コロナ時代の安心「ライフスタイルテック」スマートマスクにスマートベビーベッドまで【CES2021】(4)
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

コロナ時代の安心「ライフスタイルテック」スマートマスクにスマートベビーベッドまで【CES2021】(4)

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

CES2021レポートの4回目は、パンデミックを受けて、いかに安心な毎日を送るかの知恵が絞られた「ライフスタイルテック」を紹介する。マスク型デバイスや、在宅勤務を快適にするデバイス、赤ちゃんを見守るフェム&ベビーテックなど、革新的な製品やサービスが次々と登場している。

安全な外出・帰宅をサポートするマスク型デバイスやLED活用

マイクロソフトの サティア・ナデラCEOが、パンデミックを受けて「2年分のデジタルトランスフォーメーションが2ヶ月で行われるのを目の当たりにした」と述べているように、CES2021では、業界を問わず多くの企業リーダーが、数年後に予定されていたDXプロジェクトが最優先事項となり、猛スピードで実現したと明かした。このDXの波は、一般家庭で身近に使われる製品にも及んでいる。

パンデミックを象徴するアイテムとなった「マスク」。CES2021には、ゲーム、AI、家電などジャンルを超えた企業から複数のマスク型ウェアラブルデバイスが登場した。

フランスのAIスタートアップxRapid Groupの子会社であるNGNRのスマートマスク「xHale」もその1つだ。新型コロナウイルス対策のために開発された製品だが、大気中の分子の99.9%を通さず、有毒物質を扱う現場や、重度のアレルギー対策、コロナ以外のさまざまなウイルス対策としても効果的だとされる。

人間工学にもとづいたデザインを採用し、重さは200g。圧力センサーにつながれた2つのファンがユーザーの呼吸とシンクロして自然な呼吸を促し、まるでマスクを着けていないかのような快適さを実現した。また、連動アプリを使って呼吸の状態の把握や、スマートマスクを使いこなすためのアドバイスを受けることも可能だ。

韓国LGの空気洗浄機付きマスク「PuriCare Wearable Air Purifier」は、頬にあたる部分に家庭用空気清浄機と同じH13 HEPAフィルターが2つ搭載されており、空気を吸い込む前に99%以上のバクテリアや花粉、99.7%以上のウイルスやアレルゲンを排除する。また、xHaleと同様に、呼吸器センサーにつながれた2つのファンがユーザーの呼吸をサポートする仕組みで、あわせて鼻や顎に負担のかかりにくいデザインとして、重さも126gと軽量だ。2020年10月に香港でローンチしており、1,180香港ドル(約1万6,000円)で販売されている。

この続きをみるには

この続き: 3,084文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf