シャネルが初のOMO型ストアをNYでオープン。スマホで完結する顧客体験のすべて
見出し画像

シャネルが初のOMO型ストアをNYでオープン。スマホで完結する顧客体験のすべて

◆ English version: Smart shopping at Chanel’s first OMO store @ NY
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

シャネルが2019年1月下旬、NYのSOHO地区に、初となるコスメトライアルショップ「Atelier Beauté CHANEL(アトリエ ボーテ シャネル)」をオープンした。荷物はすべて店内のロッカーに預け、満足いくまで商品を試す。手にするのは、店内の体験でカギとなるスマホのみだ。

画像1

2018年から、インスタグラム活用やラグジュアリーECサイト、ファーフェッチへの出資などデジタル施策をつぎつぎと打ち出しつつ「顧客とシャネル製品の接点をつくる最善の方法を提供できるのは店舗」という姿勢を貫く同社が、そのポリシー通りに最先端のストアをNYにオープンさせた。

SOHO地区は高級ブティックが軒を連ね、近年ではD2C関連の注目ショップが次々に実店舗を構える人気ショッピングエリアだ。アトリエ ボーテ シャネルはそのエリア内にある。小さな看板が出ているだけの玄関口でインターフォンを鳴らすと、扉が開き、階段で2階にあるショップへと進む。

画像2

上がった先の入り口には、購入商品を受け取る窓口がある。後述するが、店内にいる間にスマホサイトから注文した商品はここで帰り際に受け取ることができる。その先を進むとカウンターがあり、受付担当の女性に迎えられる。店内では荷物はすべてロッカーに入れることが推奨されており、コートも預かってくれる。

画像3

ロッカーには「No.5」などそれぞれ
シャネルをイメージする名称
がついている

荷物をロッカーに入れたら、スマホだけを持ちカウンターに腰掛ける。ここではスマホから専用サイトに行き、マイページへの登録作業を行う。スマホを持っていない人には紙のカルテが渡され、店内を回って気になった商品があればそこに記入していくことになる。

画像4

登録が終われば、あとは自由に店内を見て回る。ルールは、次の写真の通りだ。希望があれば店内のスタッフが製品を案内するが、基本的にはすべて「セルフ」で試し、心ゆくまで店内でのトライアルを楽しむことができる。

この続きをみるには

この続き: 3,712文字 / 画像18枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf