見出し画像

3年で3倍の資金調達額。フレンチテックは、国家主導でスタートアップ大国へ

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

前回のViva Technologyなど、フランスではスタートアップによるイノベーションが経済成長・雇用創出の原動力になると見据え、政府主導でエコシステムの構築に取り組んでいる。キーワードは「Tech for Good」そして「Deep Tech」だ。

現在、フランスには10 ,000を超えるスタートアップ企業が存在し、その数は4年前から毎年30%ずつ増えている。2017年には25億ユーロの資金調達をし、3年間で3倍の金額を記録した。その成長の裏には、仏政府がスタートアップを支援する「フレンチテック(La French Tech)」と呼ばれる施策がある。

フレンチテックとは、2013年に仏政府がイニシアティブを握って開始したスタートアップ支援策の一つだ。対象はフランス人をはじめ海外の起業家やそのエコシステム(投資家、エンジニア、メディア、メンター、大企業など)であり、イノベーションにより改革を起こすフランスのシンボル的存在となっている。本部は2017年にパリ市に設立された世界最大級のスタートアップ支援施設「Station F」内に構え、世界各地のフランス貿易投資庁などと協働してフランス人起業家の海外進出、および外国人起業家のフランス誘致をサポートする。

フレンチテックの目的は、フランスのスタートアップ企業が国際レベルで活躍できるようにネットワーク化(コミュニティ形成)し、企業成長を加速させ、国際的にプレゼンスを高めること。また、拠点はパリだけでなく、国内13都市を「フレンチテック・シティ」に認定しネットワーク化。アクセラレーター、ビジネスエンジェル、投資家、協力者などと出会う機会を創出し、企業マッチングなどを通してビジネスのスケールアップを図る。

地方都市は地場産業と結びついたスタートアップが多い。例えば、広大なワイン畑が広がるボルドーは、ドローンの実験飛行に適していることからドローン開発企業が多く集まっている。また、2016年からHealth、Clean、IoTなど9つの重点分野が定められ、都市と分野をクロスして成長の加速を目指す。

出典:French Tech

さらに、世界22都市に「フレンチテック・ハブ」をつくり、フランスとその都市の企業が交わる機会をつくり、パートナーシップ契約へのサポートをする。日本にも2015年にフレンチテック東京ができ、複数のビジネスが発展している。インターネット上のリターゲティング広告で知られる「Criteo(クリテオ)」は、2011年に日本に進出し成長いちじるしいフランス企業だ。また、高級オーディオスピーカーのスタートアップ「Devialet(デビアレ)」は2年の準備期間を経て、2018年9月より伊勢丹新宿店などで販売を開始した。

Image:Devialet公式サイトより 

フレンチテックが特に戦略的に行なっていることは、その存在の「可視化(ヴィジュアル化)」である。フランスの象徴のひとつ「雄鶏(おんどり)」を用いたピンクのロゴを作り、参加するスタートアップが一目でわかるようにしている。これは起業家同士がコミュニティを形成しやすくするだけでなく、海外見本市で集団でロゴを掲げることでフランスの存在感を世界にアピールすることが目的だ。

フレンチテックが世界で存在を示した例といえば、米国ラスベガスで行われる国際家電見本市CESだろう。フランス貿易投資庁によると、2018年は約365社のフランス企業が出展。スタートアップが集うフロア「Eureka Park」は全体の約3分の1を占める274社がフランス勢となった。会場ではピンクの雄鶏ロゴが圧倒的な面積を占め、世界に大きなインパクトを与えた。

Image:Le Mociより ©French Tech

しかも、量だけではなく、質でも注目を集めたことを強調したい。2018年は32企業がInnovation Awardsを受賞し、そのうち2社には「Best of Innovation Awards」が授与された。この賞に輝いた「Blue Frog Robotics」社は日常生活をサポートする感情を持ったロボットを開発。喜怒哀楽を表現する身長60cmのロボットが、日々のスケジュールをリマインドし、子供の遊び相手になってくれ、不在時には家の様子のスマートフォンを通して知らせてくれる。高齢化社会にも実用が期待されるビジネスだ。

Image:Blue Frog Robotics 公式サイトより

もう一社の「Lancey Energy Storage 」社は世界初のバッテリー式の電気ヒーターを開発。こちらは暖房費のコスト削減、省エネに貢献する。

Image:Lancey Energy Storage公式サイトより

そのほか、フィンランドで行われるスタートアップイベント「Slush(スラッシュ)」やドイツで開催される世界最大級のIT関連見本市「CEBIT(セビット)」にも、ピンクの雄鶏ロゴを掲げて参加している。

これらの活動から、仏政府が本気でフランスをスタートアップ大国にしようと制度を整えていることがうかがえるが、2018年に新たに「French Tech 2022」という中期計画が発表された。具体的な内容は近日中に正式に発表される予定だが、フランスがヨーロッパにおけるスタートアップ支援の中心となる野望に満ちたプランだ。

概要を説明すると、今後はフランスだけでなく、EUの枠組み「Europe Tech(ユーロップ・テック)」として推進していくというものだ。しかし、経済成長に貢献すればどんなイノベーションでもいいというわけではない。今後の指標としてフレンチテックが掲げたのは「Tech for Good」。世の中にとって良いクリーンなイノベーションである。つまり、気候変動、教育、不平等の改善など、社会が抱える問題の解決に貢献するテクノロジーに投資していく方針だ。COP21(気候変動枠組条約締約国会議)でリーダーシップをみせるフランスの方向性とも矛盾しない。これらはEUレベルで強化すべき課題であり、「Europe Tech」というラベル化により、EUの結束を強めながら、フランスの発言力を高める狙いと思われる。

また、優先順位の高いテーマとしては巨大ビジネスに化けうるAI(人工知能) 、データ、ロボティクスなど「Deep Tech」に投資し、今後5〜10年後にはAIとDeepTechの国としての存在感を高めていくという。さらに、世界のハブとなるためには、優秀な外国人の受け入れ体制も必要だ。今までフランス以外の国籍の起業家に対しては、1年間フランスでの活動を支援する「French Tech Ticket」や、急激な成長が見込める起業家であれば、創業者だけでなく、従業員、その家族、投資家も4年間滞在できる就労VISA「フレンチテック・ビザ」も2017年から発行してきた。また、「フレンチテック・ディヴェルシテ」というプログラムで、経済的に豊かでない人でも国籍を問わず1年間フランスで活動できる制度を作った。2017年はアフリカのスタートアップを複数含む35企業がこの切符を手に入れている。フランスは根深い移民問題を抱えているが、優秀な人材であれば大歓迎というわけだ。

こういった国の方針にも応えるように、国内では産学連携の支援プログラムも充実している。フランスが誇る理系最高峰の高等教育・研究機関 ポリテクニークは、 2015年にアクセラレーター&インキュベータープログラム「X-Entrepreneurship(X-Up)」を設立し、科学技術的なアドバイスや試作品製作のための設備提供など、開発面での支援をしている。実際、約3年間で35のスタートアップを支援してきた。

今年5月に開催されたBeautyTech Parisのミートアップに登壇した、DIY化粧品のための家庭用美容機器を開発する BeautyMixはこのX-Upの支援を受けており、前回の記事で紹介したViva Technologyにブースを出展していた。いままで高学歴エリートは、自国の大企業に就職してフランス経済を支えるというのが一般的だったが、起業や海外での就職を希望する人材は増加傾向にあるという。政府としては優秀な人材の海外流出を防ぎ、フランス社会に貢献する高度なイノベーション開発を促進したいところだ。

X-Upのスペースにブースを出していたBeautyMix(著者撮影)

2018年10月9日には、フレンチテック本部のあるStation Fで、マクロン大統領とスタートアップとのミートアップがあり、会場に立ち見で集まった起業家たちの質問に、ステージ上の大統領が気さくに答えた。その中で、2019年3月1日にフレンチテックVISAが抜本的に変わり、シンプルで手続きが早くなることも発表された。

6分30秒あたりから起業家との質疑応答が見られる(フランス語)

こういった一連のスタートアップへの積極的な支援は、前オランド政権時代から始まっており、マクロン大統領は当時から経済・産業・デジタル大臣(2014〜2016年)として、CESへの出展、Viva Technologyの立ち上げを力強く推進してきた。大統領となったいま、時代の流れをうまく掴んで、フランスをデジタル大国にしようとしている。

しかし、フランスをスタートアップ大国にしたいという強い思いでエコシステムを整えているのは政府や企業だけではない。個人レベルでも、大きな野望を持った投資家がいる。それは2017年にパリ市に設立された世界最大級のスタートアップ支援施設「Station F(スタシオン・エフ)」の創立者、グザヴィエ・ニール(Xavier Niel)氏だ。起業家に必要な支援プログラムと充実した設備を備えた巨大な民間インキュベーション施設とはどんなものなのか? 次回(10/30予定)は、ロレアルも協力出資するStation Fについて詳しく紹介する。

Text: 谷 素子(Motoko Tani)
Top image: French Techより

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
5
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp