美容の激戦区シャンゼリゼ。ゲランなど最新テックとリュクスなパーソナル体験
シャンゼリゼ

美容の激戦区シャンゼリゼ。ゲランなど最新テックとリュクスなパーソナル体験

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

前回は、シャンゼリゼ大通りにオープンしたランコムの旗艦店についてレポートした。この大通りには、以前から、セフォラ、ゲラン、M・A・C、イヴ・ロシェなどの本店、または旗艦店が並んでいるが、近年、Chanel Beauté、Dior Parfums を含む新コンセプトのビューティショップが続々とオープンしている。今回はそれぞれのメゾンが創り出す独自の世界観やサービスを紹介する。

観光客の多い立地を生かした品揃えと展開

まずは、南仏生まれの化粧品ブランド「ロクシタン」と、マカロンで有名なパティスリー「ピエール・エルメ」とがコラボレートして2017年12月にオープンした、 86 Champs を紹介する。オープン当時、コスメとスイーツとの異色の組み合わせと話題になったが、ナチュラルな原材料を大切にする2つのメゾンがコラボしたブティックは、今も連日大賑わいだ。

画像1

店内に入ると、正面にピエール・エルメ
のマカロンがずらりと並ぶ
画像提供:86 Champs

パリで最も注目されている建築家そしてインテリアデザイナーのひとり、ローラ・ゴンザレス(Laura Gonzalez)氏がクリエイトした1,000平方メートルのモダンな空間は、化粧品、パティスリー、サロン・ド・テのコーナーに分かれている。化粧品コーナーは手を自由に洗えるシンクも設置され、固形石けんを除く、すべてのロクシタン商品を試すことができる。また、観光客のお土産にぴったりなミニサイズや限定コフレの品揃えも豊富で、なかでもピエール・エルメ氏が考案したマカロンと同じフレーバーのハンドクリームは、ロクシタンの人気アイテムとなっている。

ピエール・エルメ氏とコラボした
ハンドクリームの限定コフレ

また、86 Champs 限定で発売される8種のフレグランスには、その場で名前などをボトルにレーザー刻印してパーソナライズができる。

図1

限定フレグランスには、パティスリーと
同じ名前のフレーバーも揃えている
画像提供:86 Champs

ロクシタンは、SGDs(持続可能な開発目標)への取り組みから、すでに一部の商品でレフィルを販売しているが、2025年までにすべてのボトルを100%リサイクルプラスチックにすること、またすべての直営店でリサイクルサービスを提供することを目指していると公式サイトで発表している。

最高峰の香りをゆっくり体験する空間

また、2018年11月には、ディオールの最高級フレグランスである「メゾン クリスチャン ディオール (Maison Christian Dior)」に特化したDior Parfums がオープンした。ライフスタイルを香りで包むというコンセプト通り、フレグランスだけでなく、キャンドル、ハンドソープ、石けんまで、日常生活を豊かにする香りのアイテムを幅広く揃える。

この続きをみるには

この続き: 3,399文字 / 画像9枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf