IoTスキンケアOptuneβ版、「顔の筋トレ」メディリフト。注目美容ガジェットお試し
美容ガジェット

IoTスキンケアOptuneβ版、「顔の筋トレ」メディリフト。注目美容ガジェットお試し

◆ English version: We tried Shiseido’s IoT skincare system Optune and here’s what we think
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

テクノロジーで、スキンケアやアンチエイジングの手法もどんどん変わる。美容家電、美容機器やガジェットなど呼び名はさまざまだが、テクノロジーをうまく取り入れたケアは、増える傾向にある。最近ではIoT美容機器とも言えるカテゴリーが登場し、その成長を後押ししていきそうだ。

富士経済が3月30日に発表した「美容家電・化粧雑貨マーケティングトレンドデータ」によると、市場規模は2016年に1000億円を突破、その後も勢いは止まらず、2018年は1200億円前後になることが見込まれている。

IoTスキンケアアイテムなどが、美容家電の範疇に入るのかという議論はあるが、美容のテクノロジーシフトが勢いを増していることは間違いない。今回は、今年にはいってすでに話題の最新アイテム2つをいち早く体験し、美容ガジェットの未来を予測した。

その時どきの肌状態に最適なスキンケアを提案

1つめは、昨年11月に発表され話題となった資生堂のIoTスキンケアシステム「Optune」。スマートフォンの専用アプリによる肌測定データと、気候などの外的環境データ、メンタル、生理周期などのデータを独自のアルゴリズムで解析。日々変化する肌状態に最適なセラムとモイスチャライザーを2ステップで抽出してくれる。

肌測定は、昨年9月に公開されたスマホだけで本格的な肌測定が可能なアプリ「肌パシャ」と同じ測定技術を採用。測定結果は、サーバー上に保存される。

画像1

画像2

スキンケアカートリッジは、購入時の問診で複数(数字非公開)の選択肢のなかから自分にぴったりな5本が選ばれる。3つのセラム(美容液)と、朝夜のモイスチャライザー2本という構成だ。セラムとモイスチャライザーの組み合わせは、資生堂が長年培ってきた皮膚科学研究の知見から、1000を超える抽出パターン(配合バランス)が可能。

この続きをみるには

この続き: 2,654文字 / 画像9枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf