーザー1億人を達成し、2018年6月には、ゴールドマン・サックスが主導してテンセントも加わるシリーズDラウンドで1億2,600万ドルを調達するなど、市場は確実に伸びている。

そのフィットネス人気を牽引しているのが中国のミレニアル世代だが、彼らが運動をするハードルを下げてくれるとして支持されるのが、ワークアウトやヨガなどさまざまなクラスにその都度参加ができるレッスンサービスだ。

WeChatで完結、グループクラス特化型のSuper Monkey

まず、体験したのは、Super Monkey(超級猩猩)のクラスである。現在、北京や上海、広州、深圳、南京、武漢などの一級から新一級都市に70店舗以上を展開する同社の設立は2014年。当初は小型の無人トレーニングルームを運営する企業としてスタートしたが、2015年に各種フィットネスのグループレッスンを主体とする業務形態に転換した。メニューも豊富な1回限りのクラスを中心に、複数回の集中レッスンやプライベートレッスンも設けている。

画像1

クラスの予約はWeChatのミニプログラムからする方式だ。ヨガ、空中ヨガ、ロープを使用するエクササイズ、ズンバ、ボクササイズなど多彩に用意されたなかから、自分の好みとスケジュールにあわせて選べる。開始直前まで受付可能で、当日でも、思いついたらすぐに予約ができる。料金は60分のレッスンで69元(約1,000円)もしくは89元(約1,300円)の設定が多い。支払いも申込み時に、WeChatPayでおこなう。

画像2

開講されているクラスの一覧から選ぶ

この続きをみるには

この続き: 2,051文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf