見出し画像

アモーレパシフィックも大型投資、韓国美容MCNのDMILは攻めの経営でトップを狙う

◆ English version: Amorepacific bets on dVine influence of homegrown beauty MCN company DMIL to gain top position
◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2020年11月中旬、韓国最大手化粧品メーカー、アモーレパシフィックが、美容に特化したMCN企業DMIL(ディミル)に、30億ウォン(約2億8,300万円)の投資を行うことを決定した。韓国ビューティ業界内で確固としたポジションを獲得しつつある美容専門MCNの状況を俯瞰する。

アモーレパシフィックから3億円調達の美容専門MCN

MCN(マルチチャンネルネットワーク)とは一般的に、SNSなどで活躍するクリエイターを多数抱え、タレントマネジメントをはじめ、コンテンツ制作や案件獲得をサポートするネットワーク、もしくはそれを業務とする企業を指す言葉だ。日本ではUUUMなどがこれに該当する。

今回アモーレパシフィックから投資を受けることになったDMILは、美容を専門とするクリエイターで構成された特化型のMCNで、韓国で最も注目を集める“美容インフルエンサー企業”の1つである。

アモーレパシフィックグループの幹部は、「今回の投資を通じて、アモーレパシフィックグループは戦略的投資家として、インフルエンサーコンテンツおよびeコマースの領域で緊密な関係を(DMILと)構築していく予定」とし「MCNのなかでも、ビューティ領域に高い専門性を持ったDMILを通じて、デジタルマーケティング領域強化のシナジーを引き出す」と、韓国現地メディアの取材に答えている。実質的に、大手化粧品メーカーがインフルエンサーを抱えた企業とタッグを組み、デジタルコンテンツ制作およびマーケティングに直接的に注力していく旨を表明したことになる。

DMILには、アモーレパシフィック以外にも、ヒュンダイグループのヒュンダイホームショッピングが120億ウォン(約11億3,000万円)の大型投資を行っている。同社が外部スタートアップに投資するのは初めてのことで、また120億ウォンという投資額は、韓国国内のコンテンツコマース企業(SNSやEC上でコンテンツを使った集客を事業とする企業)が調達するシリーズA投資としては最高となった。

ヒュンダイホームショッピングは今回の投資を通じて、自社ECサイト「Hmall」におけるライブコマースの競争力を高めていくとして、DMILが持つ制作能力を活かし、コンテンツの多様化と専門性の向上を狙う。ヒュンダイホームショッピングの関係者のコメントによれば、Hmallに出品されている商品をクリエイターたちが使用し、そのレビューを中心に配信を強化していく計画だ。なお、Hmallではファッション、家電、食品など幅広く販売されているが、化粧品カテゴリーも充実している。

DMILが大型の資金調達に成功している理由の一つとしては、美容に特化したスタークリエイターと数多く提携している点が挙げられるだろう。後述するがDMILとは250名のクリエイター陣が提携し、なかでもYouTubeだけで30〜80万人以上のチャンネル登録者を抱えるJella、WOORINI、CHAEYOUNG、JEYU、Hakonyanなどの人気クリエイターが存在する。

シャネルや資生堂など、DMILと組んだブランドは500以上

ではDMILは具体的にどのような企業なのか。

同社は現在38歳になるイ・ホンジュ氏らが2019年に設立したスタートアップだ。イ氏本人が語っているところによれば、米国留学時代にセフォラで4年間働いたことがビューティ業界で起業するきっかけとなったという。2017年頃からイ氏は、フリーランサーとして4~5名のクリエイターとブランドをつなぐ仕事をスタート。順調に売り上げが伸びてきたのを受け、正式に法人化した。2019年の売上は約40億ウォン(約3億7,600万円)で、2020年は約80億ウォン(約7億5,300万円)となる見通しだ。

DMILの主要事業は、美容に特化した約250名のユーチューバーなどクリエイターとともに展開するコンテンツコマース(基本はYouTube上での集客)である。同社は韓国国内で有名な美容インフルエンサーと多数提携関係を結ぶだけでなく、今後が見込まれるクリエイターを発掘・起用することで業務を拡大している。

報道やインタビューを総合すると、同社はクリエイターを育てるノウハウに長けているというより、すでに活動している才能や能力があるクリエイターを探し出し、適材適所に配置する手腕に長けているようだ。イ氏らは、SNS上のコンテンツについた「いいね」の数やコメントの中身を丹念にチェックすることで、アプローチするクリエイターを選ぶという。

美容に対する専門性だけでなく、コンテンツの独自性やクリエイター本人の個性、視聴者とのコミュニケーションの質などが選定の基準だ。基本的にDMILは、クリエイターが生み出すコンテンツに口を挟まず、各クリエイターに合ったブランドと繋ぐ役割に集中する。収益については、大まかに7割がクリエイター、3割がDMILに分配されるという。

韓国業界内では、同社の評価は非常に高いようだ。たとえば、DMIL と組んでキャンペーンを行なったブランドの数はすでに500にのぼる。制作されたコンテンツ数は合計で3,500以上、SNS上での総再生回数は5億3,000万回を超えている。DMILの代表的なクライアントには、資本を投じたアモーレパシフィック以外にも、ロレアル、シャネル、資生堂、エスティ ローダー、ディオールなど、グローバル大手が名を連ねている。

自社ECプラットフォームや化粧品ブランドも展開

DMILはコンテンツコマースのみならず、「dVine」というECプラットフォーム、また自社化粧品ブランド「Hours」などを保有している。dVineは「ビューティクリエイターが商品を選ぶオンラインセレクトショップ」というコンセプトだ。2020年4月には、ロッテグループと提携し、ソウルのロッテワールドタワー内にdVineのオフラインショップもオープンしている。

写真002

dVineのオフラインショップ 
出典:DMIL公式サイト

また興味深いのは、DMILは自身がスタートアップでありながら、すでにM&Aでスタートアップを買収するという積極的な経営にでている点である。12月3日には、Synergy Planetsという企業を買収。同社は、環境ホルモンや化学物質の影響を軽減するライフスタイル用品ブランド「BBP」を運営している。M&Aの詳細や今後の見通しなどはまだ明らかにされていないが、DMILとしては大型のシリーズA投資が実現した状態で、他分野への進出を視野に入れているとの予測もできる。

現在、韓国ではDMILのような美容専門のMCNが増加している。代表的なものには、Leferiや、ICE CREATIVEなどがある。LeferiはGSホームショッピング、新韓金融投資、亜州IB、NH投資証券などから合計で100億ウォン(約9億4,200万円)を調達した。インフルエンサーやクリエイターの養成ノウハウを蓄えているのが強みとされ、発掘タイプのDMILとは異なるアプローチの競合だ。

韓国MCN市場は急成長、日本でも美容特化MCN企業が登場

韓国のMCN市場全体は右肩上がりに急成長を続けている。韓国国内のMCN産業規模は、2017年の約2兆ウォン(約1,880億円)から、2019年には11兆ウォン(1兆300億円)にまで拡大を遂げた。なかでも美容に特化したMCNは、コロナ禍によりコンテンツコマースやライブコマースの需要が高まるなか、さらに勢いを強めると予想されている。今後、DMILをしのぐようなMCNが新たな手法をもって登場するのか、どのように韓国ビューティ業界で立ち位置を確保していくかをみていく必要がありそうだ。

さて、日本でも、2021年2月10日に美容領域に特化したMCNとして株式会社istyle MCNの設立が発表された

同社は株式会社アイスタイルと、ヒカルやてんちむ、ねおなど人気YouTuberをサポートする株式会社サムライパートナーズとのJV(ジョイントベンチャー)で、istyleグループの運営する「@cosme」や配信スタジオを持つ原宿のフラッグシップショップ「@cosme TOKYO」、そしてECサイト「@cosme SHOPPING」などを活用しながら、美容ブランド向けの動画コンテンツ制作、商品開発タイアップなどの企画・運営などを行っていくとしている。

Text: 河 鐘基(Jonggi HA)
Top image: DMIL公式サイト

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
32
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp