メディア・グローブ「ビューティプレスボード」の革新で化粧品PRは効率化と本質化へ
見出し画像

メディア・グローブ「ビューティプレスボード」の革新で化粧品PRは効率化と本質化へ

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

美容エディターと、化粧品ブランドPR担当をつなぐプラットフォーム「ビューティプレスボード」が2021年1月にβ版がリリースされる。開発したのは、美容専門PR会社の株式会社メディア・グローブだ。これにより、リリース配信や取材誘致、商品貸出等がワンストップで可能になり、双方に大きな革新をもたらすことになる。その先に描く「PR5.0」の世界についても詳しく紹介する。

「これまで美容PRは“人”に依存する面が強かった。コミュニケーションも全般的にアナログで、未だにプレスリリースを郵送で届けたり、FAXで商品貸出のやりとりをしていたりする。今回のビューティプレスボードの提供によって、まずはブランドがオンライン上で商品情報を伝えることができ、プレスは自分が探している商品を検索でき、その流れから商品貸出まで可能なスマートなPRへ移行させていきたい」

そう話すのが、株式会社メディア・グローブ代表取締役社長 小田直人氏だ。開発の背景には、労働集約型で属人性の高い美容PR特有の事情を解消する狙いがあると強調する。

(小田)DSC_3470

株式会社メディア・グローブ
代表取締役社長 小田直人氏

美容エディターは、これまでブランド担当から配布される紙の資料に頼って最新の情報収集を行っていた。集められる数にも限りがあり、保管の問題やアップデート情報を得るための手間もかかる。また、ブランドPR側にも、貸出用商品の発送や問合せなどの労働集約的な業務の負担が大きいのが現状だ。そのうえ、双方にコネクションがなければ、お互いに得たい情報にたどりつけず、媒体との出会いの場が限られるなどの課題もあった。

「美容PRに関わる人と情報を集約したプラットフォームを提供することで、美容エディターとブランドPRの双方の負担が激減し、新規参入ブランドは手軽にPRを始められる、そして、既存ブランドは新たなメディアと出会える、そんな“美容PRへの入り口であり、マッチングの場となるサービスを目指した」(小田氏)

ビューティプレスボードには、新商品をはじめプレスに訴求したい商品情報の登録が可能だ。美容エディターはこのプラットフォームを通じて、キャッチコピーやキーワード、タグなどから化粧品の情報収集ができ、メディアへの掲載につなげることができる。ブランドPR側は、編集部との人脈がなくても、タグ付けなどの工夫で接点を持つことができるなど、新たなプレスとのつながり創出にもなる。

この続きをみるには

この続き: 3,363文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf