見出し画像

メルカリとアイスタイルが目指す、一次と二次流通をつなぎ双方が活性化する世界

BeautyTech.jp

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

メルカリでの化粧品売買の取引は年々増えている。このことにより一次流通における購買は減るどころか、むしろ売上増のカギを握っているのが示されている。こうした今まで見えていなかった二次流通と一次流通の関係をデータから明らかにしたのが、メルカリとアイスタイルの提携及び調査プロジェクトだ。

メルカリが一次流通企業との連携でカスタマージャーニーを可視化へ

2020年2月に、一次流通企業が保有するデータと、メルカリが保有する二次流通データを連携し、包括的な商品のライフサイクルやカスタマージャーニーを可視化することで、一次流通市場の活性化と新たな購買体験・顧客体験の創造を目指す「コネクト戦略」を発表したメルカリ。同時にアイスタイルとの包括業務提携を締結し、化粧品ブランドをはじめとする企業への新たな価値の提供による一次流通の活性化に乗り出している。

メルカリとアイスタイルのデータ連携の内容

2021年10月に開催した、「コスメ化粧品の二次流通市場に関する共同調査」発表会では、国内における化粧品/コスメの二次流通市場規模の推計が年間1,555億円にのぼるなど、これまで可視化できていなかった二次流通市場にまつわる数々の興味深いデータを明らかにした。

なぜ二次流通市場の主要プレイヤーであるメルカリが、一次流通市場の活性化に貢献しようとしているのか。メルカリとアイスタイルのデータがつながると、化粧品ブランドにどんなメリットがもたらされるのか。共同調査の結果から浮かびあがる顧客のインサイトも含め、このプロジェクトを率いる株式会社メルカリ Business Operations(東京海上日動火災保険からの出向)入門大介氏と、株式会社アイスタイル データ戦略推進室長 勝並明子氏に話を聞いた。

メルカリが美容・化粧品カテゴリーに注力する理由

化粧品の二次流通市場は、年々広がっている。メルカリの化粧品/コスメの取引状況を2014年と2020年で比較してみると、年間購入数は約12.4倍、年間購入額は約24.7倍へと成長している。また、出品者は20代が多いが、購入者は20代から60代まで偏りがないという。

メルカリの流通取引総額の比率をカテゴリー別で見ると、コスメ・美容は約7%だ。この飛躍的な成長の背景には、「メルカリの月間利用者数(MAU)が前年比13%増(※)で成長を続けており、母数が増えていること、加えて『メルカリでコスメが売れるらしい』というクチコミが広がっていること、これら2つの理由が考えられる」と入門氏は明かす。
(※)FY2022.6 1Q メルカリ決算資料より

この続きをみるには

この続き: 3,747文字 / 画像5枚

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

購入済みの方はログイン